エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

クラウドワークスで評価100超えのWebライターが大切にしている5つのこと!


f:id:esupro:20180528164005j:plain

Webライターとして働く際には、客観的にその人の実力を確認できる何らか評価があると、仕事の依頼が増えることがあります。

有名クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」には、ワーカーの仕事を評価するシステムが備わっているので、これからWebの仕事を始める人はぜひ利用してみることがおすすめです。

評価の数は仕事をこなしてきた成果となるので、評価数が増えるほど自信を持って作業を行えるようになると評判になっています。

私もフリーのWebライターとして働きながら、クラウドワークスで多くの評価をいただけたので、今に至るまでさまざまな仕事に出会うことができたのです。

はばかりながら私の体験を交えつつ、評価を獲得するために大切にしているポイントを5つにしぼってご紹介したいと思います。

クラウドワークスで仕事をしたいと考えているWebライターの方は、よろしければ1つの参考にしてみてください。


クラウドワークスで評価を集めることのメリットとは?

多くの仕事依頼につながる

仕事による評価を集めることができれば、新規の仕事依頼をたくさん受注できるようになるでしょう。

クラウドワークスでは仕事を行った相手に対して「ありがとう」のボタンを押して、感謝の気持ちを簡単に示すことができます。

その評価の数は外部からでも確認できるので、仕事を依頼するクライアント側にとっての最高のアピールになることでしょう。

単純に評価数が多いことは、「依頼をきちんとこなす」「満足のいくクオリティを提示してくれる」ユーザーであるという目安になります。

特に仕事を始めたばかりのWebライターは意識して評価を高めることで、安定した仕事の受注につなげることができるでしょう。

仕事に対する自信になる

仕事相手から高評価をもらえたという事実は、自分のスキルや能力に対する自信とすることができます。

特に仕事のクオリティがその後に大きく影響するWebライターにとっては、もらえる評価によって自分の成果を裏付けすることは重要なポイントになるでしょう。

逆にあまり評価をもらえないというときは、仕事の出来に問題があると考えられるかもしれません。

しかしそれは自分の仕事を振り返るチャンスになるので、むしろそれをきっかけにした飛躍を目指すことができるでしょう。

1人で仕事をすることが多いWebライターは、客観的に自分の商品をジャッジしてもらう機会も少ないので、クラウドワークスのような評価システムのメリットは大きくなります。

いかに評価システムのメリットを利用できるかどうかは、Webライターの仕事をこなす1つの軸となるかもしれませんね。

独立の指標とすることも可能!

近年はクラウドワークスなどで得た評価を糧に、独立してフリーのWebライターになる人はたくさんいるでしょう。

そういう私もクラウドワークスでしっかりとした評価をもらえるようになったころ、実際にフリーライターに転身した経歴があります。

副業や兼業による仕事では満足できない、でも独立するタイミングがわからないといった人は、もらった評価を指標にしてみることはおすすめです。

まったく準備のないままフリーになると、仕事を安定させるのに苦労することになります。

しかしだからといっていつまでも二の足を踏んでいると、ひとり立ちするチャンスを逃してしまうでしょう。

評価という基準はフリーへの挑戦タイミングを計る、ちょうど良い参考値となるかもしれないので、将来を考えている人はぜひ活用してみてください。

Webライターとして評価を高めるために大切にするべき5つのポイント!

連絡はとにかくこまめに行う

Webライターは基本的に在宅やレンタルオフィスといった場所で作業をするため、クライアントとはメールや電話、もしくはクラウドワークスのメッセージ欄で連絡を取り合うことになります。

直接話ができない分なるべくこまめに連絡を取ることを意識して、コミュニケーションが薄弱にならないように注意する必要があるでしょう。

レスポンスの早い対応はクライアントにとってありがたいことが多いらしく、仕事後の評価として登録してくれることが多いです。

駆け出しのWebライターはまず、連絡をこまめに行って自分の評価を高めていくといいでしょう。

返信が早い方がお互いに安心できるので信頼が生まれ、次の仕事につながりやすいようにも思われます。

連絡に使えるスマホアプリなどを駆使して、可能な限りクライアントからの連絡には素早く応えられるようにしておきましょう。

たまに「フリーランスは結果だけ出せばいいから、連絡やコミュニケーションは最小限でもかまわない」と勘違いされている方がいます。

しかし顔が見えない相手との仕事だからこそ、スピーディでマメな連絡は大切なものとなるのです。

これは自分の意識の問題となるので、この機にぜひ仕事に関する連絡の重要さは認識しておいてください。

ただ四六時中連絡を確認するのは、精神的な負担を考えると得策とは言えません。

仕事のONとOFFは明確に分離して、連絡を気にしないリラックスタイムは必ず設けるようにしましょう。

自分だけで勝手な判断はしない

Webライターとして1人で仕事をしていると、つい主観による勝手な判断で作業を進めてしまいがちです。

しかしクライアントの指示を仰がないと余計なトラブルを招きがちになり、結果的に自身の評価を下げることになるでしょう。

仕事相手として信頼してもらうためにも、作業の中の不明点や曖昧な部分はきちんと相手と共有して、勝手な判断を避けるようにしてください。

場合によっては勝手な判断が原因で相手側の仕事が遅れるなどといった問題が生じることもあるので、決して甘く見ないようにしましょう。

仕事の質問をすることに躊躇してしまう人は多いですが、クラウドワークスを利用しているほとんどのクライアントはきちんと応対してくれるので、恥かしがらずに聞くことがおすすめです。

むしろ仕事への疑問をきっかけにして相手側とコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていくといいと思います。

仕事に慣れはじめたWebライターほど、自己流の判断基準や直感で仕事を進行することが多いようです。

しかしその基準や考え方が必ずしもクライアントと合うとは限らないので、特に初めて仕事をする相手の場合は慎重になるべきでしょう。

逆にある程度仕事を継続できた相手となら、意図を汲んで自分なりの判断を行うのも1つの工夫となります。

もちろんそこには相手側との信頼関係が絶対に必要なので、そのレベルまで達せられるようにまずは評価を獲得することを目指しましょう。

新しい分野にも挑戦していく

Webライターとして働きたいと考えている人のなかには、既に自分の得意な執筆ジャンルを持っている方も多いかもしれません。

けれど得意分野だけに集中してライティングを行っていると、Webライターとしての自分の可能性を狭めることになってしまいます。

そこでさまざまな仕事に対応できるように、積極的に新しい分野の仕事に挑戦していくことがおすすめです。

いくつもの分野にまたがって仕事ができるということは、ライターとしてのスキルを証明することにもなるため、自然と自分の評価を高められるでしょう。

「あの人に依頼すれば大丈夫だ」と思ってもらえれば、フリーでも安定した仕事につなげることができますよ。

フリーライターとしては、そのポジションはぜひとも目指したいものですね。

どうしても慣れている分野とそうでない分野の仕事では、必要な労力や時間が変わってしまうと思います。

そのため意識していないと、ついつい自分の慣れた仕事ばかりを受注してしまいがちになるのが普通です。

しかし苦労して新しい分野を開拓すれば、それを自分の実績としてアピールできるので、将来の仕事に大きなメリットとなるでしょう。

得意な分野の仕事を確保しながら、同時に新しい分野の仕事にチャレンジしていく器用さこそ、長くWebライターを続ける秘訣になると思われます。

クラウドワークスにはあらゆるジャンルの仕事が募集されているので、魅力的な分野を探すことも難しくはありません。

意外な仕事が自分にぴったりのものとなる可能性もあるため、とりあえずやってみる精神を大事にしていきましょう。

インプットも忘れずに!

Webライターという仕事は、基本的に自分のなかにある言葉や感覚を文章として外に出していくのが仕事となります。

だからこそ普段からさまざまな言葉や表現力を外部からインプットして、仕事に使える武器を増やしていくことが大切です。

自分から発信できる特別なものがなければ、いつかライターとしての働きに限界を感じる日が来るかもしれません。

アウトプットできる言葉や「ネタ」を枯渇させないためにも、ぜひインプットの重要性は把握しておいてくださいね。

たとえば本や映画、旅行やレジャーといったさまざまな場所から、ライターとしての言葉の源泉を手に入れることができます。

日常のあらゆる場面に文書作成のヒントが隠されているので、ライターとして働くのならあらゆるものからインプットしていくことを心がけましょう。

自分だけの体験や考え方は、自分でしか書けない記事につながっていくので、クライアントからの特別な評価を引き出すことができます。

Webライターになりたい人は増加傾向にあるようなので、自分だけの個性を出せなければ、残念ながら今後は採用される機会が減ってしまうかもしれません。

「ライターとして代わりのいない存在」となるために、自分だけのインプット方法をぜひ確立していきましょう。

私も毎日仕事をするのではなく、必ずインプットのための休日を設けています。

外出して新しいものに触れたり、新作の本を読んだりといった体験は、自分の中で仕事のクオリティにつながっていると感じられるので、ライティングにつまづくことが多い人は思い切って仕事から離れる時間を作るのがおすすめです。

クラウドワークスなら直接クライアントと交渉して納期を決めることができるので、休息を想定したスケジュールを立てることもできるでしょう。

評価を高めることばかりに焦らないことが、結果的にライターとしての評価につながることも多いため、この機に少しでも意識して休息とインプットを実践してみてください。

Webライターとしての対応力を上げる

人間である限り、常に同じ気持ちで仕事に取り組むことは難しいです。

ときにはやる気がなかなか出なくて、執筆を先延ばしにしてしまうこともあるでしょう。

しかしWebライターは基本的に業務委託で仕事をすることが多いため、納期を破らない程度にやる気が出るまで待つのも1つのコツとなります。

それでもクライアントへの対応をやる気任せにすることだけは、絶対に避けるようにしてください。

やる気任せにした失礼なメールや雑な対応は、仕事の完成度以前にライターの評価を下げることになってしまいます。

お互いに不快な思いをせずに仕事を進めていくためにも、ライターとしての対応力を上げていくようにしましょう。

対応力を上げるには、まずその場の感情や気分で連絡をすることを止め、きちんと誠実な文章を作成することを心がけます。

クライアントへの返信のために定型文としていくつかのパターンをあらかじめ作っておくことがおすすめで、気持ちに左右されない連絡用の文章を利用してみるといいでしょう。

メールやクラウドワークスのメッセージでは、こちらが意図していない感情が伝わってしまうこともあるので、定型文の準備は意外にも重要なものとなります。

また連絡の「感じ」を相手に合わせることも、対応力を高める1つのポイントです。

たとえば「!」を多用するクライアントへの返信に、「。」ばかりの文を使っていると、少しテンションに差が感じられてしまうでしょう。

相手が持つ文章の感覚に自身の文章を近づけていく習慣は、ライターとしての対応力アップさせることになります。

ルールやある程度の水準を保った文章は、最終的にチェックする人の感覚が評価を決定することになるでしょう。

相手の文章の好き嫌いや感覚が少しでもわかっていれば、それは予想以上の評価を得るきっかけにもなります。

日々のやり取りから推し量って、納品物のクオリティにつなげられるようになることは、クラウドワークスでWebライターとして成功するための1つの通過点であると私は考えているので、ときどきは意識してみてください。

また仕事をたくさん任されるようになると、なかには断る必要が出てくる依頼も出てくるでしょう。

断る相手にも誠実な連絡ができるかどうかは、ライターとしての対応力を確認するポイントになります。

たとえ今回は断ることになったとしても、将来お世話になる可能性がある限り、決していい加減で失礼な対応はしないようにしましょう。

なるべく平等な対応になるように、常日頃から意識して対応力は鍛えていくことをおすすめします。

それはライターとしての評価常々の前に、社会人としても大切なこととなるでしょう。

まとめ

評価を得るための努力ができるようになってから、Webライターとしての仕事は安定するようになったと思います。

これからクラウドワークスなどで仕事を受注する予定の方々は、なるべく上記のようなポイントを抑えておくといいでしょう。

評価の数は自然と次の仕事をつれてきてくれるので、フリーランスにありがちな「仕事のない空白期間」を埋めることができます。

そこに至るまではさまざまな困難があるかもしれませんが、着実に1つずつWebライターとしての評価を高めていきましょう。

crowdworks.jp



この記事を書いた人

syunkin
ガジェット、書籍、仮想通貨などを専門に執筆しているフリーライターです。
新しい情報を読む楽しさを、少しでも提供できたらうれしく思います。