エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

英語教育は幼児のうちから?バイリンガルへの道を徹底検証!

f:id:yu_tsukitani:20190310144358j:plain

子どもを英会話教室に通わせるかどうか迷っている親御さんも多いと思います。大人の私も英会話教室に行っているくらいですから、昨今の外国語習得熱は冷めることを知りませんね。

ここでは子どもを英会話教室に通わせるメリットと注意点をまとめてみました。

要は楽しめるかどうかということです。

本当に英語って必要なの?

f:id:yu_tsukitani:20190310144549j:plain

まず気になるのがこの先英語を始めとする外国語を使うかどうかという疑問が出てくると思います。

この先英語を使うかどうかという問いに関しては、間違いなく「イエス」と言えます。なぜなのか一緒に見ていきましょう。

外国人労働者はこの先必ず増える

日本人が日本の公的サービス、例えば医療や安全などの質を落とさず存続させるには国の収入が必要となってきます。

しかし現在の日本の公的なサービス・制度は破綻しかけています。

今の若い人たちが将来きちんと年金を受け取れるかと言われれば、不透明な答えしか出ないと思います。

つまり国の収入もとい働き手が足りないのです。そこで政府が本腰を入れているのが「外国人労働者」を増やすことです。これは未来の話などでは全くなく、私の地域でもポルトガル人や中国人、インドネシア人、アメリカ人など様々な外国人の方が既に働いています。

そして外国人労働者の数は日に日に増えていっています。

そのような職場環境ですべて日本語で接し、業務を理解してもらうのはかなり大変なことだと言えます。英語や他の外国語を使わなければいけない環境は既に始まっていると言っていいでしょう。

部下や上司が英語でしかコミュニケーションを取れないといった事態も出てくるかもしれません。昨今の日本はグローバルと思いがちですが、大企業を除けば特殊なほどに閉鎖的であると言えます。

ビジネスチャンスが広がる

英語を習得するメリットといえば、会社勤めでの場面を想像しがちですが、個人の起業でも英語を使えるとジャングルをナイフ一本で進むか、マシンガンで進むかくらいの差が出てきます。

日本の産業はかなり飽和していますし、企業も個人事業主も日本という小さなフィールドでパイを取り合っている状態です。

しかし英語を習得して世界に目を向けてみると、参入できるマーケットは日本の比ではないくらい莫大です。そしてライバルも星の数ほどいます。

私も副業で輸出ビジネスをしていますが、文化の違いや考え方の違いで戸惑うことがたくさんあります。しかし違う国の人にお礼を言われた時の嬉しさといったら倍々で嬉しいです。

また有料で日本での暮らしのサポートビジネスなどを立ち上げるのもいいと思います。このように複数の言語を扱える人というのは必然的にビジネスチャンスがやってくるのです。

英語が使える=自信に繋がる

英語ができる自分を嫌いにはならないと思います。例えば職場で外国人を招いたミーティングをするとします。Aさんは英語堪能、Bさんは英語ができない、当然席にはAさんが招かれます。

英語ができるだけでAさんは必要な人材であると企業で認識されるのです。

ミーティングだけではなく、多くの外国人労働者の受け入れ先となっている工場の業務の流れの説明などにも英語や外国語は一役買ってくれます。

他言語スキルを持つということは自信にも繋がりますし評価もされます。そして自身の業務環境を一変させてくれます。

得られる情報量が圧倒的に増える

私は元はというとWebデザイナーとして働いていましたが、何かわからないことがあればGoogle検索をかけます。「Photoshopにおける人物の綺麗な切り抜き方」といったメジャーな問題やコツは日本語で十分探せますし情報も入ってきやすいです。

しかしWebサイト制作におけるバグや、もっと踏み込んだ情報を得ようとすると英語ができたほうが、日本語で説明しているサイトより、数百倍のアンサーに出会うことができます。

これはWebデザインに限ったことではなく、機械分野や農業などすべての産業に言えることです。

いい英会話教室の見分け方

f:id:yu_tsukitani:20190310144654j:plain

英語の必要性はお分かりいただけたと思います。では「自分の子を英会話教室に通わせたい」と思った時、どのようなポイントで教室を選ぶべきかまとめてみました。

すごく重要な部分ですのでしっかりと理解していきましょう。

他の子は楽しんでいるか

言語習得は楽しみがないとすぐに挫折します。多くの他言語修得者の挫折理由が「楽しくない」「続かない」という理由です。

単語一つにとっても興味がある単語か興味がない単語かという理由で、理解度は全く違ってきます。まず教室を見回してみて子どもに笑顔は見られるか、楽しい授業かどうかを観察しましょう。

子どもたちに元気がない、集中できていないといった様子なら教え方に問題があると言えます。

ライティングをし過ぎていないか

間違ってはいけないのがライティングも大切だということです。しかし自分の子どもが赤ちゃんだった頃を思い出してください。生まれていきなり50音をペンで書くわけではありませんよね?

成長というものは「聞く」→「話す」→「書く」という順序で、言語を学んでいきます。まずは先生の発音を聞くところから始めるべきだと言えますね。

筆記ばかりでは言葉はわかるんだけど会話ができないという子どもになってしまいます。まさに学校の勉強がそうだと言えます。

先生の経歴や英語スキルは確かなものか

先生のスキルもチェックしておきましょう。参考になるよう主なポイントを集めました。

  • 海外生活の経験はあるか
  • TOEIC・英検の実績
  • 英会話教室の方針や先生のポリシー
  • 英会話教室以外での活動

などが挙げられます。TOEICも英検も高得点が好ましいですが、何より他言語を教えることが上手い人に指導してもらうことが重要です。

このような英語習得はやめるべき!

f:id:yu_tsukitani:20190310144901j:plain

初心者が陥ってしまいがちな英語習得の間違いをまとめました。子どもにも言えることなので注意してください。

スカイプ英会話

スカイプで毎日数十分英語を話すことですが、幼少期の子どもにしては圧倒的に時間が足りないです。せめて1時間は先生に教わったほうがベストですね。そして毎回同じ先生に教えてもらうことが重要です。

スカイプ英会話では先生を指名するコースもありますが割高ですし、インターネット通信ということもあり微妙な言葉のニュアンスも感じにくい場合があります。

まずは近隣の英会話教室で子どもが片言でも話せるようになった後に、Language Exchangeという外国人と言語の教えあいをするということを行うと、英語力の伸びも早いです。Googleで「Language Exchange」と検索すると無数に該当サイトが出てきますので、一度子どもに生の英語を聞かせてみてはいかがでしょうか。

ひたすら英語ドリルで勉強

英語の単語や文法を理解することはペンを走らせれば小学生だってできます。要は「発音」と「聞いて理解すること」と「言いたいことをどのように伝えるか」と「度胸」です。

これらはドリルや参考書で勉強しても身につくものではありません。

また子どものみならず大人にも多いのですが。英会話教室ですごく勉強をしたにも関わらず、外国人を前にして何も話せなかったという方もいます。「話す勇気」を持つことも重要です。

スマホアプリで勉強

今はスマホで単語を覚えたり、文法を勉強したりすることが可能になりました。しかし相手はスマホである以上、一人で勉強していることに変わりはありません。

必要なのは人間対人間のコミュニケーションです。

顔の表情や雰囲気から相手の気持ちを察して会話することが重要です。

スマホ勉強は英会話教室と同時並行で単語を覚えていくくらいでいいと思います。スマホ一台で完結するほど言語習得は簡単ではありません。

まず子どもが興味のある単語・文章から始めよう

f:id:yu_tsukitani:20190310145046j:plain

例えば子どもがポケモンGOに熱中しているなら「Do you like Pokemon?」みたいに簡単な文章を作って頭で再生させましょう。

これでも立派な英語です。

論文を書くようなわけではないので、英会話は伝わればいいのです!

海外で何か買うときも「No!No! So expensive !!」と言うだけで複雑な文法を用いずに十分伝わります。

どれだけ簡単な英作文でも決して無駄にはなりません。パパと一緒に親子で英会話するのもいいと思いますよ。この際注意したいのが、興味のあるジャンルから英語を学ぶことです。

いきなり世界の貧困をテーマに勉強しても3日と持たないと思います。

英語だけが外国語じゃない!

世界にはいろいろな言語が存在します。英語一辺倒になるのではなく、最初から中国語を学んでもいいですし、お隣の韓国語を習えば飛行機ですぐ本場へ行けます。

英語英語と声を大にしてみなさん語りますが、英語が公用語ではない国なんてザラに存在します。

お子さんの将来を見据えて英語勉強もいいですが、バイリンガル・トリリンガルにも挑戦してみる価値はあると思います。そうなれば人生かなり楽しいですよね!

英会話教室は楽しくないとすぐ挫折します

f:id:yu_tsukitani:20190310145412j:plain

子どもも大人も英語学習には必ずマンネリする時期はやってきます。そこで諦めれば学んだことは日を重ねるにつれ頭から抜けていきます。

継続は力なりとよく言いますが本当にその通りです。

「最近子どもから英語のこと聞かないな」と思ったら、何か悩んでいるのかも知れませんし話を聞いてあげましょう。

また先述した通り、パパも英語学習に参加するのが一番いいです。子どもの未来を考えて楽しく勉強・体験することがモチベーションを保つ秘訣です。

まとめ

今回は子どもの英語教育についてまとめてみました。いい師に出会うと英語力はぐんぐん伸びて行くので教室選びは慎重にしましょう。

ネットでは口コミなんかも掲載されているので参考にしてもいいかもしれません。しかし私怨のような口コミもありますので、情報の取捨選択には気をつけたいですね。

子どもの初めての英語は楽しく!

 

この記事を書いた人

Tsuki
鬼嫁を持つ炎の育児系ライター。8人同居という大家族で暮らしています。
育児は大変ですが、パパだからできることはたくさんあります。その楽しみや大変さをリアルに届けたいです。
書いた記事の一覧へ