エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

家族でゆったり寛げる!おすすめのオシャレなファミリーテントとは?

ファミリーテントの例


こんにちわ、年間30泊くらいはキャンプする、ワイルド男子さすライダーです。

僕のキャンプは、バイクツーリングキャンプなので、テントはコンパクトなソロ用テントが基本です。

それで、特に支障は無いのですが(最近のテントはソロ用も広く快適です)特に北海道のキャンプ場に行くと、周りのデカいテントの数々に「デッカいのもイイなぁ、ちょっと入らせてくれないかなぁ、、、」なんて思う時があります。

いわゆる「ファミリーテント」ですが、これを一人で(笑)もしくは妻と二人で使うキャンプもしてみたいと思い「ファミリーテント」選びに必要な情報をまとめてみました。

家族でゆったり寛げる!ファミリーテントとは?

ファミリーテントで過ごす夜


一般的には、使用人数4人以上のテントが「ファミリーテント」と呼ばれています。

使用人数3人でも、一応はファミリー用と言えますが、どちらかと言えば、2人で使うケースが多いです。

ツーリングやソロ用と呼ばれているテントは、バイクや自転車、バックパックに積めるように、居住性よりも収納性が重視されていますが、ファミリーテントは車での運搬が前提なので、収納性よりも完全に居住性重視の作りです。

また、前者は一人でも設営可能ですが、後者は一人ではなかなか厳しいです。

なので、間違っても「俺はバイクにファミリーテントを積んでやる!」なんて思わないで下さい(笑)

ファミリーテントの種類について

ファミリーテント(テント全般)には「ドーム型・ツールーム型・ティピー型・トンネル型」の4つの形状があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

ドーム型ファミリーテントの特徴

ドーム型ファミリーテント


最もオーソドックスな、広く普及している定番の形状です。

2本のポールを交差させて建てるテントで、設営が簡単で撤収も早く、コンパクトに収納出来るテントですが、構造上天井が低いので、背が高い人はちょっと辛いかもしれません。

価格が他の形状に比べてリーズナブルであることが多いので、初めてのファミリーテントとしてオススメです。

ツールーム型ファミリーテントの特徴

ツールーム型ファミリーテント


寝室とリビング(前室)の2部屋構造になっているテントです。

タープを張らずにリビングスペースが出来ますが、その分設営に時間がかかります。

しかし、雨の日に濡れずに、寝室とリビングを移動することが出来るので、長期滞在系キャンパーに人気の形状です。

ティピー型ファミリーテントの特徴

ティピー型ファミリーテント


おしゃれでインスタ映えするテントと言えば、ティピー型(またはワンポール型)です。

中央の一本のポールで全体を支える、可愛い三角形のテントで、設営が簡単な上に、価格がリーズナブルです。

しかし、ティピー型は「ペグ打ち」が必須なので、地面が硬い場所では設営に苦労します。

トンネル型ファミリーテントの特徴

トンネル型ファミリーテント


ツールーム型の発展系とも言えるトンネル型は、その独特な形状から「かまぼこ型」などと呼ばれたりもします。

壁が垂直に近い形状なので、室内の圧迫感がなく、寝室やリビングがとても広く感じます。

しかし、見た目通りに設営に時間がかかることと、価格が高めなのがネックと言えます。

ファミリーテントを選ぶ上でのチェックポイント

実際にファミリーテントを選ぶ上でのチェックポイントを解説していきます。

テントの使用人数をチェック

テントの使用人数のイメージ


テントには必ず「使用人数」の表記がありますが、ここは必ず「実際の使用人数プラス1人分のもの」を選ぶようにしましょう。

何故なら、テント内に荷物を持ち込むこともありますし、使用人数とぴったりの人数だと、テント内ですれ違うことが困難な場合があるからです。

家族3人で使う場合は4人用のテント、4人で使う場合は5人用のテントを選ぶと、余裕のあるスペースを確保することが出来ます。

テントの入り口と内部の高さをチェック

テントの入り口と、テント内部の高さは、要チェックポイントです。

テントの入り口が低いと、毎回出入りの際に屈むのが億劫ですし、雨の日は辛いものがあります

また、テント内で「常にしゃがみっ放し」といのも辛いので、高さに余裕のあるテントを選びましょう。

テントの設営方法をチェック

テントの設営方法のイメージ


ドーム型テントや、ティピー型テントは、比較的設営が楽なテントですが、ツールーム型やトンネル型は、あらかじめ設営方法を確認しておきましょう。

設営にどれくらいの時間がかかるのか?何人必要になるのか?など、可能であれば、一度キャンプ場に行く前に、予行演習をすることをオススメします。


テントの収納サイズをチェック

ファミリーテントは、収納性よりも居住性が重視されているので、そもそも収納サイズは大きいものですが、シーズン外は自宅に長期間保管することを考えると、やはり最大限、収納サイズは小さいに越したことはありません。

また、普通乗用車であれば、そこまで気を遣う必要はないですが、スペースの限られた軽自動車の場合は、収納サイズがネックになる場合があります。

テントの便利機能をチェック

テントの便利機能「ランタンフック」


例えば、ランタンをかけるフックが付いていたり、室内に小物収納用のポケットが付いていたりと、こういった便利機能が備わっているテントがあります。

これらの便利機能は、あった方が確実に快適なので、ファミリーテント選びの際は、便利機能の有無もチェックしてみましょう。

テントのデザインをチェック

おしゃれなデザインのテントの例


今回のテーマは「オシャレなファミリーテントとは?」なので、ある意味一番重要な項目かもしれません。

今日本は、空前のキャンプブームなので、となると必然的におしゃれなファミリーテントが増えています(品質が良いのは当たり前)

キャンプ自体を楽しむことはもちろん、SNSに「映える写真」をアップする事も楽しみの一つですし、おしゃれなテント、可愛いテントであれば、もっともっとキャンプに行きたくなります。

なので、あなたのセンスにぴったりの、キャンプ場で映える、おしゃれなデザインのテントを選んでみましょう。

おすすめのオシャレなファミリーテント10選

Amazonで購入可能な、おしゃれなファミリーテントを10モデルピックアップして紹介していきます。

コールマン テント タフワイドドーム4 300 4~6人用

コールマン テント タフワイドドーム4 300 4~6人用


コールマンの4〜6人用ドーム型ファミリーテントです。

耐水圧2,000mmの高い防水性能を備えており、風にも強い文字通り「タフ」な作りになっています。

ドーム型テントらしく設営が手軽で、価格も安いので、多くのキャンプ場で見かける定番ファミリーテントです。


コールマン(Coleman) テント タフワイドドーム4 300 4〜6人用 2000017860

コールマン(Coleman) テント タフワイドドーム4 300 4〜6人用 2000017860


コールマン ワンポールテント エクスカーションティピー 325 3〜4人用

コールマン ワンポールテント エクスカーションティピー 325 3〜4人用


コールマンの3〜4人用ティピー型ファミリーテントです。

そのカジュアルな見た目からは、全く想像出来ない、雨天時のキャンプに耐えうる、高い防水性能を誇っています。

価格が2万円を切る、高コストパフォーマンスモデルとして、発売以来人気商品になっています。



DOD タケノコテントミニ TC

DOD タケノコテントミニ TC


DODのインスタ映え必須の、5人用のおしゃれなティピー型ファミリーテントです。

ティピー型テントでありながら、側面にもポールを配置することにより、ゆとりある居住空間の構築に成功しています。

発売直後は、売り切れ続出の大ヒットを記録しましたが、現在では普通に購入することが出来ます。



DOD ビッグワンポールテント 8人用

DOD ビッグワンポールテント 8人用


なんと8人用(!)の、DODの超大型サイズのティピー型ファミリーテントです。

ゆとりある室内空間を持つ大柄なテントながら、手持ちの専用ケースに収まる、コンパクトな収納性も実現しています。

出入り口が前後2箇所に設置されており、ティピー型では貴重な前室スペースも確保されています。



スノーピーク テント アメニティドーム

スノーピーク テント アメニティドーム


キャンプ場でよく見かける、スノーピークの5人用ツールーム型ファミリーテントです。

風がテントの上を通り抜ける、空力特性に優れたデザインを持ち、防水性能も高い水準をクリアしています。

全体的に高価なスノーピーク製品ですが、アメニティドームは良心的な価格に抑えられています。


スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM 5人用 SDE-001RH

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM 5人用 SDE-001RH


NORDISK コットンテント アスガルド 12.6 [6人用]

NORDISK コットンテント アスガルド 12.6 6人用


可愛いシロクマがトレードマークの、北欧デンマーク製の6人用ティピー型ファミリーテントです。

その可愛い見た目とは裏腹に、北欧の長い冬に耐える事が出来る、ヘビーデューティーな仕様になっており、雨はもちろんのこと、雪の中でのキャンプも可能です。

かなり値は張りますが、別名「シロクマテント」とも呼ばれる、このテントを建てれば、キャンプ場の注目の的になる事間違いなしです。



キャプテンスタッグ CS 3ルームドームテントUV 4人用

キャプテンスタッグ CS 3ルームドームテントUV 4人用


テントを建てると、合計3つの部屋が出来る、4人用トンネル型ファミリーテントです。

中央のリビングを挟んで、左右にひとつずつ寝室が設置されており、同線の確保がしやすい作りになっています。

本来は4万円ほどする商品ですが、Amazonでは実売2万円を切るお買い得価格になっています。



ロゴス neos PANEL コテージ

ロゴス neos PANEL コテージ


ロゴスの4人用ツール-ム型ファミリーテントです。

リビング、寝室共にスペースが広く、長期滞在でも快適な居住空間を提供してくれます。

また、車を横付けし易い構造になっており、オートキャンプ場では特に重宝するテントです。



ホールアース EARTH DOME 300-2

ホールアース EARTH DOME 300-2


2017年からスタートした、新興アウトドアブランド「ホールアース」の5人用ドーム型ファミリーテントです。

耐水圧3,000mmの高い防水性能を持ち、女性でも設営しやすいシンプルな構造になっています。

大手アウトドアブランドよりは価格が安く設定されているので、新しい選択肢としてオススメのメーカー(テント)です。



オガワ テント ロッジドーム シュナーベル5

オガワ テント ロッジドーム シュナーベル5


玄人キャンパーに人気のブランド「オガワ」の5人用ドーム型ファミリーテントです。

テントの4面に、大型のメッシュパネルを採用しているので、真夏でも快適に過ごす事が出来ます。

信頼のブランド力に見合った、高い剛性と耐水性を誇るテントで、かなり値は張りますが、長く付き合える逸品です。



おすすめのオシャレなファミリーテントとは? まとめ

ファミリーテントを選んでいると、早くキャンプに繰り出したくなります。

今年の夏は、おしゃれなテントを用意して、自然の中で家族と過ごすひとときを満喫しましょう。

この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^
書いた記事の一覧へ