エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

今「VRChat」の波が来ている!本格的なVR世界を体験しよう!

VRゴーグルを使って楽しめるゲームやコンテンツは数多くありますが、個人的に今1番すごいと思えるのが「VRChat」です。

ゲームのなかで実際に生活をすることができるVRChatは、アニメや映画の世界で描かれる「仮想世界」に最も近いアプリケーションとなっています。

SFフィクションに過ぎなかった本格的なヴァーチャルリアリティが楽しめるため、これからさらに広がっていく将来有望なプラットフォームだといえるでしょう。

本格的なVRゲームということでなんだか敷居が高く感じられるかもしれませんが、実はVRChatの導入はそれほど難しくありません。

VRの真骨頂でもある仮想世界でのコミュニケーションに興味があるのなら、ぜひこの機にVRChatの魅力をチェックしてみてください。

VRChatの基本情報

f:id:esupro:20180906151852j:plain

VRChatとは

VRChatとは、仮想空間をパソコンで楽しめるVRゲームです。

VRゴーグルを通して仮想世界を隅々まで見渡すことができるため、実際にその世界で暮らしているような感覚を得ることができます。

視野のすべてがVRChatによって表現される空間となり、360度どこを向いても仮想世界が広がっているのです。

プレイヤーはそんな世界で自分のアバターを操作し、好きなことをして時間を過ごすことができます。

何をするのかはすべてプレイヤー次第となっていて、自由な生活を謳歌することも、特定のキャラクターを演じて生きることも可能です。

さらにVRChatには自分以外のユーザーも世界中からログインしているので、現実にはない独特の人間関係を味わえます。

パソコンのスペック等が間に合っていれば誰でも参加可能となっているため、最新鋭のコミュニケーションツールとして活用できるのです。

このようにVRならではの没入感に自由度をプラスしたVRChatは、今後も注目されるソーシャルプラットフォームとなっていくでしょう。

VRがないと遊べない?

VRChatという名前にはなっていますが、実際にはVR機器がなくてもゲームに参加することはできます

要求スペックを満たしているパソコンがあるのなら、とりあえずインストールしてみるのもおすすめです。

ただキーボードを用いた文字チャットは基本的にできないので、VC用のマイクを準備する必要はあります。

というよりもマイクがないとVRChatの楽しさを体感することは難しいため、最低限パソコンとマイクの環境だけは整えておきましょう。

しかしVRゴーグルやHMDを使った方が圧倒的にリアルなのは間違いないので、せっかくVRChatを遊ぶのならVR製品の導入も検討してみてください。

VRChatの魅力や特徴

f:id:esupro:20180906151903j:plain

現実感のあるコミュニケーションゲーム

VRChatでは「おしゃべり」が基本の遊び方となり、VCを使って自由な会話を行うことが可能です。

声が直接届くため感情を伝えやすく、身振りや手ぶりを交えて話を進めることだってできます。

単純な会話を楽しむのはもちろん、マニアックな会話で知識を披露しあうのも、アニメや映画の登場人物になりきったスタイルで会話をしてもOK。

VRChat内には複数のコミュニティが成立しているので、自分がなりたい存在となっておしゃべりを楽しめるでしょう。

コミュニケーションが最高の遊びになるため明確なルールなどは存在せず、すべては参加ユーザーのモラルに任されています。

ある意味で現実感のある環境となっているため、仮想空間とはいえ無法地帯になっているわけではないのがVRChatのおもしろいところ。

仮想空間の中でどのようにコミュニケーションを取り、現実とは違った生き方を楽しむのか、1度想像してみてはいかがでしょうか。

アバターの種類は無限大?

VRChatで使用できるアバターはユーザーが自由に作成し、好きなように使用することができます。

そのため自分にピッタリのキャラクターを探すことができ、より仮想空間にのめり込みやすくなっているのです。

キャラ設定や話す内容に合ったアバターを使用すれば、VRChatで新しい自分を表現することだってできるでしょう。

最近はオンラインゲームの多くが自由度の高いアバターを作成できるシステムを用意していますが、基本的にそれらはあらかじめ用意されたモデリングでしか作成できません。

一方でVRChatは完全に自由となっているので、人間型のアバターもいれば、アニメ風のマスコットアバターも存在しています。

そういったあらゆるタイプのアバターから選択する楽しさこそ、VRChatの魅力だといえるでしょう。

アバターは自作のものをアップロードするだけでなく、ネットで配布されているものを利用することも可能です。

個性的なアバターを自作できるようになるまで、気に入ったアバターを使わせてもらうのもいいでしょう。

配布されているアバターを使用する際はそのサイトの利用規約や使用許可が出ているかチェックをして、トラブルを避けるのも忘れないでくださいね。

数えきれない個性豊かなワールド

VRChatには常に複数のワールドが公開されていて、ユーザーはその中から好きな場所を選んで参加することができます。

魔法やSFの世界観そのままのものもあれば、現実にある街を忠実に再現したものなど、その種類は本当に数えきれません。

すべてのワールドに強烈な個性が備わっているので、ログインするたびにちょっとした冒険気分を堪能できるでしょう。

お気に入りのワールドに入り浸って遊ぶのもよし、毎日別のワールドに出かけて新しい出会いを求めてもよしと、遊び方は自由自在なのです。

ワールドによって雰囲気や参加人数、ローカルルールや言語が変わってくるため、VRChatをとことんまで楽しむのなら色々なワールドを訪れてみましょう。

ちなみにワールドも自分で作成することができるため、理想とする世界観があるのなら挑戦してみるのもおすすめです。

イベントやゲームなども楽しめる

VRChatには世界中からユーザーが集まっているため、ときにはおもしろそうなイベントやゲームが開催されていることもあります。

自由に参加したり遠巻きから眺めたりできるので、毎日飽きずにワールドを回ることができるでしょう。

例えばVCを通して路上ライブのようなパフォーマンスをする人や、演説を行っている人、アバターのファッションショーなどが街のあちこちで行われています。

何か気になる催し物を見つけたら、積極的に話しかけて場を盛り上げてみるのもおすすめです。

他にも遊園地風のワールドやスポーツ会場のようなワールドでは、さまざまなゲームを楽しめることもあります。

VRChatの意外な遊び方が見つかるかもしれないので、コミュニケーションと合わせて気になるゲームを探してみるといいでしょう。

VRChatの始め方

f:id:esupro:20180906151915j:plain

まずはアカウントを作成

VRChatを実際にプレイするためには、まず最初に自分のアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成はVRChatの公式サイトhttps://vrchat.net/)の右上にある「LOGIN」をクリックし、「Register」を選択しましょう。

その後必要項目を埋めて「Register Now」をクリックすれば、専用のアカウントが作成されます。

その後はVRChatのソフト本体を、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」からダウンロードしましょう。

ちなみにSteamもパソコンにダウンロードする必要があるので、この機に入れておくようにしてください。

ダウンロードが正常に行われれば、SteamのライブラリにVRChatが確認できます。

後は先に作ったアカウントでログインすれば、第一段階は終了です。

SteamだけでもVRChatのアカウントを作成できますが、これだけでは自由にアバターやワールドをアップロードすることができません。

より自由度の高い状態で遊ぶためにも、アカウントは公式サイトで作成しておくのがおすすめです。

ログイン後チュートリアルを体験

アカウントを入力して無事VRChatにログインできたなら、続いてチュートリアルを体験しましょう。

アバターを選択した後、自動でチュートリアル用のワールドに移動します。

内容は英語ですが直感的にわかるようにできているため、指示通りに進めていきましょう。

チュートリアルでVRChatの基本がわかったら、いよいよ仮想世界デビューとなります。

まずは初心者が集まる「The HUB」に移動することができるので、そこでVRChatの空気を味わってみましょう。

いきなり人のいる空間に出るのが嫌だという人は、「Home」で心の準備を整えてからでもOKです。

Homeは自分1人だけのプライベート空間となっているので、操作の確認や休憩はこちらで行うのがおすすめです。

準備ができたら好きなワールドに飛び出して、仮想世界のコミュニケーションを楽しみましょう。

最初は日本人が多いワールドがおすすめ

VRChatの世界は英語が基本となっているため、説明や新規ユーザーの言語も英語が使用されています。

そのため上手くコミュニケーションが取れずに、挫けてしまう人もいるかもしれません。

そんなときは日本人が多いワールドを選択して、日本人同士の交流から始めてみることをおすすめします。

VRChatには日本人向けに作られたワールドもあり、参加者のほとんども日本語で会話を行っているのです。

ワールド検索で「Japan」と検索して、それらしい場所をのぞいてみるといいでしょう。

日本人が多いワールドの情報は、ツイッターなどのSNSで確認することもできます。

常に更新されていくものなので、こまめにチェックしておくのがおすすめです。

またVRChatのワールドは誰でも自由に参加できる「public」と、かぎられたユーザーだけが入れる「private」の2種類があります。

日本人ユーザーはprivateに集まることが多いので、フレンドを作って専用のワールドに招待してもらうのもいいですね。

VRChatにおすすめのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)は?

f:id:esupro:20180906152113j:plain

せっかくVRChatを楽しむのならHMDを使ってみよう

VRなしでプレイできるといっても、当然専用のVR機器を使った方がVRChatのおもしろさは引き立つことでしょう。

手足や目線といったアクションを取り入れられるVRChatは、それなりの性能を持ったHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使うことでさらなるリアル感を追及できます。

特にコントローラーが付属しているHMDはそのまま手元でアバターを操作できるので、快適なVR体験が行えるでしょう。

所有しているパソコンに接続できるかといった問題をクリアできるのなら、ぜひ1度以下のようなHMDを利用してみてください。

HTC VIVE Pro

【国内正規品】 HTC VIVE PRO 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙配信 付

とにかく綺麗な映像でVRChatの世界を楽しみたいのなら、「HTC VIVE Pro」がおすすめ。

片目1,440×1,600の高解像度と90Hzのリフレッシュレート、そして110度の広い視野角が魅力です。

両手のコントローラーと多種多様なセンサーのおかげで、VRChatの世界を現実のように体感することができるでしょう。

値段が高いのがネックですが、それだけの価値はあるHMDだといえます。

Oculus Rift

Oculus Rift オキュラス リフト (Oculus Touch 同梱版) [並行輸入品]


VR業界ではお馴染みとなりつつあるOculusの製品「Oculus Rift」も、VRChatでの使用におすすめできます。

90Hzのリフレッシュレートと軽めのボディが特徴で、長時間のプレイにも利用可能です。

専用コントローラー「Oculus Touch」と「Oculus センサー」付属のものを手に入れれば、自由にVRChatの世界を楽しめるでしょう。

www.oculus.com


Acer Windows Mixed Reality

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

なるべく安価なHMDを求めるのなら、「Acer Windows Mixed Reality」もおすすめされるでしょう。

こちらはディスプレイとコントローラー以外の外部端末がないので、気軽に装着することが可能です。

プレイできるスペースが限られている場合などは、非常に役立つHMDとなるでしょう。

解像度も片目1,440×1,440と高く、さまざまなセンサーも内蔵されているため、美麗なVRChatの世界にのめり込むことができますよ。

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

VRChat最大の魅力はその将来性!


VRChat Tutorial - Quick Menu

ユーザー数はどんどん増加

VRChatのユーザー数は2018年に300万人を突破し、今もなおその数を増やし続けています。

世界中からさまざまな人が集まる次世代プラットフォームとして、大きく注目されていることがうかがえるでしょう。

これまでのように文字を主体としたコミュニケーションツールとは違い、VRChatでは実際の声と言葉が使われます。

そのため外国の人たちとも意思疎通がしやすく、気軽な社交場として利用ができるのです。

国際化が進む社会において、VRChatのような世界は将来有望なものとなるでしょう。

次世代のSNSになる

今後さらにVRが普及し、参加のハードルが下がるようになれば、VRChatは現在のSNSのような存在として認められるかもしれません。

声だけでなく動きもプラスできるVRChatは、よりリアルな感情を相手に伝えられます。

言語の壁を越えることだってできるので、心のこもったコミュニケーションが楽しめるでしょう。

文章を投稿するSNSが苦手だという人でも、VRChatなら気軽に自分をさらけ出すことができます。

文字ではなく声で直接やりとりをするおもしろさが広まれば、VRChatがSNSの新世代を築くことになるかもしれませんね。

利用方法はプレイヤー次第

VRChatの楽しみ方や利用方法は、すべてプレイヤー次第となっています。

そのため何か画期的な使い方が見つかれば、将来的にあらゆる場所で活用されるプラットフォームになるかもしれません。

今でも世界中の人とコミュニケーションが取れることを活かして、語学の学習に利用している人もいます。

他にもヴァーチャルオフィスのような感覚で、仕事のコミュニケーションに利用していく計画もあるようです。

現実では不可能なことも叶えてくれるVRChatは、使いようによっては社会の形を根底から変えていくきっかけにだってなるでしょう。

そんな将来性に期待して、ぜひこの機にVRChatの魅力をチェックしてみてください。

まとめ

VRゲームは数多くありますが、やはりVRChatはそのなかでも別格のポテンシャルを持っているように思えます。

プレイは無料で行えるので、必要な環境がそろっているのなら1度本格的な仮想世界を体験してみてはいかがでしょうか。

現実ではなかなか実行できないことも、VRChatの世界でなら気楽に挑戦することができます。

新しいことにたくさん出会えるように、VRでのコミュニケーションを楽しんでいきましょう。



この記事を書いた人

syunkin
ガジェット、書籍、仮想通貨などを専門に執筆しているフリーライターです。
新しい情報を読む楽しさを、少しでも提供できたらうれしく思います。