エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

【サイコン】初心者~上級者向けサイクルコンピュータおすすめはどれ?


ロードバイクやクロスバイクなどにつけるサイコン、どれがおすすめかわからない…。
確かに、種類も多く、初めて使うときは迷ってしまいますよね。
健康のため、趣味で…など今自転車を始める人が増えているんです!
そこで、ロードバイクやクロスバイクを始めることにした、または始めたばかりだけどサイコン選びに迷っているという方のために、おすすめのサイコンを調べてみました。

サイコン(サイクルコンピュータ)って何?


そもそも、サイコンとはなんぞや?という方のためにサイコンについて詳しくご説明します。
僕も、自転車を始める前に「サイコン」と聞いたときは何のことかわかりませんでした。
サイコンとは「サイクルコンピュータ」のこと。自転車に取り付けて、走行距離・スピード・消費カロリー・ペダルの回転数(ケイデンス)といったことが計測できる機械です。
コンピュータというからには高いんじゃないか?と思ってしまいますが、こちらもピンからキリまで…安いものは1,000円台から、高いものは数万円まで幅広いです。
初心者の方ははじめは安いものから使ってみて、ハイスペックモデルに移行するというのがおすすめです。
ハイスペックモデルのものだと心拍数をはかってくれる機能や、GPS・地図機能が搭載されているものもあって長距離走ることが多い人や、自転車で旅をするサイクリストには愛用している方が多いようです。

サイコンを取り入れるメリット

データが見えるので目標が立てやすい

サイコンをつける最大のメリットは、さまざまなデータを計測できる点です。
先ほどご紹介したとおり、走行距離・スピード・消費カロリー・ペダルの回転数などがわかるため、自分がどれくらい走ったか、どのくらいカロリーを消耗したかということが一目瞭然です。
例えばトレーニング目的で自転車をやっている方は、カロリーや走行距離、スピードなどがわかると目標が立てやすくなりますよね。
こういったデータが目に見えてわかることで、自転車に乗るモチベーションを高め、維持し、次につなげるという好循環が生まれます。

整備時期の目安になる

初心者の方は、どれくらい乗ったら整備をしたらいいかということがなかなかわからないと言います。
僕自身、自転車を本格的に始めるまでは消耗品とか整備なんて考えたこともありませんでした。
サイコンをつけておくことで、どれくらい乗ったかというのが明確になり、「そろそろ整備しないと」という目安がわかるという利点もあります。
自転車も毎日、毎週と定期的に長距離乗ることで消耗していきますので、車と同じで定期的に整備する必要があります。
それを知るためにサイコンを取り付けておく必要があります。

知らない土地でのサイクリングに便利

先ほどご紹介しましたが、サイコンにはGPSや地図機能が付いたものがあります。
そういうものを使うと知らない土地でのサイクリングがより安全に、ストレスフリーで楽しめるようになります。
GPS付きのサイコンは、走行ルートから車のナビのように目的地までナビゲートしてくれるので自転車に集中しながら目的地までスムーズにたどり着くことが可能です。
いちいち地図を見ながら止まる必要がないのでストレスがかからずに、景色を楽しむ余裕さえ生まれます。
ただ、地図機能付きのものはやや価格が高いというデメリットがあります。

サイコン選びのポイント

サイコン購入しよう!と思った方のために、今度はサイコンを選ぶときのポイントをご紹介します。

有線か無線か

サイコンには、有線式と無線式(ワイヤレス)のタイプがあります。
有線式は本体とセンサー部分をケーブルでつないで使います。通信が安定していることと、表示速度が速いのが利点です。
配線がごちゃごちゃになって見た目がスマートではない、さらに種類が少ないというのがデメリットとして挙げられます。
無線式(ワイヤレス)は、配線がないためスッキリとした見た目になりますし、取り付けも簡単です。また、種類がとても豊富というメリットがあります。価格はやや高く、電波が混信することがあるのがデメリットです。

防水機能がついているか

防水機能がついているかというのは結構重要なポイントです。
旅行先などで自転車を使用する際、いつ雨に降られるとも限りませんから防水機能はきちんと確認しておきましょう。
防水の等級は「IP」で表されることが多く、完全防水は「IPX8」ですが、サイコンでは雨がついても影響がない「IPX4」程度あれば問題ないようです。

GPS機能がついているか

GPS機能が付いたものは、走行ルートの記録、目的地までのナビゲーションをしてくれるという優れた特徴があります。
走行ルートを記録することで、過去のタイムを比較してトレーニングに生かすこともできます。
スマートフォンでもGPS機能がついているので、それを利用することも可能ですが、バッテリーの消耗などを考えると自転車専用のサイコンにGPS機能がついていた方が安心だと言えます。

地図機能がついているか

地図機能がついていると知らない土地でのサイクリングが快適になります。
コースを作成することができるサイコンなら、地図のほかにそこまでかかる時間やスピードの情報も知ることができ、便利です。
地図機能が付いたものは価格が高くなりますので、近所を走るだけという方は必要ないかもしれません。
目的に合わせて選んでみましょう。

おすすめサイコン厳選5つ

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO9 CC-VL820 有線式

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO9 CC-VL820 ブラック 有線式
有線式のサイクルコンピュータです。
走行速度、平均速度、最高速度の計測、
また、消費カロリー、CO2削減量、走行時間の計測ができます。
距離は、走行距離と積算距離。
雨天走行時、計測エラーを防止するための耐雨機能が搭載されています。
初心者向けのスタンダードモデルで、有線式なので価格も1,313円~とリーズナブルです。
地図、GPS機能はついていません。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO9 CC-VL820 ブラック 有線式

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO9 CC-VL820 ブラック 有線式

キャットアイ(CAT EYE) QUICK サイクルコンピュータ アウトフロントマウントCC-RS100W

キャットアイ(CAT EYE) QUICK サイクルコンピュータ アウトフロントマウント デザイン性に優れた反転液晶 CC-RS100W
ちょっとおしゃれなデザインのサイコンが欲しいならこちらがおすすめです。
時計のような丸い形をしたスタイリッシュなデザインで目を引きます。
無線式で、上段が走行速度、下段が走行時間・走行距離・平均速度・最高速度・積算距離・時計表示です。
モードボタンで表示切り替えができます。
ケイデンス(ペダルの回転数)とバックライトがついていないのでクロスバイク向きです。
雨天でも使用可能。

LightYou サイクルコンピュータ 自転車ヘッドライト テールライト付き

LightYou サイクルコンピュータ 自転車ヘッドライト テールライト付き 自転車ベル機能 USB充電式 4モード点灯 IPX5 防水 防振1500mAh 懐中電灯兼用 LCD大画面表示サイコン 取付簡単 【ブラック】
自転車ヘッドライトと自転車ベル、テールライトがついた万能サイコンです。
USB充電式でUSBケーブルがあれば外出先でも充電できるところが魅力です。
IPX5防水で雨の日でも安心。
電池残量、総距離総距離、平均速度、走行距離、乗車時間、最高速度が記録できます。

レザイン(LEZYNE) メガXLGPS サイクルコンピュータ

レザイン(LEZYNE) メガXLGPS サイクルコンピュータ 日本語・縦横表示対応 2.7インチ超高画質大画面 イエロー 【日本正規品/2年間保証】 イエロー スペシャルエディション
上級者向けのGPS機能搭載サイコンです。
スマートフォンやパソコンと連動してデータの管理やバージョンアップなどができます。
バッテリー持ち時間は最大48時間と長く、IPX7防水なので悪天候の日も使用できます。
Bluetooth Smart対応iOSやAndroid デバイスとペアリングすることで、メッセージやEメール、電話の受信を通知してくれます。
また、カラーがピンク、イエロー、ホワイト、ブラック、レッドから選べ、自転車の色に合わせて選べるところもポイントです。

GPS サイクルコンピューター ANT +機能 iGPSPORT iGS618E

GPS サイクルコンピューター ANT +機能 iGPSPORT iGS618Eロードマップナビゲーション付き防水IPX7(サポート日本語表示)
高性能の上級者向けモデルです。
GPS、GPS + GLONASS、GPS +コンパスモードで高精度、高速な位置確認をサポート。
心拍モニター、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、パワーメーターつきです。
レーシングモード、屋内モード、トレーニングモードと3種類のライディングモードが選べます。
2.2インチの大画面と明るいLEDカラーディスプレイで見やすいさもgood。
防水仕様(IPX7)

まとめ

サイコンは本当に種類が多くて迷ってしまいますが、初心者の方は最初はリーズナブルなものでOKです。
より本格的なデータが欲しかったり、旅先で乗ることが増えたときにGPS機能付きのものを購入してみるといいでしょう。
自分の好みに合ったサイコンを見つけてみてください!

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ