エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

ペンタブで絵を描こう!初心者におすすめのペンタブレットはどれ?


ペンタブを使って絵やイラスト、漫画を描いている人結構多いですよね。
実は、おすすめのペンタブが知りたいと思って、いろいろと探しているところなんです。
学生時代にちょっと絵を描いたことがあったけど、今更本格的な絵にチャレンジするのは大変…でもペンタブでサッと描けたらかっこいいですね。
そこで、僕のようにペンタブで絵やイラストにチャレンジしたいという人のために、おすすめ商品をご紹介します。
ペンタブのことをあまりよく知らないという人も、これを見れば絵を描きたくなること間違いなしですよ!

ペンタブ(ペンタブレット)とは?


そもそもペンタブとはどのようなものなのでしょうか?
ペンタブとはペンタブレットの略で、パソコンでイラストや漫画などを描くときに必要になるアイテムです。
パソコンでイラストや漫画を描くときは「お絵かきソフト」があればOKと思っている方もいるかもしれませんが、ペンタブがないと書けないので注意しましょう。
でも、ペンタブさえあれば簡単に、綺麗な絵が描けちゃうというから驚きです。

ペンタブの種類

ペンタブと一言で言ってもさまざまな種類があります。
好みに合わせて選んでみましょう。

板タブレット(板タブ)

絵を描くスペースとペンがついている入力機器でパソコンに接続して使います。
タブレットの画面上で専用のペンを動かすと、パソコンの画面に反映されます。
マウス操作はもちろん、ペンを使って線を書いたり、絵を描いたりできます。
ディスプレイを見ながら操作するので姿勢が猫背になりにくく、疲れにくいです。
また、描いている手がディスプレイに被らないので描きやすいというメリットもあります。
通常絵を描くときは手元を見ながら描きますが、こちらはディスプレイを見ながら描くので慣れるまでには時間がかかる人もいるようです。

液晶タブレット(液タブ)

いわゆる通常のタブレットのように画面が液晶になっているタイプです。
パソコンに接続することで液晶画面に絵を描けるようになります。
手元を見ながらの作業になるので、通常紙に絵を描いている人は扱いやすいです。
しかし、ペンタブレットと比較して価格は高めです。

タブレットPC

いわゆる通常のタブレットPCでも筆圧感知機能対応のものはペンが使え、ディスプレイに直接絵を描くことができ、ペンタブレットを接続しなくても使用できます。こちらの使い心地は液タブと同じです。
もし、タブレットPCの購入を検討しているなら、筆圧感知機能に対応しているかどうかチェックすれば手軽に絵を描くことができます。

iPad

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド
AppleのiPadは別売りの「Apple Pencil」というものを使用することで筆圧感知機能を使用した絵などを描くことができます。撮った写真をすぐに読み込んで利用するといった使い方もできますので、iPadを持っている人はぜひApple Pencilを購入して絵を描いてみてください。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

ペンタブの選び方

モニターとペンタブのサイズを合わせる

ペンタブを購入する際は、サイズ選びが肝になります。
はじめて買うから安いものでいいか、と小さいサイズを買ってしまって結局買い替える羽目になったという人もいるようです。
ペンタブを選ぶときは、肘を軸にして描くならLサイズ、手首を軸にして描くならS・Mサイズという具合に選ぶのが一般的です。
もしどちらで描いているかわからない、またどちらでも描くことがあるならMかLサイズを選びましょう。
また、PCの画面と板タブの画面は合わせた方がいいと言われています。
PCの画面は大きいのに板タブが小さいと描き心地は悪くなってしまいますので、モニターとペンタブのサイズはきちんとチェックしておきましょう。

筆圧レベルをチェックする

筆圧レベルは2048、4098、8192の3種類が一般的で、数字が大きくなるにつれて感度がよくなります。
プロの人は8192を使用することが多いですが、本格的な絵を描く前に試す程度なら4098がおすすめです。
価格は数字が大きくなるほど高くなります。

便利機能の有無

ファンクションキーがついているものは、作業効率アップにつながるのでできるだけついているものを選びましょう。
ホイールというものがついていると、ブラシのサイズ変更やキャンパスを回転させるのに便利です。

おすすめのペンタブ5選

それでは、おすすめのペンタブを5つ見ていきましょう!

XP-Pen ペンタブ バッテリー充電不要 8192レベル筆圧 8個エクスプレスキー

XP-Pen ペンタブ バッテリー充電不要 8192レベル筆圧 8個エクスプレスキー 10*6.25インチ Deco01
10×6.25インチの作業エリア、8mmという薄さで持ち運びにも便利です。
筆圧は8192レベルですが、価格が5,999円とリーズナブルなのもうれしいポイントです。
P03Sスタイラスペンは、バッテリーフリーで実際にペンを使っているかのようななめらかな描き心地です。
充電が不要なのでストレスなく使用できます。
はじめてペンタブを購入するのにおすすめの商品です。

Huion H640P ペンタブレット 8192筆圧

Huion H640P ペンタブレット 8192筆圧 6x4インチ お描き osu ドローイングソフト対応
Huionはコストパフォーマンスが高いブランドで初心者におすすめのペンタブレットが揃っています。
こちらは、6×4インチで、8192レベルの筆圧とハイスペックでありながら7,278円で手が届きやすい商品です。
手袋と替え芯10個がついてくるので、たくさん描きたい人に最適。
最新式のバッテリーフリーエコペンは13gと軽く、長時間描いていても疲れにくいです。

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq 16 FHD アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D
Amazon限定商品、ペンタブで人気のブランド「ワコム(Wacom)」の液タブです。
15.6型フルHD液晶で直接描き込めるタイプです。
8192レベルの筆圧で本格的な絵が描けます。
また、こちらはAmazonのオリジナル特典として「CLIP STUDIO用カスタムブラシデータ」がついています。購入後電子メールを通じて提供されるデータでよりリアルな絵を楽しめます。

HUIONペンタブレット4.8 * 3インチイラスト入門用 H430P

HUIONペンタブレット4.8 * 3インチイラスト入門用、 osuゲーム用 4096レベル筆圧バッテリーフリーペン H430P
小さめサイズの初心者向けペンタブです。
はじめて使うペンタブとして感覚をつかみやすいサイズ感、筆圧は4096レベルですがはじめて使う分には十分です。
バッテリーフリーペンなのでストレスフリーなところも高ポイントです。

プリンストン 7.5インチエントリーペンタブレット「WoodPad」 PTB-WPD7

プリンストン 7.5インチエントリーペンタブレット「WoodPad」 筆圧レベル2048 バッテリーレスペン PTB-WPD7
木目調のデザインがスタイリッシュなペンタブです。
サイズは7.5インチ、筆圧は2048で初心者向けです。
バッテリーフリーペンで充電を気にすることなくスラスラ描けます。
デザインがおしゃれなペンタブをお探しならこちらがおすすめ!

まとめ

久しぶりに絵を描こう!と思ってペンタブを探してみてもどれがいいのかわからない…という方は、ぜひ参考にしてみてください。
PCで手軽に絵が描けたら便利ですよね。
それにブログで漫画を載せたり、ちょっとしたイラストを載せるのも楽しそうです!
お気に入りのペンタブを見つけて素敵な絵やイラスト、漫画を描いてみましょう。

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ