エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

二日酔いにおすすめの飲み物は?早くスッキリしたいときにはコレ


二日酔いに効くといわれる飲み物はいろいろあります。
「飲みすぎた」と思った次の朝、頭がぐるぐる回って気持ち悪い…そんな症状は早く治したいものです。
そこで、今日は二日酔いのときにおすすめの飲み物、二日酔いになりづらい飲み方についてご紹介します。

なぜ二日酔いになるのか?

アセトアルデヒドの分解が追い付かない

アルコールが分解されるときにできる「アセトアルデヒド」という物質がありますが、これには毒性があります。
体内にはこれを分解することができる酵素がありますが、量を過剰に摂取すると分解が間に合いません。
許容量を超えてしまうと、分解が間に合わずにアセトアルデヒドの影響を長時間にわたって受けてしまう…これが二日酔いです。
例えば、ビールの中瓶1本分のアルコールを処理するのに約4時間かかります。
中瓶4本を飲んでしまうと約16時間もかかるので、翌日のお昼ごろまでは二日酔いが続いてしまう計算になります。
もちろん、体調や体質(お酒に強いか弱いか)によってかなり変化がありますが、飲みすぎ注意!ということですね。

二日酔いにならない飲み方

飲む前に炭水化物・脂肪分を摂る

よく「空腹に飲むときく」なんて言われますが、確かに空腹時にお酒を飲むと酔いが回るのが早い気がします。
飲む前に、脂肪分や炭水化物を摂っておくとアルコールの吸収速度を抑える効果やアルコールによる胃への刺激を防ぐ効果があるといわれています。
飲み会の席で、いきなりおにぎり食べてから…というのは難しいかもしれませんが、サラダならどうでしょう?
居酒屋のコースではサラダが最初に出てくることが多いですよね。
サラダにかけるドレッシングは脂肪分です。サラダを食べてから飲み始めることで、胃へダイレクトにアルコールが作用するのを防いでくれます。

飲む前に栄養ドリンクを飲む

飲み会の前に、ウコンなどの成分が入った栄養ドリンクを飲んでいる人は多いですよね。
これは、ぜひ続けていただきたいです。
ウコンは、アルコールの分解を助ける効果があるといわれています。
お酒に弱いという人は、飲む前にウコン入りのドリンクを飲んでおくといいでしょう。

飲んでいる間、水を飲む

お酒の席で、途中でお水を飲むというのはなかなか難しいと思いますが、お酒の弱い人にはおすすめの方法です。
一杯飲んだら、お水をもらって飲む…というのを繰り返すと酔いにくく、二日酔いしにくくなるようです。

飲んだ後、しじみの成分を摂る

飲んだ後に、しじみのお味噌汁を飲むといいと言いますが、しじみには肝臓の働きを助ける必須アミノ酸が配合されています。
しじみに含まれるミネラル分は肝細胞の再生、肝臓の解毒作用を活性化させるといった働きもありますので、しじみのお味噌汁を飲むのを習慣にするといいでしょう。

チャンポンしない

お酒を飲むときに、飲み放題だとついいろいろな種類のお酒を飲みたくなってしまいますが、チャンポンしてしまうとどれくらい飲んだか量が分かりづらく、二日酔いしやすいと言われています。
できるだけ、ビールならビール、焼酎なら焼酎と同じ種類のお酒を飲むことをおすすめします。

二日酔いのときにおすすめの飲み物

いろいろと対策してみたけれど、やっぱり二日酔いになってしまった!というときにおすすめの飲み物をご紹介します。

スポーツドリンク

お酒を飲んで二日酔いになる…ということは自分の体の許容範囲を超えた量のアルコールが体内に入ってきたということになります。
アルコールには利尿作用があるので、脱水状態になっていることが多いです。
こういう場合にはスポーツドリンクなどで水分補給をしっかり行いましょう。

コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500mlPET×24本

コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500mlPET×24本

このように、一般的に販売されているスポーツドリンクを常に置いておくと、いざ二日酔いになってしまったときにすぐに飲めて便利ですね。

二日酔い対策飲料

二日酔いになりにくくする、なってしまったときに症状を軽減するというような二日酔い対策飲料はいろいろあります。

キリン ウコンとしじみ900個分のオルニチン 100ml×24本

キリン ウコンとしじみ900個分のオルニチン 100ml×24本

コカ・コーラ リアルゴールド 牡蠣ウコン ボトル缶 100ml×30本

コカ・コーラ リアルゴールド 牡蠣ウコン ボトル缶 100ml×30本

ウコンやしじみに含まれるオルニチンなどの成分が配合されているものはアルコールの分解を促したり、肝臓の解毒作用を活性化する効果があるといわれています。お酒を飲む習慣がある方は常備しておくようにしましょう。

カフェイン

二日酔いというと「気持ち悪い」とか「頭がぐるぐる回っている」といった症状が代表的ですが、意外と多いのが頭痛です。
朝起きたら頭がガンガンする!というときは、まず水分をしっかりと補給し様子を見ます。
それでも治らないなら、カフェインを摂るといいでしょう。
カフェインには血管を収縮させる効果があるので、頭痛が軽減してくるといわれています。
また、カフェインには利尿作用があるので毒素を体外に素早く出してくれるという効果もあります。
さらに、コーヒーにはリラックス効果もあり、香りをかいでリラックスこともできます。
飲みすぎは厳禁ですが、頭痛が治らないときは一杯飲んでみましょう。
胃をいたわるために牛乳を入れてもいいですね。

炭酸水

吐き気が続いているときは、何も食べたくないし飲みたくないし、とにかくスッキリしたい!ですよね。
そんなときに水分補給するなら炭酸水がおすすめです。

[炭酸水]サントリー 天然水 スパークリングレモン 500ml×24本

[炭酸水]サントリー 天然水 スパークリングレモン 500ml×24本

スッキリするにはレモンフレーバーの炭酸水が一番です。
水分補給にもなりますので、気持ち悪いときには最適です。

飲むヨーグルト

二日酔い予防として効果があると巷で話題になっているのがヨーグルトです。
先ほどご紹介したとおり、脂肪分を摂っておくと酔いづらくなるというのでヨーグルトは期待できるかもしれませんね。

飲むヨーグルトなら、飲み会の前にサッとコンビニで買えますし、手軽に脂肪分を摂ることができます。
二日酔いで何も食べたくないというときにも、飲むヨーグルトは適度な酸味があるので飲みやすいですね。

まとめ

二日酔いのあの嫌な感じはできるだけ避けたいですよね。
大人になるとある程度自分の適量というのが分かってくるものですが、たまに体調が悪かったり、羽目を外して飲んでしまったりしてお酒が残ることはあるものです。
飲み会の前に対策をしておくこと、また飲んだ後きちんと水分を摂っておく、ウコンやオルニチンを摂っておくなど予防することも大切です。
二日酔いせず、お酒を楽しむためにぜひはじめてみてください!

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ