エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

コードバン財布のおすすめブランド5選!メンズに人気なのは長財布?

財布、小物類

コードバン財布は、プレミアム感溢れる質感で、特に男性から高い支持を集めています。
今回はコードバン財布を持ちたい男性へ、コードバン財布の選び方と、おすすめブランドをご紹介します。
大人の男性にプレゼントを贈りたい方も、ぜひ参考にしてください。

コードバン財布の特徴と人気の理由

まずは、コードバン財布の特徴と人気の理由について検証します。
一般的な革財布とは何が違うのでしょうか。

コードバン財布とは?

コードバンとは農耕馬のお尻の一部から採れる革のことを指します。農耕作業に特化した馬は現代では生産されておらず、食用として生産されている馬から採取されています。
しかし、食用の馬も非常に数が少なく、革が採れる機会はごくわずかです。
その希少価値の高さからコードバンは「革の宝石」とも呼ばれています。
さらにコードバンは、個体数が少ないことに加えて、一頭から採れる革の面積が少ないことでも知られています。
牛革であれば、皮膚の表面が対象となりますが、コードバンに関しては、お尻の一部だけになります。
素材の上質さや数の少なさもあり、コードバンは希少価値が高くなっています。
コードバン財布はそんな貴重な革から製造された財布なのです。
素材だけではなく、見た目の美しさや経年劣化の楽しさもあり、この上ないプレミアム感を得られることから、本物を知る大人の男性にも人気の逸品です。

他の革財布との違いや使用感は?

コードバン財布はとても丈夫な素材です。
一般的な革財布では牛革の強度が高いと言われていますが、コードバンはその2~3倍以上の強度があるとも言われています。
そのため長く愛用しているユーザーが多いのも特徴で、コードバンは使用している年数が長ければ長いほど光沢が増していきます。
コードバンは革の裏側が表面に使用されるので、ひび割れが発生しにくく、他の革素材より光沢が多いのが特徴です。
新品の時の美しさも素晴らしいですが、年数が経つにつれて光沢を増していくことで高級感や重厚感も増してきますが、コードバンは水には弱い材質でもあります
水にさえ注意して使用すれば、長年の相棒として活躍してくれることでしょう。

シェルコードバンとは?

シェルコードバンとは、アメリカのシカゴにあるホーウィン社製のコードバンを指します。
他社との差別化を図り、最高級のコードバンであることを知ってもらうために、商標登録をしたことが、「シェルコードバン」の名前が世界中で広まるきっかけとなります。
ホーウィン社製のシェルコードバンは、オイルを多く含んでいるのが特徴で、コードバン財布と比較するとオイルでより艶やかになっているのが一目でわかります
シェルコードバンは、素材を厳選してから磨くまでの工程が、全て終わるまでに半年から1年かかると言われています
希少価値の高い素材を、さらに時間をかけて製造することから、シェルコードバンの財布は常に品薄状態です。

長財布と二つ折りはどっちがメンズに人気なのか?

財布の形状は、長財布や二つ折り財布が、ポピュラーとなっています。
コードバン財布は男性への贈り物として選ばれることも多いですが、一体どちらの形状が人気なのでしょうか。

長財布のメリット

長財布のメリットは、お札をそのまま収納できることを始めとする、収納力の高さにあります。
またサイズが大きく、お札や小銭の出し入れにもたつくことなく、スマートにお会計ができるので、スタイリッシュな印象を与えることができます
ただ。サイズが大きい長財布は、ポケットに収まらない場合は多いので、カバンを常に持ち歩く必要があると言えるでしょう。そして二つ折り財布は、ズボンのポケットに収まるメリットがあります。
たまに、長財布をズボンのポケットに収めている男性を見かけますが、ポケットからはみ出していて不恰好な印象を与えます。

二つ折りのメリット

二つ折り財布はコンパクトサイズなので、ポケットに収めてもスマートです。しかし、二つ折りは長財布と比較すると、壊れやすく劣化が早いとも言われています。
財布を出すたびに開いて折りたたむという作業が入りますし、ズボンのポケットに入れた状態だと傷みも激しくなります。
このようなメリットがある中で、成人男性が選ぶ財布としては、長財布が多い傾向にあるようです
もちろんライフスタイルの違いや好みの違いはありますが、統計的に見ると長財布を使っているユーザーが6割以上というデータもあります。
コードバン素材でも、様々なブランドから長財布と二つ折り財布が製造されています。コードバン財布を選ぶときや贈る時には、ぜひ参考にしてください。

コードバン財布を選ぶポイント

続いてコードバン財布を選ぶポイントをご紹介します。

革の状態や特徴をチェック

コードバンの長財布はそれぞれ革の状態が異なります。
新品の革には素材独特の固さがあり、使用するにつれ光沢を増していきます。他の革製品と比較すると固く感じられるかもしれませんが、それが特徴なのです。
また、コードバン財布の新品時は、表面がやや白っぽくなっています。
これは革にロウを吹き付けているためですので、ロウの吹き付け具合もチェックしましょう。
コードバン財布では艶や滑らかさが特徴となってきますが、可能であれば、実際に手にとってみて、質感を確かめてみましょう
その感触が気に入れば、長年にわたりコードバン財布が活躍することは間違い無いでしょう。

使用感もチェック

コードバン財布を選ぶ際には、しっかり機能性も確認しておきましょう。財布は素材だけではなく、使いやすさも重要になってきます。
本来の財布としての機能をしっかり果たしているか、自分の求めるポイントがしっかりその財布にあるか、必ずチェックしましょう。
財布はファッションアイテムとしての要素も持っていますが、やはり大切な部分は実用性です。
せっかく機能性も質感も十分なコードバン財布であっても、ユーザーのニーズに合っていないこともあるかもしれません。
革の状態と合わせて、お札や小銭入れのサイズ感や、カードが取り出しやすいか自分に必要な機能を満たしているか、などもチェックすることが重要です。
コードバン財布は素材の良さから長年使うことができます。
そのため、しっかり使用感でも、妥協のないものを選びましょう。

おすすめブランドのコードバン財布5選

コードバン財布の特徴と選ぶポイントをご紹介したところで、最後におすすめブランドのコードバン財布をご紹介します。
品質が高いことで知られる日本製ブランドで、特にユーザーからの評価が高いオススメアイテムをまとめました。
ぜひ、参考にしてください。

YUHAKU(ユハク)

[ユハク] コードヴァン 束入れ [ラウンドファスナー] YFC114 GRN グリーン

ユハクの工房は、商品の企画、型紙の製作、革の染色から加工、製造までをワンパッケージで行える日本で唯一の工房です。
自然界が織りなす色彩を基本に、和の美しさもミックスし、独自の染色技術を用い手作業で一点一点染め上げています。
ユハクのコードバン財布は、光の加減により色の変化が楽しめる特徴があります。

Cypris(キプリス)

【キプリス】ハニーセル長財布(ラウンドファスナー束入)■オイルシェルコードバン&ヴァケッタレザー 5460 ブラック

キプリスはコードバン財布のラインナップが非常に豊富です。
長財布はもちろん二つ折の財布もバリエーションが多く、コードバン財布初心者の方も多く愛用しています。
上質なコードバン財布が、比較的リーズナブルな価格で販売しているので、コストパフォーマンスが非常に高いです。

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)cordvan コードバン 長財布 ブラック

デザインはオーソドックスながらも、丁寧に作られている点が非常に評価されています。
ステッチ一つ見ても美しい仕上がりで、細部を見ると特に、ガンゾのコードバン財布へのこだわりが感じられます。
コードバンという素材の良さが際立ち、持っているだけで上質感を感じることができます。

PORTER(ポーター)

[ポーター]PORTER BILL CORDVAN ビル コードバン 長財布 184-02268 ブラック/10
カジュアルなアイテムが多い印象のポーターですが、日本国内で若年層を中心に、耐久性とデザイン性で多くの支持を集めています。
そのノウハウを活かして作られたコードバン財布は、ポーターの他のアイテムとは一線を画しています。
ブランドが持つイメージに、よりワンランク上の高級感を身につけることで、他のポーターアイテムのユーザーと差別化が図れることでしょう。

TAVALAT(タバラット)

[タバラット] 日本製 長財布 新喜皮革社製コードバン かぶせ蓋 メンズ (レッド) Tps-004_rd
大阪発のメンズに特化したブランドで、コードバン財布以外にも様々なアイテムを販売しています。
コードバン財布も非常に種類が多く、価格帯も比較的リーズナブルです。
タバラットでは、同じコードバン素材の長財布でも、特徴が違った商品がラインナップされているので、色々と使い心地や機能性を比較したい方には、特にオススメです。

まとめ

今回は、コードバン財布についてと、コードバン財布のおすすめブランドをご紹介しました。コードバン財布は、他の革財布よりワンランク上のプレミアム感で、質感も非常に高いです。
持てば持つほど味が出るので、長く付き合える財布だとも言えます。
様々なブランドから、コードバン財布が販売されていますが、それぞれの特徴をよく見極めてあなたに合ったコードバン財布を選びましょう。

この記事を書いた人

めらもん
30歳になり健康第一の精神を学ぶ。
自分の経験が一人でも多くの方の役に立てばと思います。
書いた記事の一覧へ