エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

大人も子供も楽しい「成田ゆめ牧場」のアクセス・駐車場・料金など

成田ゆめ牧場の牛さん広場


こんにちわ、さすライダーです。

僕は自然と動物が大好きですが、首都圏だと中々触れる機会がないので、自ら定期的に触れるようにしています。

なぜなら、自然と動物に触れると、心が穏やかになり、脳がリフレッシュされ、結果として遊びや仕事に全力投球出来るからです。


そもそも、人は動物、つまりは自然の一部なので、自然と動物に触れることは、命のエネルギーチャージになります。

ということで今回は、首都圏屈指のエネルギーチャージ場「成田ゆめ牧場」を紹介していきます。

首都圏民の憩いの場「成田ゆめ牧場」とは?

成田ゆめ牧場の入り口


日本の玄関口「成田空港」を有する、千葉県は成田市にある「成田ゆめ牧場」は、東京ドーム7個分の広大な敷地の持つ、自然と動物と触れ合えるレジャー施設です。

かわいい動物たちと触れ合えることは勿論、アーチェリーやトロッコ列車などの各種アトラクションも充実しており、その上しぼりたての牛乳やスイーツも味わえる、大人も子供も一日中楽しめる場所です。

車は勿論、首都圏から電車でアクセス出来る立地の良さもあり、関東屈指のレジャースポットとして人気の場所です。

実際に「成田ゆめ牧場」に行ってきました

成田ゆめ牧場の園内の様子


2019年の1月某日、某バイクイベントに行くついでに(会場が隣だった・笑)立ち寄った「成田ゆめ牧場」ですが、思いのほか楽しく、印象に残っているので、実際に訪れた感想をまとめてみました。

成田ゆめ牧場の場所・アクセス・駐車場について

成田ゆめ牧場への車でのアクセス


成田ゆめ牧場は、千葉県の成田市にあり、車・バイクと電車でのアクセスが可能です。

車・バイクの場合は、東京方面からは、東関東自動車道大栄ジャンクションから、圏央道つくば方面へと進み、1つ目の出口の「下総インターチェンジ 」で降りて、あとは5分くらいの場所です。

また、駐車場は車が1日600円、バイクが1日300円と、関東圏ではなかなか良心的な価格です。


ちなみに僕は、船橋からオール下道で、成田ゆめ牧場まで行きましたが、だいたい1時間半くらいかかりました(普通の交通状況)

次に、電車でのアクセスは、東京駅から総武線快速で成田駅まで行き、そこから成田線に乗って「滑河駅」で降りると、あとは成田ゆめ牧場までの無料シャトルバスが出ています(トータル2時間弱です)

成田ゆめ牧場の営業時間や休園日・混雑状況について

成田ゆめ牧場の園内の様子


成田ゆめ牧場の営業時間は「9:00〜17:00」で、12月〜2月の冬季期間中は「平日:10:00〜16:00、休日9:30〜17:00」です。

ちなみに休園日はなく、年末年始を含めて通園営業しています。

混雑状況としては、関東のレジャー施設らしく、週末や連休期間中はとても混雑しますが、しかし、冬の期間中はそうでもありません。


事実、僕は1月の土曜日(しかも隣でイベント開催中)に、成田ゆめ牧場に行きましたが、決して閑散としてる訳ではありませんが、人が多くて疲れる・並ぶということはありませんでした。

なので、ゆっくり見たい場合は平日、または冬の期間中(週末でも)に成田ゆめ牧場に訪れるのがオススメです。

成田ゆめ牧場の入場料金やチケット・割引券について

成田ゆめ牧場の入場料金表


成田ゆめ牧場の入場料金は「大人1400円(子供700円)」で、僕としてはこの手の施設にしては、ちょっと高いかなという印象です(いわゆる関東価格です)

しかし、成田ゆめ牧場には、下記の気象状況による、ユニークな割引制度があるので、うまく活用すれば安く入場する事が出来ます。

成田ゆめ牧場の「雨の日割引」について

成田ゆめ牧場の「雨の日割引」とは、入場日当日、朝8時時点の「weathernews 成田市」の降水確率が、そのままチケットの割引(降水確率パーセント分)になるという割引です。

例えば、当日の降水確率が50パーセントなら、通常1400円のところが半額の700円で入場出来ます。

しかも、実際には雨が降っていなくても、この割引は適用できるので、つまり降水確率が高い割に雨が降らない日は超お得です。

なお、成田ゆめ牧場のホームページにある専用用紙に、必要事項の記入が必要です。


成田ゆめ牧場の「汗の日割引」について

成田ゆめ牧場の「汗の日割引」とは、入場日当日、朝8時時点の「weathernews 成田市」の予想最高気温が33度以上になれば、気温と同じパーセント分が、入場料金から引かれる割引です。

例えば、当日の予想最高気温が35度なら、1400円の35パーセント分(490円)が割引になり、910円で入場する事が可能です。

最低でも、33パーセント分が割引になるので、通常よりもかなりお得に入場が出来ますが、くれぐれも熱中症対策をお忘れなく。

なお、雨の日割引と同じく、成田ゆめ牧場のホームページにある専用用紙に、必要事項の記入が必要です。


成田ゆめ牧場の「氷点下割引」について

成田ゆめ牧場の「氷点下割引」とは、入場日当日、朝8時時点の「weathernews 成田市」の予想最低気温が、氷点下になった場合「予想最低気温×10パーセント」分が入場料から引かれる割引です。

例えば、当日の予想最低気温が3度なら、1400円から30パーセント割引の、980円で入場する事が出来ます。

成田ゆめ牧場の冬シーズンは、週末でも混雑とは無縁(状況によります)なので、寒さ対策を十分にすれば、安く入場出来てゆっくり見れるお得な制度です。

なお、他の割引と同じく、成田ゆめ牧場のホームページにある専用用紙に、必要事項の記入が必要です。


成田ゆめ牧場の園内の楽しみ方とランチ事情について

成田ゆめ牧場の園内マップ


成田ゆめ牧場には、これといった規定ルートがある訳ではなく、来場者が自由に園内を散策するタイプのレジャー施設です。

園内の至る所にいる、可愛い動物と触れ合うも良し、アーチェリーやパターゴルフで遊ぶも良し、セグウェイやトロッコ列車に乗るも良しです。

動物は、餌やりやアヒルのレースなど、時間によって随時イベントが開催されているので、その日の予定をあらかじめ確認しておきましょう(無料のものと有料のものがあります)

なお、僕のオススメは、牛の乳搾り体験で、11:00と14:30の1日2回、無料で楽しむ事が出来ます。


成田ゆめ牧場の餌やり体験
園内の動物には餌をあげる事が出来ます(餌代は有料)

成田ゆめ牧場のアヒルレース
アヒルレースはめちゃめちゃ可愛いです(参加・観覧ともに無料)

成田ゆめ牧場の牛の乳搾り体験
牛の乳搾り体験は是非参加しましょう(無料)


犬を連れている方は(犬の入場料が別途かかります)ドッグランで愛犬と遊ぶことも出来ますし、専用のシャワールームでスッキリさせてあげるのも良いかもしれません。

また、園内には、何軒かカフェやレストランがあるので、しぼりたての牛乳やスイーツ、ハンバーガーやピザなどの軽食、バーベキューなどを楽しむことが可能です。

もちろん、お弁当を持ち込むことも可能なので、レジャーシートを持って、ピクニック気分を味わうのもオススメです。


成田ゆめ牧場のドックランコーナー
愛犬と広いドックランで遊びましょう

成田ゆめ牧場のホエイサイダー
名物のホエイサイダーはオススメです!


成田ゆめ牧場のキャンプ場について

成田ゆめ牧場には、キャンプ場が併設されており、車・バイク横付けのオートキャンプが楽しめます(キャンプ場だけの利用も可能、あくまで牧場とは別扱い)

綺麗な炊事場やトイレ、24時間利用可能なシャワールームなどの設備が充実しており、快適にキャンプを楽しむ事が出来ます。

また、キャンプ場利用者は、チェックアウトをする日の営業時間までに、成田ゆめ牧場の出入りが何度でも自由に出来る特別チケット(優待価格)を購入する事が出来ます。

成田ゆめ牧場のアクセス・駐車場・料金など解説 まとめ

成田ゆめ牧場の牛舎内の様子


首都圏からのアクセスが良い、成田ゆめ牧場は「自然・動物不足」に陥りやすい現代人の、貴重なエネルギーチャージスポットです。

大人も子供も、思い切り楽しめるスポットなので、是非一度行ってみましょう。

この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^
書いた記事の一覧へ