エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

【高級】おしゃれなブックシェルフスピーカーのおすすめ商品&置き方!


ブックシェルフスピーカーってちょっとおしゃれでインテリアとしてもおすすめのアイテムなんです。
高級!?というイメージもありますが、実は結構低価格からあるので気軽に取り入れることができ、来客時にも自慢できちゃうかもしれません!
そこで、今回は僕がおすすめするブックシェルフスピーカーの商品と気になる置き方などについてご紹介していきます。

ブックシェルフスピーカーとは?

ブックシェルフ(本棚)に入るサイズの小型のスピーカーの総称です。
コンパクトサイズなのに性能がいいものが最近増えてきています。
フロア型に比べて容積は小さいので、低音を出しにくいというデメリットはありますが、音響的には比較的素直で平坦であるという特徴があります。

ブックシェルフスピーカーをおすすめする理由

コンパクトで置き場所に困らない

ブックシェルフスピーカーがおすすめといえる理由は、やっぱりコンパクトなサイズ感です。
6畳~8畳程度の書斎などで音楽を楽しむのにちょうどいいサイズと考えてください。
このくらいの部屋にあまり大きなスピーカーは必要ありませんし、また本棚に置いて楽しむこともでき便利です。

インテリアとしておしゃれに置ける

カフェや雑貨店、美容院などでインテリアとしてブックシェルフスピーカーが置いてあって、そこから室内の音楽が流れているのを見たことはありませんか?
小さなカフェなどのお店ではブックシェルフスピーカー程度の大きさがちょうどよく、またインテリアとしておしゃれな雰囲気も出せるのでいいですね。
もちろん、お部屋の雰囲気をよりグレードアップするためにブックシェルフスピーカーを置く…というのもアリですね。

リーズナブルなものも多い

高級なイメージが強いブックシェルフスピーカーですが、安いものでは1万円台からあり、はじめて試すのにちょうどいい価格のものもあります。
音質やデザインなどにこだわりを持つ場合は、それなりの価格を覚悟しなければなりませんが、気軽に取り入れるなら安いものでも問題ないでしょう。

ブックシェルフスピーカーを選ぶときのポイント

サイズ

一番大切なのはサイズです。
置く場所に合わせて大きさをチェックしておきましょう。
本棚やサイドボードにおいて使うのなら幅15cm程度のものがおすすめです。
広い部屋で使いたい場合は、あまり小さいものだと聴こえにくくなってしまうので、注意して選びましょう。

ハイレゾ対応の有無

高域再生能力40kHz以上の製品がハイレゾ対応スピーカーになります。
ハイレゾ対応しているかどうかは「ハイレゾロゴマーク」の有無で判断することができます。
ハイレゾ対応のものだと、より臨場感あふれるサウンドを感じることができます。
最近のスピーカーはハイレゾ対応しているものが多く、商品の紹介のところに必ずイチ押しポイントとして書いてありますので、ハイレゾ対応している製品がいい方はチェックしてみてください。

低音再生能力

ブックシェルフスピーカーのデメリットとして低音の再生能力が低いという点が挙げられます。
しかし、最近のものは低音再生能力が上がってきており、本格的な音楽を気軽に楽しむことが可能になってきました。
とはいえ、まだまだ大きなスピーカーと比べると差は出てしまいます。
低音再生能力は、低音側の再生周波数範囲というところをチェックしてみましょう。
数値は低い方がいいのですが、40Hz台、50~60Hz台あたりなら問題ないでしょう。

ブックシェルフスピーカーの置き方

本棚の中、サイドボード・テーブルの上

ブックシェルフスピーカーは直置きするイメージが強いかもしれませんが、ウーファーの位置が低いので床などに直接置くと低音がブーミーな感じで聞き取りにくくなってしまいます。
その欠点である低域反射をうまく利用して、本棚の中やサイドボード・テーブルなどの上に置くのがおすすめです。
「本棚に置く」ということから「ブックシェルフスピーカー」という名前なわけですから、本来の正しい使い方なのかもしれませんね!
この置き方はおしゃれなので、僕も実践しています。

専用スタンドの上

低音をしっかり楽しみたいなら、やっぱり専用スタンドを購入することをおすすめします。
STARPLATINUM 良質 スピーカースタンド 【 フロアスタンド 】 組み立てカンタン 【 ブックシェルフ型スピーカー対応 】 SPセッタースタンドBS200 クリア/シルバー 2台セット
こちらのようにブックシェルフスピーカーを置く専用のスタンドがあります。
ここにスピーカーを置くことで、低音のこもった音が気にならなくなります。
こちらの商品は、スピーカーを置く場所がガラスでできており、インテリアとしてもおしゃれですね。

ブックシェルフスピーカーのおすすめ商品

Pioneer スピーカーシステム ハイレゾ音源対応 S-HM82-LR

Pioneer スピーカーシステム ハイレゾ音源対応 S-HM82-LR
はじめてブックシェルフスピーカーを購入する人におすすめなのがこちらのパイオニアの商品です。
日本の電機メーカーということで信頼度も高いですし、価格が13,800円というのも魅力的です。
デザイン性は高いとは言い難いですが、シンプルで飽きのこないスタンダードタイプなのでどんな部屋にも合いそうなところが高ポイントです。
ハイレゾ音源対応なので、臨場感あふれるサウンドを楽しめます。

Pioneer スピーカーシステム ハイレゾ音源対応 S-HM82-LR

Pioneer スピーカーシステム ハイレゾ音源対応 S-HM82-LR

JBL スピーカー 4306(1ペア)

JBL スピーカー 4306(1ペア)
デザイン性の高さ、音の良さで行ったらJBLのスピーカーがおすすめです。
気になる低域ですが、アコーディオン・プリーツ・クロスエッジを採用しており、8インチ径ホワイトコーン・ウーファーによってダイナミックな仕上がりに!
ちょっと価格が高めですが、良いものを長く使いたいという方にイチ押しのブックシェルフスピーカーです。

JBL スピーカー 4306(1ペア)

JBL スピーカー 4306(1ペア)

audio pro スピーカー AVANTO S-20 [ペア]

audio pro スピーカー AVANTO S-20 [ペア]
小さめのコンパクトサイズでありながら、デザイン性も高く、コストパフォーマンスも高く、音もいいと評判の商品です。
ウッド調のサイド部分はシートですが、とてもリアルに木目が再現されています。
インテリアになじむおしゃれなブックシェルフスピーカーを探している方はこちらがいいでしょう。
また本棚に置く場合、同じような木の色であれば、しっかりとなじむのではないでしょうか。

audio pro スピーカー AVANTO S-20 [ペア]

audio pro スピーカー AVANTO S-20 [ペア]

Wharfedale(ワーフェデール) DENTON [ペア] 80周年記念モデル 150セット限定モデル ウォルナット

Wharfedale(ワーフェデール) DENTON [ペア] 80周年記念モデル 150セット限定モデル ウォルナット
世界中のオーディオマニアが待ちに待った記念モデル「Denton」。
80周年の記念モデルですが、ただ復刻したというわけではなくオリジナル技術を残し、進化したパーツ&最先端のコンピュータ解析技術を合わせた伝統の商品だということです。
恐れ多くも、ちょっと本格的な商品をご所望ならこちらを選んでみましょう。

パイオニア Pioneer バーチカルツインスピーカー ピュアモルトシリーズ S-PM30(D)

パイオニア Pioneer バーチカルツインスピーカー ピュアモルトシリーズ S-PM30(D) 【国内正規品】
「不要な共振の発生を抑える」というウイスキーの樽材が使われているモデルです。
とにかくスタイリッシュでかっこいいデザイン。
パイオニアというブランドの安心感。
正確な音像、広い音場の実現をめざすバーチカルツイン方式でリアルなサウンドを味わえます。

まとめ

ブックシェルフスピーカーは高品質、高性能でかつデザイン性の高いものを選ぶのがおすすめですが、そうなると価格も高くなってしまうという難点があります。
思い切っていいものを買うか、安いものでも試しに置いてみるか…いろいろ悩むのもワクワクしますね。
素敵な商品と巡り合えると、音楽をもっと本格的に楽しみたいと思うようになりますよ!

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ