エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

今年こそ花火を上手に撮影したい!初心者必見!花火の撮り方教えます。


夏に花火大会で花火を撮ることが多いけど、なかなかうまく撮れない…という人はいませんか?
実は、僕もそんな花火撮影初心者でした。
家族で行く花火大会は本当に心に残る大事なイベントです。
やっぱり美しい花火を綺麗に残しておきたい…という思いからいろいろとリサーチして上手な花火の撮り方を勉強しました。
今日は、今年こそ上手に花火を撮影したいと思っている方に、初心者でも簡単にできる撮り方をご紹介します。

花火を撮影するための準備


花火って、どうしても上手に撮れないんですよね。
そもそも、動いているものだし、いつ開くかわからないし、タイミングを合わせるのも大変です。
はじめて撮影を試みた花火大会では、さんざんな結果に終わってしまいました。
初心者が花火を撮影するためにはあらかじめちゃんとした準備が必要だということが分かりました。

スケジューリング・場所取り・持ち物

まず、きちんとスケジュールをチェックします。
仕事が長引いて、花火大会ギリギリになってしまうと場所の確保も難しいですし、そうなると綺麗な写真なんて撮影できませんからね。
どのアングルから撮るか、という場所取りもとても大事です。近すぎても遠すぎてもダメ!こればかりは経験がものをいうのですが、上級者っぽい人の隣の席を取るなど、はじめはほかの人に倣う感じでOKです。
また、持ち物がとても大切になってきます。必要なもの、あると便利なものを次でご紹介します。

花火を撮るときにあると便利なもの

三脚

一番大事なアイテムは三脚です。
本当にこれがあるとないとでは全然違ってきます。
手で持った状態で撮影してみてください、きっとブレブレになってしまいます。
自分で見ることもできず、花火を楽しむことは難しいです…。
三脚は価格が高いものの方が丈夫だし、長く使えるということも最近分かってきました。
カメラ用三脚 4段 中型 アルミ製 ボールヘッド クイックシュー式 レバーロック 野外撮影に最適 デジタルカメラ 一眼レフカメラ 旅行 ビデオ三脚 KANICOL
例えばこちらのように野外専用の三脚を使うととても上手に撮影できます。
風にも強く、比較的軽いのに安定感がありますし、脚の長さの伸び幅が大きいので高さを自由に変えられます。
三脚は安いものもありますが、少しいいものを買っておくと安心です。

レリーズ

レリーズは、カメラに取り付けてスイッチを押すだけで、のぞかなくてもシャッターが切れる便利アイテムです。
花火撮影の際は、いちいちのぞくのが大変なのであるととても便利です。
Canon リモートスイッチRS-60E3
こちらはキャノンの純正の商品ですが、互換品もたくさんあり、自分が使っているカメラに対応しているかどうかチェックすれば、互換品でも問題なく使えます。
互換品の方が安いので、試しに買うというのにはおすすめです。

Canon リモートスイッチRS-60E3

Canon リモートスイッチRS-60E3

小型ライト

花火撮影の際、意外と重宝するのが小型ライトです。
花火大会の場所取りに行く時間はまだ明るいのですが、いざ撮影するという時間になると当然のことながら周りは暗くなります。
手元が見えないので、操作が難しくなり、スムーズにいかないというトラブルを防ぐために一つ用意しておくといいですよ。
OLIGHT(オーライト) i3E EOS キーホルダーライト 懐中電灯 90ルーメン IPX8級防水 小型 軽量 ミニ 重さ19.4g 階ねじ込み式スイッチ プレゼント 室内 アウトドア 日常生活 ブラック ミニフラッシュライト LED懐中電灯 単4アルカリ電池×1本
キーライトは小さくて、家の鍵などと一緒につけておけるので便利なアイテムです。
手元を照らすだけならスマホの懐中電灯機能でもいいのですが、明るすぎるものは周囲の迷惑になりますのでできるだけ小さいものを選ぶといいでしょう。

花火の撮り方のコツ

花火を撮るときにはちょっとしたコツがいります。
初心者向けに、気を付けた方がいいポイントをご紹介します。

広角が撮れるレンズを使用する

買ったカメラについてくる標準のレンズで充分綺麗な花火は撮影できますが、打ち上げ場所によっては近すぎると花火全体が入らないことがあります。
大玉が上がるような花火大会の場合は、超広角レンズが必要になりますので、用意しておいてもいいでしょう。

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM

マニュアル(M)のバルブ(Bulb)が使えるもの

一眼レフやミラーレスであればどちらかは使えるため撮影可能です。
バルブ撮影とは、シャッターボタンを押している間シャッターが開く撮影方法で、夜景を撮影するときや星空、ホタルなどを撮影するときに使うことが多いです。「B」、「Bulb」と書かれていますのでチェックしてください。

花火を撮るのにおすすめなカメラ

ニコン(Nikon)デジタルカメラ COOLPIX B500 ブラック B500BK

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40倍ズーム 1602万画素 単三電池 ブラック B500BK
価格:21,826円
お手頃価格で40倍ズームが撮れ、花火撮影に最適だと評判です。
はじめて花火を撮影する、ニコンのカメラが欲しいという人にはこちらがおすすめです。
コンパクトサイズなので、持ち運びも便利です。女性でも扱いやすいので家族のカメラとしても◎!

キャノン(Canon)コンパクトデジタルカメラ PSG9X MARKII(SL)

Canon コンパクトデジタルカメラ DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII(SL)
価格:42,800円
初心者向けのコンパクトデジタルカメラです。
デザインもおしゃれでレトロなところがウケています。
スマホでは物足りない、ちょっといい写真が撮りたいという人におすすめです。

Canon コンパクトデジタルカメラ DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII(SL)

Canon コンパクトデジタルカメラ DIGIC7搭載 1.0型センサー PSG9X MARKII(SL)

ソニー(SONY)デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100
価格:39,900円
コンパクトでありながら本格的な撮影が楽しめるカメラです。
初心者にも直感的に操作しやすく、使いやすさがダントツです。
暗い景色もしっかり写るので、花火撮影にも適しています。

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

オリンパス(OLYMPUS)デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm BLK

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS-1S 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1S BLK
価格:68,800円
オリンパスのこちらのデジタルカメラはなんと15分までのバルブ撮影が可能なので花火だけでなく星空の撮影なども楽しめます。
価格はやや高めですが、高性能なカメラが欲しい人はこちらを選んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は花火を上手に撮影するために必要なもの、ポイント、初心者向けのカメラをご紹介してきました。
花火撮影は、まだまだ毎回苦戦している僕ですが、徐々に場所取りなどもいいところが取れるようになってきて、毎年コレクションの写真も増えつつあります。
道具選びも大切なポイントですので、相棒となる信頼できるカメラを選んでください。
あなたもぜひ、花火撮影のコツをつかんで、素敵な写真を残してみてください。

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ