エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

作業環境改善!長時間でも疲れないオススメのパソコンチェアとは?

長時間のパソコン作業を快適にするパソコンチェア のイメージ


こんにちわ、ライターとして毎日長時間パソコンと向き合う、さすライダーです。

パソコンとガジェットには投資したけど、いまいち作業が捗らない、、、そもそも腰と肩が痛い、、、それは恐らく「パソコンチェア 」に投資していないからです。

どんなに良いパソコンを使っても、どんなに爆速のストレージを揃えても、自分が座りっぱなしで、疲れてしまっては元も子もありません。


世の中何事も体が資本です!いかに快適に、自分の体に優しく作業できるか?これこそが真の意味での投資です。

ということで、今回は費用対効果抜群の投資「パソコンチェア」を解説していきます。

パソコンチェアは費用対効果の高い投資

費用対効果が高いパソコンチェア への投資


パソコンチェアとは、長時間のパソコン作業を快適にこなすためのワークチェアです。

本来人間は、座りと立ちを繰り返すのが普通で、毎日パソコンの前で長時間座っていると腰痛や肩こり、体のダルさなどが出てくるのは必然なのです。

そして、その疲れを軽減してくれる救世主が「パソコンチェア 」で、疲れにくい姿勢をサポートしてくれる、大変頼もしいアイテムなのです。


具体的には、快適なフィット性やクッション性、背もたれやフットレスト、休憩時のリクライニング機能などで、ユーザーの疲労を軽減してくれます。

疲労が減るということは、その分作業に集中出来るので、結果としては「今まで以上に仕事がこなせる=稼げる」という好循環が生まれ、そのためパソコンチェアの導入は、費用対効果が抜群の投資と言えます。

近年は、YouTuberやブロガーなど、好きなことを仕事にするフリーランスの増加で、作業場が会社から自宅へとシフトしつつあり、そのためパソコンチェアの需要は増加傾向にあります。

パソコンチェアの種類について

パソコンチェアには「回転式モデル・エルゴノミクスモデル・エグゼクティブモデル」の3種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

スタンダートなパソコンチェア「回転式モデル」

スタンダートなパソコンチェア「回転式モデル」のイメージ


最もスタンダードかつリーズナブルな、いわゆるオフィスチェアです。

会社でよく見かける、クルクル回るチェアで、価格が安く導入しやすいチェアですが、どうしても座面が固めなのが難点です。

しかし、一般的なチェアよりは、遥かに快適に作業が出来るので、まずは普通の椅子から卒業したい人にオススメです。

長時間の作業でも疲れないパソコンチェア「エルゴノミクスモデル」

長時間の作業でも疲れないパソコンチェア「エルゴノミクスモデル」のイメージ


人間工学に基づいた設計により、長時間の座り作業でも疲れにくいパソコンチェアです。

人間の背中に沿った、フィット感の高い背面パネルや、腰をサポートするランバーサポートなどを実装しており、常に正しい姿勢で作業することが出来ます。

価格の相場はかなり高めですが、それこそ投資の観点から言えば、費用対効果は絶大です。

究極の座り心地のパソコンチェア「エグゼクティブモデル」

究極の座り心地のパソコンチェア「エグゼクティブモデル」のイメージ


どこかの社長が座っていそうな、ラグジュアリーな見た目なパソコンチェア です。

まるで包み込まれるような、究極の座り心地がクセになるモデルで、リラックスしなら作業を進めることが出来ます。

しかし、全体的に大柄なものが多く、導入出来る部屋が限られるのが難点で、メンテナンスにも手間がかかります。

前傾姿勢のチェアか?後傾姿勢のチェアか?

パソコンチェア には「前傾姿勢」のものと「後傾姿勢」のものがあり、両者の主な特徴は以下の通りです。

ノートパソコンユーザーに最適「前傾姿勢タイプ」

主にノートパソコンを使っているユーザーにオススメなのが「前傾姿勢タイプ」です。

視線を斜め下あたりに落とす作業に、最適な作りになっており、チェアの背もたれと座面が、前のめりに可動してくれます。

また、全体的に省スペースな作りのものが多く、作業部屋が広くないユーザーにも導入しやすいのが「前傾姿勢タイプ」です。

デスクトップパソコンユーザーに最適「後傾姿勢タイプ」

背もたれに寄りかかって作業できる「後傾姿勢タイプ」は、主にデスクトップパソコンユーザーにオススメのタイプです。

全体的に座り心地がよく、長時間の作業でも疲れにくい事が特徴で、休憩時間は大いにリラックス出来ます。

ノートパソコンユーザーでも、パソコンを台座の上に置いたり、スタンディングデスクを併用すると「後傾姿勢タイプ」でもマッチします。

パソコンチェアの素材について

パソコンチェアの素材には、主に「布・メッシュ・レザー」の3種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

素材に布を使っているパソコンチェア

素材に布を使っているパソコンチェア のイメージ(布素材)


布はパソコンチェアの素材としては、最も多く使われている素材です。

手触りや硬さは布の種類によりまちまちですが、全体的にコスパが良い傾向にあります。

デメリットとしては、チェアに着いた汚れが落ちにくいので、飲み物などをこぼさないように気を付ける必要があります。

素材にメッシュを使っているパソコンチェア

素材にメッシュを使っているパソコンチェア (メッシュ素材)


メッシュ素材を使っているパソコンチェアは、蒸れにくく快適に作業することが出来ます。

重量や見た目がコンパクトなものが多く、作業スペースが狭いユーザーにもオススメできます。

しかし、中にはメッシュの耐久性に難があるものがあるので、一度実物を見て確かめてみることをオススメします。

素材にレザーを使っているパソコンチェア

素材にレザーを使っているパソコンチェアのイメージ(レザー素材)


耐久性に優れた、レザー素材を使っているパソコンチェアは、長く良いものを使いたいユーザーにオススメです。

レザーが馴染むまでは、座り心地が多少固めに感じる場合もありますが、見た目の雰囲気や質感が良いので、セルフイメージが上がります。

デメリットとしては、定期的なメンテナンスが必要になる素材なので、若干の「維持費」がかかってしまうところです。

パソコンチェア選びのチェックポイント

パソコンチェアを選ぶ際のチェックポイントを解説していきます。

アームレスト・フッドレスト・ヘッドレストの有無をチェック

アームレスト・フッドレスト・ヘッドレストの例


アームレスト・フッドレスト・ヘッドレストの有無は、チェアの座り心地に大きく影響します。

作業中はもちろんのこと、休憩時にはこれらの有無でかなり差が出てきます。

ただし、デスクの高さによっては、特にアームレストは邪魔になる可能性があるので、購入前にデスクとの干渉具合をチェックしておきましょう。

リクライニング機能の有無をチェック

リクライニング機能のイメージ


ちょっと休憩でもしようかな!という時に、リクライニング機能があるチェアだとリラックスすることが出来ます。

作業中でも、背もたれが自由に動かせる方がストレスが少ないので、リクライニング出来る幅をチェックしておきましょう。

ランバーサポートの有無をチェック

ランバーサポートの例


ランバーサポートとは、正しい姿勢を矯正するサポート器具のことで、特に腰痛持ちのユーザーには必須の装備です。

ランバーサポート付きのパソコンチェアに腰掛けると、自然に正しい姿勢で着座出来るようになり、姿勢の乱れによる腰の負担を軽減してくれます。

長時間でも疲れないオススメのパソコンチェア10選

Amazonで購入できるオススメのパソコンチェアを10点紹介していきます。

なお、商品価格が安い順番から記載しています。

SANWA SUPPLY SNC-A1ABL OAチェア

SANWA SUPPLY SNC-A1ABL OAチェア


リーズナブルな価格で、誰でも導入しやすいパソコンチェア です。

回転式のスタンダードなチェアで、背もたれは低いですが、パソコンチェア としての最低限の機能は満たしています。

また、軽量・コンパクトな設計になっているので、どんな作業部屋にも導入しやすいというメリットがあります。


SANWA SUPPLY SNC-A1ALGY OAチェア ライトグレー

SANWA SUPPLY SNC-A1ALGY OAチェア ライトグレー


OSJ メッシュオフィスチェア 上下左右可動式 ハイバック

OSJ メッシュオフィスチェア 上下左右可動式 ハイバック


シートにメッシュ素材を採用している、背もたれに余裕のあるパソコンチェア です。

そのしっかりとした見た目に反して、とてもリーズナブルなモデルで、7色あるカラーバリエーションの多さも魅力のひとつです。

また、さすがに全面リクライニングは出来ませんが、最大30度のロッキング機能は備わっています。



アイリスプラザ オフィスチェア 170度リクライニング ハイバックチェア

アイリスプラザ オフィスチェア 170度リクライニング ハイバックチェア


休憩時に最適なフットレストを装備しているパソコンチェア です。

最大170度のリクライニング機能とフットレストで、ほぼ横になって休憩する事ができます。

大柄な男性でも余裕のサイズ感で、しかも1万円代で買えるコスパの良さも見逃せません。



【DXRACER正規品】DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN

【DXRACER正規品】DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN


今話題の「eスポーツ」で有名な、プロゲーマー御用達メーカー「DXRACER」のゲーミングチェアです。

ゲーミングチェアは、長時間画面を見る前提で作られているので、実はパソコン作業用途にも向いています。

躍動感あふれるダイナミックなデザインが、創作意欲を刺激してくれる事間違いなしです。


【DXRACER正規品】DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN ブラック

【DXRACER正規品】DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN ブラック


DUOREST(デュオレスト) DRシリーズ チェア

DUOREST(デュオレスト) DRシリーズ チェア 


人間工学のノウハウを凝縮した、エルゴノミクスタイプのパソコンチェア です。

二股に分かれた特徴的な背もたれが、体にかかる負担を分散することにより、ユーザーの疲労を極限まで減らしてくれます。

また、厳しい耐久テストをクリアしているので、高い耐久性も持ち合わせています。


DUOREST(デュオレスト) DRシリーズ チェア ブルー DR-7501SP(TBE)

DUOREST(デュオレスト) DRシリーズ チェア ブルー DR-7501SP(TBE)


オカムラ オフィスチェア ビラージュ デスクチェア

オカムラ オフィスチェア ビラージュ デスクチェア


背もたれのモダンなデザインが特徴的なパソコンチェア です。

随所に人間工学を取り入れた、とても座り心地の良いチェアで、特に座った時の背中のフィット感は癖になるレベルです。

快適性はもちろん、人とは違ったデザインのチェアが欲しいユーザーにオススメのモデルです。



Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM

Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM


人間工学に基づいた、ハイクオリティな椅子を多くリリースしている「Ergohuman」のパソコンチェア です。

座った瞬間に分かる座り心地の良さは、変な姿勢をとることの方が難しく感じるほどです。

1日10時間以上の作業でも疲れないと言われる快適さは、一度味わうと病みつきになります。


Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM GY (KM-10)

Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM GY (KM-10)


イトーキ デスクチェア オフィスチェア スピーナ クロスバック

イトーキ デスクチェア オフィスチェア スピーナ クロスバック


全8色の鮮やかなカラーバリエーションが魅力の快適パソコンチェアです。

ユーザーが座ると同時に、座面が沈みながら後方にスライドするという独自機構により、どんなユーザーの体型にもフィットします。

機能性とデザイン性を高い次元で融合させたハイスペックなパソコンチェアです。



HermanMiller エンボディチェア グラファイト W75

HermanMiller エンボディチェア グラファイト W75


デスクワーカーの憧れ「アーロンチェア」を有する「HermanMiller」のゆったりとしたパソコンチェア です。

20万オーバーの価格に見合った、最高級の座り心地と快適性を備えており、仕事抜きで1日中座っていたくなる至高の逸品です。

後傾姿勢タイプのチェアで、腰を据えてじっくりと作業に取り組む事が出来ます。


HermanMiller エンボディチェア グラファイト W75 背・座バランスブラック CN122AWAA G1 BB 3513

HermanMiller エンボディチェア グラファイト W75 背・座バランスブラック CN122AWAA G1 BB 3513


コクヨ オフィスチェア プント CR-GA2465F6L7E6

コクヨ オフィスチェア プント CR-GA2465F6L7E6


オフィス用品の王道メーカー「コクヨ」が作った最高品質のエグゼクティブチェアです。

素材に本皮を採用している高級モデルで、その質感や座り心地のどれもが一級品です。

背もたれと座面が連動して動く「シンクロクロッキング機能」により、ユーザーの体の負担を確実に軽減してくれます。



長時間でも疲れないオススメのパソコンチェアとは? まとめ

パソコン本体や周辺ガジェットへの投資も大切ですが、一番費用対効果が高い投資は「パソコンチェア」です。

長時間の作業でも、疲れにくい環境を手に入れれば、今まで以上に仕事が捗る事間違いなしです。

この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^
書いた記事の一覧へ