エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

引っ越しのときに必要なインターネットの手続きと注意点とは!?


引っ越し先の新居を決め、荷物の手配もすべて終えたのに、インターネットの引っ越しを忘れていたという人は少なくありません。

自宅のインターネット環境は既になくてはならないものとなっているので、手続きの遅れは生活にたくさんのデメリットを及ぼすことでしょう。

スムーズに新生活を始めるためにも、こちらでは引っ越しをする際に必要なインターネット関連の手続きと、いくつかの注意点をご紹介いたします。

引っ越しを考えている場合は、以下の内容をチェックして早めにインターネットの環境を整えておきましょう。

特に毎日動画の視聴やネットゲームを行う、自宅でパソコンを使った仕事をするといった人にとっては、インターネットの引っ越しが重要なポイントとなります。

ぎりぎりになってから慌てないように、この機にしっかりと流れを知っておきましょう。


引っ越しのときはインターネットの契約をどうすればいい?

引っ越しのときはインターネットの契約をどうすればよいか

まずは継続するか解約するかを決めよう

既にプロバイダと契約してインターネットを利用している場合、引っ越しのときは現在の契約を継続するか、もしくは解約するかの2つから選択することになります。

現在のインターネット環境に満足しているのかどうか、引っ越しを機に考えてみるといいでしょう。

現在自宅で主に利用されているインターネットは「光回線」ですが、ひとことで光回線といってもそこにはさまざまな会社があり、それぞれ独自のサービスや魅力を提供しています。

フレッツ光、au光、NURO光など、おおまかに分けてもこれだけの種類があり、現在進行形で技術やサービスの充実度が高まっているのです。

乗り換えることでさらに便利に、そしてお得になる場合もあるので、今使っているインターネットが本当に自分に合っているのかを、まずは考えてみてください。

どちらにしても早めの対応は必要

現在のインターネット契約を継続するにしろ解約するにしろ、引っ越しに間に合わせるためには早めに連絡して対応してもらう必要があります。

場合によっては工事や新たな契約手続きが求められることがあり、新居で利用を開始するまでに時間がかかってしまう可能性があるのです。

インターネットを利用できない空白の期間を作らないためにも、引っ越しを検討し始めた段階でプロバイダを選択するのがおすすめされます。

インターネットの引っ越しにかかる時間はまちまちですが、繁忙期である3~4月には1ヶ月以上前の連絡が必要となることも。

いずれにせよ早めであることにこしたことはないので、インターネットの引っ越し手続きはスピーディに進めていきましょう。

インターネット契約を継続する場合の手続き・注意点

インターネット契約を継続する場合の手続き

契約している会社への連絡

現在のインターネット契約をそのまま継続する場合は、手続きのために契約会社への連絡を行いましょう。

新たに契約をし直す必要はありませんが、引き継ぎのために切り替え作業は絶対に必要となるので、忘れずに契約会社のホームページなどを確認してください。

継続の際に基本的に必要とされるのは、現在の契約情報(回線のIDなど)と引っ越し先の住所です。

インターネット契約時の書類などを確認して、手続きを進めていきましょう。

WEB上で手続きができるケースも増えてきていますが、インターネットの契約後初めての引っ越しの場合は、細かな点を確認できる電話での手続きがおすすめされます。

引っ越しの意思表示ができれば、その後は工事やその他のスケジュールを確認するための連絡があるはずなので、欠かさずに受けるようにしましょう。

引っ越し先が現在のインターネット契約に対応しているか

インターネット契約を継続するには、引っ越し先が現在の環境に対応しているかどうかチェックする必要があります。

引っ越し先の地域によっては、回線もしくはプロバイダが対応していないことがあり、継続した利用ができない可能性があるのです。

たとえばマンションへの引っ越しの場合、あらかじめその建物が契約しているインターネット回線を利用しなくてはならないことがあります。

また一戸建てでも地域によっては契約に制限がかかり、既存の環境を引き継げないこともあるようです。

それらに当てはまってしまった場合は別の回線やプロバイダとあらためて契約する必要が出てくるので、引っ越しのスケジュールに間に合わなくなる可能性が高くなってしまいます。

引っ越し後も現在の契約を続けたいのなら、新居がどのようなインターネット契約に対応しているのか事前に確認しておきましょう。

同じ契約でも今と同じように使えるとは限らない

インターネットの回線速度は、地域や周囲の利用状況によって左右されることがあります。

そのためたとえ同じ契約内容を継続した場合でも、速度に若干のちがいが出てくる可能性はあるでしょう。

マンション住人のインターネット利用率や入居数、回線設備の充実度によっても速度は変容するため、引っ越し先の環境によってはある程度許容する必要が出てくるかもしれません。

実際に引っ越してインターネットを利用してみないとわからないため、引っ越しの際の一種のリスクだともいえるでしょう。

もし引っ越してからインターネットの速度が遅くなったという人は、あらためて回線やプロバイダの変更を検討してみるのもおすすめです。

インターネット契約を解約する場合の手続き・注意点

インターネット契約を解約する場合の手続き

解約と同時に新規の申し込みも行う

引っ越しを機にインターネットの契約を見直す場合は、現在の回線とプロバイダにその旨を連絡しましょう。

解約時期を調整して、引っ越しのタイミングですべての契約が終了するようにすれば、滞りなくインターネット環境を移行することができます。

そして解約を申し込むと同時に、新規のインターネット契約も行っていきましょう。

解約してから探すのではなく、あらかじめ移行先の回線やプロバイダを見つけておき、すぐに手続きが始められるようにしておくのがポイントです。

回線を引くための工事の有無などによってインターネットの開通時期は変わってくるので、なるべく早めに連絡して引っ越し後すぐに使えるようにしておきましょう。

インターネットの契約先を変更すると料金の支払い方法や金額も変わる可能性があるため、事前にきちんと契約内容をチェックしておくようにしてください。

解約時に違約金が発生する可能性もあり

契約している内容によっては、解約のときに違約金が発生する可能性があります。

特にインターネット契約をしてから日が浅い、もしくは最近更新等を行ったばかりの人は、引っ越しの際に違約金を覚悟しなければならないかもしれません。

違約金を支払いたくない場合は、現在のインターネット契約を継続するか、違約金がかからないタイミングでの引っ越しを計画しましょう。

いつ契約したのかわからない。契約の書類などを紛失してしまった。そんなときでも回線やプロバイダを契約している会社のサポートに連絡すれば、違約金が必要かどうかすぐに確認してくれます。

インターネット契約の解約を検討している段階で、とりあえず違約金が発生するかどうかチェックしておくのもおすすめです。

違約金の有無によってインターネットの乗り換えを決めるのも、1つのきっかけになることでしょう。

メールアドレスなどが使えなくなる

現在のプロバイダと契約した際に、メールアドレスをもらった記憶はありませんでしょうか。

契約を解除するとそのメールアドレスも利用が不可能となるので、日常的に使っている場合は注意が必要です。

たとえばインターネットサービスへの登録や仕事の連絡先として利用しているのなら、解約前にすべて別のものに変更しておきましょう。

プロバイダのなかには利用しているメールアドレスを月額で使い続けられるサービスもあるので、どうしてもそのアドレスが必要な場合はチェックしてみましょう。

また別のプロバイダに変更した際にメールアドレスをもらえることもあるので、新規で契約する内容にメールアドレスの取得があるか確認してみるのもおすすめです。

引っ越し時の手続きが面倒ならモバイルWi-Fiもおすすめ

手続きが面倒ならモバイルWi-Fiもおすすめ

固定回線にはない魅力がある

最近は固定回線だけでなく、Wi-Fiだけの利用が行える「モバイルWi-Fi」も普及しています。

引っ越し時の手続きを面倒に感じるなら、回線とプロバイダの移行をきっかけに光回線から乗り換えてみるのもおすすめできるでしょう。

モバイルWi-Fiをメインの回線とすれば、次回以降の引っ越しをスムーズに行うことができます。

仕事の転勤などで引っ越しの機会が多い人は、モバイルWi-Fiの方が便利に使えるかもしれません。

Wi-Fiを使ったモバイルスタイルなら、自宅以外の場所でも気軽に強度なインターネットが使えます。

外でパソコン作業や大容量のダウンロードを行うことも可能となるので、固定回線にはない魅力を体験できるでしょう。

モバイルWi-Fiなら引っ越しの手続きも簡単

モバイルWi-Fiの場合、引っ越し時の手続きに必要なのは住所変更のみです。

契約の更新に時間がかかることがないおかげで、忙しい引っ越しの最中でもスムーズにインターネットの移行が行えるでしょう。

基本的に引っ越し先に本体を持ち運ぶだけでOKなので、工事の連絡や新規契約の必要も当然ありません。

そのまま使い続けることができるため、インターネットを切らさずに利用したい人にこそモバイルWi-Fiはおすすめできます。

引っ越し先によっては電波状況に変化がある可能性も

モバイルWi-Fiも場所によって電波の受信強度に変化があるため、引っ越したことで使い心地が変わるかもしれません。

あまりに遠い引っ越しの場合は、そもそもモバイルWi-Fiの利用圏外である可能性もあるので、ホームページなどで使えるかどうか確認しておくといいでしょう。

もし利用ができなかった場合は、あらためて別のモバイルWi-Fiか固定回線を契約する必要が出てきます。

引っ越し後に気づくとそこから回線を契約するまでに時間がかかってしまうので、モバイルWi-Fiを使っていても引っ越し先の電波環境はしっかりと確認しておきましょう。

電波状況を考慮して、引っ越し後はモバイルWi-Fiと固定回線の両方でインターネットを使うのもおすすめです。

インターネットの乗り換えキャンペーンでお得な利用を狙ってみよう!

乗り換えキャンペーンでお得な利用を狙ってみよう

インターネット回線の乗り換えにはキャンペーンがつきもの

光回線をはじめとしたインターネットサービスには、乗り換え時にお得なメリットがあるキャンペーンがつきものとなっています。

引っ越しはそんな乗り換えキャンペーンを利用するよい機会となるので、事前にサービスの概要をチェックしておくといいでしょう。

キャンペーンの特典はさまざまで、自身の環境や条件によって変わってくるのが特徴です。

特に「キャッシュバック」「豪華プレゼント」などが魅力的で、有効に利用できれば引っ越し後の生活にプラスとなることでしょう。

キャンペーンは基本的に自分から申し込まなければ受け取ることはできないため、引っ越し時には忘れずに確認しておいてください。

キャッシュバックに期待できる

インターネットの乗り換え時に特定の条件を満たすことで、現金のキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンもたくさんあります。

数万円単位のキャッシュバックが多く、場合によっては引っ越し費用をまるまる賄うことができるかもしれません。

少しでも引っ越しでかかった負担を軽くしたいのなら、キャッシュバックはおすすめのキャンペーンとなります。

キャッシュバックを受け取るまでに時間がかかることもありますが、現金であればその後の利用が自由となるので、かなりお得なメリットとなるでしょう。

どうしても引っ越しにはさまざまなお金がかかるので、インターネットを乗り換えることでキャッシュバックを得られるのなら積極的に狙っていくといいですね。

豪華商品のプレゼントもあり

乗り換えキャンペーンのなかには、豪華商品をプレゼントされるものもあります。

最新のゲーム機やパソコンといった高価なアイテムが多いので、元より購入を検討しているものがあるのなら乗り換えキャンペーンを利用してタダで手に入れてみてはいかがでしょうか。

引っ越しを理由に新しいゲーム機やパソコンが欲しくなることは多いため、キャンペーンでゲットできるのならお得な体験となります。

実際に数万円分のキャッシュバックと同じだけの価値があるので、興味のある商品が思いつくのならプレゼントキャンペーンを利用してみてください。

キャンペーンを受けるための注意点

インターネットの乗り換えキャンペーンを利用するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

条件はそのキャンペーン内容によって変わるので、あらかじめ概要をチェックしておきましょう。

ただ契約するだけではキャンペーンが適用されない場合もあるため、実際にそのインターネット回線を導入する前にきちんと確認しておいてください。

WEBからの申し込み時にだけ利用可能な限定キャンペーンなども多いので、引っ越しの際にはこまめにリサーチしておくことがおすすめです。

まとめ

引っ越しのときには家具や家電の移動だけでなく、インターネットの移行まで考えなければなりません。

上記で手続きと注意点をチェックして、間違いなくインターネットの引っ越しを完了させましょう。

乗り換えキャンペーンなどは、知らないままではそのメリットを受け取ることができません。

しっかりと事前に確認を行って、最高の形で引っ越しを行えるように準備をしておきましょう。


この記事を書いた人

syunkin
ガジェット、書籍、仮想通貨などを専門に執筆しているフリーライターです。新しい情報を読む楽しさを、少しでも提供できたらうれしく思います。
書いた記事の一覧へ