エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

誰に送っても喜ばれるおしゃれなモバイルバッテリーってどんなもの?

誰に送っても喜ばれるおしゃれなモバイルバッテリーってどんなもの?
誰に送っても喜ばれるおしゃれなモバイルバッテリーってどんなもの?



昔に比べて格段に持ち運びがいいように、ガジェットは進化しており、とくに充電式のものが増えています。ですから外でも充電ができるモバイルバッテリーは、日常生活で必需品といってもいいくらいになりました。

ですから今回は外出中に取り出しても、おしゃれなモバイルバッテリーを紹介します。見た目だけでなく、使い勝手のいいものも含めて、損をしない選び方も一緒に見てみることにしましょう。


モバイルバッテリーの基本的な選び方を覚えて損をしない!

たくさんの種類のモバイルバッテリーをよく見かけますが、じつはそれぞれ特徴をもっており、正しく自分にあったものを選ばないと使いづらくなってしまいます。

おしゃれなものが手に入ったと思っても、なかなか充電されない…なんてこともよくある話で、使いものにならなかったとしたらもったいないでしょう。

そこで以下の特徴を把握しておく必要があります。誰かにプレゼントをする場合は、とくに頭に入れておいたほうがいいので、チェックしてみてくださいね。


充電できる量と本体の重さを比較してみる

まずモバイルバッテリーは、充電できる量が多いものがいいでしょう。それは充電を満タンにしていると充電できる回数が多くて、手間を省けてしまうからです。

じつはモバイルバッテリー本体の重さが、その容量に比例していて、重ければ大容量になります。ちなみに充電容量は○○mAhという単位で表記されており、多いものだと20,000mAhという数値が確保できるでしょう。

参考までにiPhone7だと1,960mAhのバッテリーが搭載されているんで、20,000mAhのモバイルバッテリーは、単純計算で10回満タンできるというわけです。

もちろん徐々にモバイルバッテリーは劣化していくので、充電できる回数は減っていきます。そのことも踏まえて検討をしてくださいね。そしていくら大容量のものを選んだとしても、重くて邪魔!と思うかもしれないので、そこもよく考えて選ぶようにしましょう。


充電できる早さをしっかり把握

外出中にガジェットを充電するとなると、ゆっくり充電していては、使い物になりません。外で充電するときのほとんどが、緊急でつかうものだからです。

そこでモバイルバッテリーを選ぶ際は、アンペア数(A)を確認してください。具体的にいうと、これは電気の出力に関係する数値。電流の速度に関するもので、この数値が大きいと充電するスピードが早くなります。

最低でも2Aあれば、そこそこ早い充電が可能です。もちろんこれはモバイルバッテリー側の充電速度であって、スマホなどのガジェット側のアンペア数も確認しておきましょう。

意外に古い機種だと1Aというモデルがあり、それではいくら速度の早いモバイルバッテリーを使っても、1Aの速度で充電されてしまいます。そのあたりもよくチェックして選ぶといいでしょうね。


残すはデザイン!個人差があるので要注意!

外で使う場面が多いのがモバイルバッテリーなのですが、人前で変なデザインのものを出すわけではいかないでしょう。だからこそとくにプレゼントをする場合は、その人の好みに合わせた、モバイルバッテリーを選んでくださいね。

需要が伸びているからこそ、さまざまなデザインのものが出ています。木目調のナチュラル系なものから、かわいいキャラのデザインがされているものもあるので、選ぶのは意外に大変です。

好みを絞って探すとすんなり決められるでしょう。もちろん凝ったデザインのものは、価格が高くなってしまいます。予算を考慮して探してみてくださいね。


モバイルバッテリーの便利な機能があるとさらにおすすめ!

人気が高まっているからこそ、多機能なモデルが多くなっているのをご存知でしょうか?使い勝手をよくするなら、そんな機能を搭載したものを使ってみてください。

例えば無線で充電できる機能がついているものだって、出されています。つまりケーブルを持たなくても、その場で空いた時間に充電ができてしまうんです。もちろんそんな機能がついているなら、価格も高くなってしまうでしょうが、それも頭に入れて選びましょう


アンペア数よりも早く充電ができる急速充電機能

とにかくモバイルバッテリーの重要なところは充電するスピード。ですからそんな機能がついているものから、選んでいくという方法もあります。

アンペア数のことを上記で紹介しましたが、同じアンペア数でもこの機能がついているものと、そうでないものでは全然スピードが違うでしょう。

ちなみにこれは、メーカーによって機能名が変わってくるので、よく見ておいてください。例えばQualcomm社が出したものだと「Quick Charge」という機能名で表記されており、HUAWEI社が出しているものは「Super Charge」と呼ばれています。


USBポート数がたくさんあるのか?

電源プラグから充電するタイプのものは、たくさん充電できる多機能タイプがたくさん出ていますが、モバイルバッテリーでも似たようなものはあります。

それはUSBポート数を見てみればわかりますが、電源プラグから供給するものに比べると、まだまだ数は少ないでしょう。もちろん多ければいいというものでもなく、同時に充電してしまうと、パワーが分断されてしまい、充電スピードが遅くなってしまいます。

ですからモバイルバッテリーの場合は、多くても2つくらいがちょうどいいでしょう。


電源をオフにできる機能があればモバイルバッテリーの消費をカット

モバイルバッテリーというのは、電気を蓄電して待機させています。ですからそのまま放置していても勝手に放電されて、徐々に満タンだった充電は少なくなっているはずです。それを回避するために、電源を落とす機能を備えたモデルを選ぶと、充電の持ちが違うでしょう。

さらにランプなどの表示がついていると、モバイルバッテリーの残量がわかるようになっているものだと、さらに使い勝手がよくなります。


使い勝手のいいおしゃれなモバイルバッテリー紹介!

では上記の特徴を頭に入れて、とくに使い勝手がよさそうな、おしゃれなデザインのものを見てみることにしましょう。今回はプレゼントもしやすいように、無難なものを選んでみました。


シンプルでおしゃれ!使い勝手のいいDelitoo モバイルバッテリー Qi

Delitooモバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 12000mAh 急速充電 2USBポートTYPE-C/Micro-USBポート搭載 無線充電器 iPhone8/8Plus / iPhone X / Galaxy 8/8+ 各種他対応 (ホワイト)



見た目もシンプルで使う人を選ばないうえに、なんと無線で充電もできてしまうモバイルバッテリー。対応機種ならケーブルを持ち運ぶ必要がなく、気軽に充電ができてしまいます。

もちろん無線の場合は、アンペア数が落ちてしまいますが、急ぐ場合は有線でも充電が可能です。2Aと一般的なモバイルバッテリーくらいは、早いうえにポート数も2つあります。そして容量も大きく12000mAhという大きさ。

使い勝手を選ぶなら、このモバイルバッテリーで間違いありません。探すのが面倒な人は、とくにおすすめです。価格もおさえられていて、評判もいいのではないでしょうか。


可愛い顔で女性が使ってもおしゃれ!cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD

cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD 大容量 モバイルバッテリー iPhone&Android対応 2ポートAuto-IC機能搭載 (スノーマンホワイト) CHE-067-WH



外観はシンプルですが、真ん中に雪だるまのような顔が書かれていて、かわいいデザインのモバイルバッテリー。よく目にするダンボーというキャラのひとつを、形にしました。しかし見た目だけでなく、容量も13,400mAhも確保されていて、間違いなく損はしません。

さらにアンペア数も3.4Aとなっており、充電スピードも早く、ポート数も2つ用意されています。大きさもそこまで大きくないので、プレゼントとしても役立つモバイルバッテリーでしょう。


見た目重視でおしゃれ!Contour天然木使用 モバイルバッテリー 5000mAh



充電するのはスマホくらいという人は、容量を少なくして、デザインがおしゃれなモデルがおすすめです。このContourというメーカーのモバイルバッテリーは、木目調になっており、男女問わず誰が使っても違和感のないモデルでしょう。

電源のオンオフ機能や、一目でわかる残量表示もついているので、必要最低限でいいのならこれだけで十分!見た目にこだわりたいのなら、このモバイルバッテリーもひとつの候補として最有力です。


好みに合わせてプレゼントができてしまうモバイルバッテリーはおすすめ!

充電に困ってしまう人が増えているのは、充電式のガジェットが増えているからですが、だからこそ誰にプレゼントをしても喜ばれます。しかしデザインや機能をしっかり把握していないと、プレゼントをしても使い勝手が悪くて喜ばれません。

ですからバッテリーの容量を多いものにして、充電のスピードが速い機能を搭載したモデルを選ぶと、間違いないでしょう。

もちろんその人に合った、おしゃれなデザインを見てあげるのも、すごく重要なポイント!しっかり確認して選んでくださいね。自分用に買ってしまうのも、選ぶのが楽しくなってしまいますよ。


この記事を書いた人

まめじろう <エスプロ編集部>
新しいモノ好きな30歳サラリーマン男
コンビニの新作はとりあえず買っちゃう派です。