エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

パンチンググローブおすすめ5商品!ボクシングで今年こそマッチョになる!


パンチンググローブってどれがおすすめなのか?迷ってしまいますよね。
いざ、ボクシングジムに通おうと思い立ったものの、どんなパンチンググローブを買ったらいいか悩んでいます。
しっかり基礎を学ぶため、自分の手を保護してくれるパンチンググローブ選びにはこだわりたいですよね。
そこで、今回はボクシングジムに通っている人に聞いた、本当に使えるおすすめパンチンググローブをご紹介していきます。

パンチンググローブとは?


パンチンググローブとはそもそもどんなものなのでしょうか?

練習専用のグローブ

一言でいうと、ボクシングのトレーニングのときに使用するグローブのことです。
簡易的な作りをしているので、試合などでは使用できません。
トレーニングのため、試合の感覚をつかむために使用します。

ボクシンググローブとの違い

ボクシンググローブと呼ばれるものは、私たちが試合で見かけるあの分厚いグローブのことです。
重さは8オンスから16オンスまであり、数字が大きくなるにつれてサイズも大きくなります。

パンチンググローブは、ボクシンググローブと比べると簡易的なもので、親指が出るようになっているのが特徴です。(親指が隠れているものもあり)
マジックテープでグローブを固定する際にやりやすく、着脱しやすいというメリットがあります。
手首にラバーベルトがついていて、より着脱しやすいものもあります。
また、ボクシンググローブよりも安いです。

パンチンググローブを選ぶポイント

パンチンググローブはどのような点に注意して選んだらいいのでしょうか?

お気に入りのデザイン

これからボクシングジムに通ってマッチョになるぞ!とワクワクしているなら、やっぱり一番重視すべきは「デザイン」ではないでしょうか?
今から格闘技選手になるというわけではないにしても、誰にだって憧れの選手の一人や二人はいるものですよね?
そんな憧れの選手が使っているデザインに似たものを選ぶ、同じ色のものを選ぶというのは継続するために大切なポイントです。
実は、ボクシングジムに通う人が増えるにつれ、デザインやカラーも豊富になってきました。
赤や青、炎のイラストが描かれたものなど、自分の好みに合ったものを探してみましょう。

有名なメーカー

パンチンググローブにも有名なメーカーというものがあります。
安価なものもありますが、やっぱり続けて使うためにはきちんとしたつくりの有名メーカーのものを選ぶといいでしょう。
後ほどおすすめの商品をご紹介しますので、参考にしてください。

使用している素材

パンチンググローブはトレーニング用ですが、人工皮革のものと天然皮革のものがあります。
これに関しては、好みが分かれるところですが、人工皮革のものは安価で、ダメになったらすぐに買い替えて新しいものを買いたい人におすすめです。
天然皮革は、本物の革ですから人工皮革のものより高いですが、手になじみやすく、お手入れ次第で長持ちします。
どちらか好みのものを選んでみましょう。

おすすめのパンチンググローブ

それでは、実際にボクシングジムに通っている人に聞いたおすすめのパンチンググローブを5つご紹介します。

PURE RISE(ピュアライズ)パンチング グローブ

PURE RISE(ピュアライズ) パンチング グローブ ボクササイズ スパーリング 左右セット ブラック
合成皮革を使用したパンチンググローブです。にぎり棒が内蔵されているので上手に握り込みでき、ケガの予防にもなるため、初心者にもおすすめです。
手のひら部分に開いた穴から汗や湿気を逃がしてくれるので蒸れにくいです。
ゴムタイプで着脱しやすいというメリットもあります。
カラー展開は、レッド・ブラック・ホワイト・ブルーと豊富です。
価格は1,690円と安価なので、初めて購入するのに適したグローブといえそうです。

TWINS パンチンググローブ(1H)

Twins パンチンググローブ(1H) ブラック Lサイズ
ムエタイ、キック・ボクシングで有名なブランドで、タイでは人気NO.1のTWINSのパンチンググローブ。
もちろん、ボクシングでの使用も可能です。
こちらは、高品質な天然皮革を使用。手のひらの部分は深くスリットが入っているので蒸れにくく、ゴムバンドで着脱も楽です。
カラーは、ブラック・ブルー・ホワイト・レッドから選べ、デザインもかっこいいです。

Twins パンチンググローブ(1H) ブラック Lサイズ

Twins パンチンググローブ(1H) ブラック Lサイズ

ボディメーカー(BODYMAKER) パンチンググローブF NEO

ボディメーカー(BODYMAKER) パンチンググローブ F NEO 1組 ブラック フリー KG019FBK
数々のトレーニングマシンやスポーツウエアなどを手掛けるボディメーカー。
種類が豊富で、本格的なボクシンググローブやスパーリンググローブ、キックボクシングエクササイズで使用するパンチング用のフィットネスグローブ、フィットネスパンチンググローブやパンチンググローブなどさまざまなグローブを取り扱っています。
こちらは、指なし手袋のようなデザインのオープンフィンガータイプのパンチンググローブです。
にぎり棒がついていて握り込みやすくなっています。
手のひらの通気口からグローブ内部の湿気や汗を逃がし、不快感なくトレーニングに集中できます。
合成皮革ですが、耐久性が高いと評判です。
カラーはブラック・レッド・ホワイト・ブルー。ボディメーカーのロゴが手首部分に入っているシンプルなデザインです。
オープンフィンガータイプをお探しの方はこちらがおすすめです。

ボディメーカー(BODYMAKER) プロ仕様パンチンググローブ(ラバーベルト) KG014

ボディメーカー(BODYMAKER) プロ仕様パンチンググローブ(ラバーベルト) ブラック KG014BK
こちらもボディメーカーのパンチンググローブです。
プロ仕様の本革、ラバーベルトタイプでスピーディーに練習へと移れ、着脱の煩わしさがありません。
本革ということもあり、手になじみ、持ちがいいのも特徴です。
本革でありながら、お値段が3,000円ちょっとという価格も魅力です。
カラーは、ブラック・レッド・ホワイト・ブルーの4色展開。ゴールドのロゴが手の甲部分に入っていて高級感があります。
長く使える革製のもので、お値段が手ごろなものをお探しならこちらはいかがでしょうか。

h.effect (エイチエフェクト) ハーフフィンガー パンチンググローブ

h.effect (エイチエフェクト) MMA 総合格闘技 グローブ ハーフフィンガー ボクシング キックボクシング トレーニング フィットネス メンズ レディース レザー 黒 ブラック
オープンフィンガータイプのパンチンググローブです。ボクシング、キックボクシング、トレーニング、フィットネスなどに使用できます。
こぶし部分のパッドが肉厚で衝撃からこぶしをしっかり守ってくれます。
がっちりとした作りですが、手のひら部分は通気性が良く、軽量なので疲れにくいです。
リストはマジックテープ着脱式で手首の太さに合わせて調節が可能。
色は、ホワイト・レッド・ブラックから選べます。
高品質なPUレザー(合成皮革)を使用しているため耐久性がいいのに、1,010円とリーズナブルです。

まとめ

ボクシングジムに入ろうと思ったら、やっぱり形から入りたいものですよね。
今回ご紹介したパンチンググローブは、どれもボクシングジムなどで使用している人も多く、人気の商品です。
合成皮革か天然皮革かによって価格は変わってきますが、長く使うならやっぱり本革の方がいいでしょう。
長続きするかわからないという人は、安価なものを買ってみて、続けられそうなら本革のものを買うという方法もおすすめです。

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ