エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

【ライダーに人気のクラス】250ccバイクの新車・中古車 売れ筋おすすめランキング


f:id:sasu-rider:20180616212126j:plain


バイクという乗り物は小排気量車には小排気量車の、大排気量車には大排気量車の良さがありますが、その中でも250ccという排気量は、ライダーに最も馴染み深い排気量ではないでしょうか?


初めて購入するバイクとして、セカンドバイクとして、オフロードを攻めるバイクとして、、、きっと多くのライダーが250ccという排気量を選択した経験があるのではないでしょうか?

かくいう著者も、生まれて初めて買ったバイクは250ccで、念願の日本一周を果たしたバイクも250ccのバイクでした。


今回は、そんなライダーに馴染みが深い人気のクラス「250ccのバイク」がテーマです。


排気量250ccのバイクの5つの魅力とは?

バイクを紹介する前に、まずはライダーに人気のある「250ccのバイク」の魅力を5つ紹介していきます。

1:250ccのバイクは必要にして十分な性能を持っている

f:id:sasu-rider:20180616212125j:plain


250ccのバイクは、125ccまでのバイクのような速度制限がなく、高速道路の走行も可能です。

一般道を交通の流れに合わせて走ることは何ら問題がなく、ツーリング先のワインディングをスポーティに走ることもできます。

大排気量のバイクは確かに余裕は生まれますが、少なくても日本の交通事情においては250ccのバイクは必要にして十分な性能を持っていると言えます。

2:250ccのバイクは選べる車種のカテゴリーが広い

ネイキッド、フルカウル、クラシック、オフロード、スクーター、流行りのアドベンチャーバイクまで、250ccのバイクは選べる車種のカテゴリーが広く、ほぼ全てのカテゴリーのバイクを選ぶことが可能です。

これは前述の通り、250ccのバイクが必要にして十分な性能を持っているという証でもあり、あらゆる局面に対応できる排気量と言えるからです。

特にオフロードバイクのカテゴリーにおいては、250ccという排気量は最もポピュラーな排気量であり、多くのメーカーがオフロードの主力モデルを250ccの市場に投入しています。

3:250ccのバイクは一般道のタンデム走行が快適に走れる

125ccのバイクでもタンデム走行は可能ですが、 坂道などの道路状況によってはパワー不足を感じざるを得ない状況もあります。

しかし、250ccのバイクであれば、パワー的に一般道でのタンデム走行においては滅多なことでは支障はなく、快適に走ることが可能です。

4:250ccのバイクは高速道路に乗れる

f:id:sasu-rider:20180616212120j:plain


250ccのバイクは高速道路の走行が可能であり、週末のロングツーリングの選択肢が広がります。

また、現代の250ccのバイクは基本性能が高く、高速道路の速度域においても快適に走行することが可能です。

ただし、 タンデムでの高速道路の走行においては、若干のパワー不足を感じるケースもあります。

5:250ccのバイクには車検がない

250ccクラスと呼ばれるバイクは、排気量が125cc以上かつ250cc以下の二輪車であり「二輪の軽自動車(軽二輪)」と呼ばれ、検査対象外軽自動車として車検が免除されています。

反対に、排気量250ccを超えるバイクは「二輪の小型自動車(小型二輪)」と呼ばれ、 車検の対象車となります。

バイクの車検の費用は年々高騰しており、 その点2年ごとの車検が免除されている250ccのバイクは実に経済的と言えます。


また、車検とは別に通常のメンテナンスはもちろん250ccのバイクにも必要ですが、そのメンテナンス費用や各種パーツ代の相場が安いことも250ccのバイクの利点の一つです。

250ccバイクの新車 売れ筋ランキングTOP5

ライダーに人気のカテゴリー、250ccのバイクの新車の売れ筋ランキングTOP5を紹介します。

No.1:不動の人気を誇る「YAMAHA YZF-R25/MT-25」

f:id:sasu-rider:20180616212129p:plain


HONDAのCBR250や、KAWASAKIのNINJA250に対抗するバイクとして開発された「YZF-R25」は、YAMAHAが2014年に発売した250ccのフルカウルモデルです。

YAMAHAのスポーツモデルのフラッグシップである「YZF-R1」譲りのスポーティで美しいデザインを踏襲したYZF-R25は、発売後すぐに人気のモデルとなり、共通の車体を採用したネイキッドモデル「MT-25」と共に現在もトップセールスを続けています。

No.2:HONDAが誇る通勤快速スクーター「HONDA PCX150」

f:id:sasu-rider:20180616212307p:plain


250ccスクーターのカテゴリーで長年トップセールスを続けているHONDAの「PCX150」は、静寂性に優れたスムーズな動作性能と燃費の良さから「通勤快速」として人気のモデルです。

グッドデザイン賞を受賞したこともあるスタイリングの良さも魅力で、通勤はもちろんのこと、ツーリングも快適な懐の広いホンダのマルチな1台です。

No.3:ロングセラーのオフロードモデル「YAMAHA SEROW250」

f:id:sasu-rider:20180616212308p:plain


YAMAHAが1985年にはじめて発売したセローは、発売以来オフロードモデルの定番モデルとして幅広い層に受け入れられている人気モデルです。

オフロードモデルとしては足つきが良く、その軽量な車体と合わせて250ccで最も扱いやすいバイクとも言われています。

普段使いからキャンプ道具満載のロングツーリングまで、幅広い用途で扱えるYAMAHAの名車です。

No.4:250ccプレミアムスポーツモデル「HONDA CBR250RR」

f:id:sasu-rider:20180616212128j:plain


「CBR250RR」はホンダが2017年に発売したフルカウルバイクで、250ccという枠を超えた最新技術満載のプレミアムなモデルです。

近未来的なスタイリッシュなデザイン、250ccバイクとしては世界初のスロットルバイワイヤシステムの搭載、ライディングモード選択機能など、大型フラッグシップモデルに勝るとも劣らない性能を備えています。

これらを「敢えて250ccで」実現したところが素晴らしく、車両価格は70万超えと250ccとしては価格もプレミアムですが、発売以来好調なセールスを続けています。

No.5:砂漠の匂いを感じる「HONDA CRF250Rally」

f:id:sasu-rider:20180616212121j:plain


近年250ccクラスのアドベンチャーバイクが盛り上がりを見せていますが、その真打とも言えるモデルがHONDAの「CRF250Rally」です。

ダカールラリーのホンダのワークスマシン「CRF450Rally」をイメージして作られたとされる車体は、250ccとしては大柄でライダーに砂漠の匂いを感じさせてくれる1台です。

バイクを見ているだけでキャンプ道具を満載して北海道を1周したくなる、そんなライダーを旅へと誘うモデルです。

250ccバイクの中古車 おすすめランキングTOP5

中古車市場が活発な、250ccのバイクの中古車のおすすめモデルを5つ紹介します。

No.1:スタイリッシュなデザインが魅力「KAWASAKI NINJA250」

f:id:sasu-rider:20180616212122j:plain


KAWASAKIと言えばNINJAと言えるほど、KAWASAKIを代表するマシンが「NINJA」シリーズです。

そのNINJAシリーズの末弟が「NINJA250」で、スタイリッシュなデザインと水冷パラレルツインエンジンのスムーズかつトルクフルな走りが人気のモデルです。

新車はもちろん中古車市場も活発で「NINJA250」 の中古相場は、だいたい30〜40万円ほどで推移しています。

No.2:250ccアメリカンの代表格「YAMAHA ドラッグスター250」

f:id:sasu-rider:20180616212123j:plain


今となっては貴重な250ccのアメリカンバイクがYAMAHAの「ドラッグスター250」です。

エンジンを低い位置に配置した徹底的なローダウンフォルムにより、威風堂々のアメリカンスタイルを誇っています。

当然、足つきが抜群に良いので、小柄な女性ライダーにもおすすめの1台です。

ドラッグスター250の中高相場は、だいたい30〜35万円ほどで推移しています。

No.3:バイク便ライダーも認める驚異の耐久性「HONDA VTR250」

f:id:sasu-rider:20180616212124p:plain


HONDA伝統のVTエンジンを搭載した250ccのスタンダードモデルが「VTR250」です。

車体が軽く扱いやすい上に、バイク便ライダーも認める耐久性を持つエンジンを採用しているので、長い間愛用できるモデルとして根強い人気を誇っています。

VTR250の中高相場は、だいたい30〜35万円ほどで推移しています。

No.4:新車のみならず中古車も人気「HONDA PCX150」

f:id:sasu-rider:20180616212119j:plain
新車ランキングでも登場したHONDAの「PCX150」は、中古市場でも絶大な人気を誇っています。
買って間違いがないモデルとして、価格の相場も比較的安定しています。

PCX150の中古相場は、だいたい30万円前後で推移しています。

No.5:250ccとは思えない車格「SUZUKI GSR250」

f:id:sasu-rider:20180616212127j:plain


250ccとは思えない大柄な車格の「GSR250」は、SUZUKIの大型ネイキッドバイク「B-king」のイメージを踏襲したネイキッドバイクです。

その見た目の威圧感とは裏腹に、素直で扱いやすい挙動は初心者はもちろん、ベテランライダーにも定評があります。

GSR250の中高相場は、だいたい30〜35万円ほどで推移しています。

250ccバイクの新車・中古車 売れ筋おすすめランキングのまとめ

250ccのバイクは必要にして十分な性能で扱いやすく、維持費も経済的な人気のクラスです。

250ccからバイクライフを始めるライダーも多く、多くのライダーが触れるスタンダードな排気量と言えます。


この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^