エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

現役Webライターおすすめ!ライティングを効率化させるための便利なツール・サービス7選


現役Webライターおすすめ!ライティングを効率化させるための便利なツール・サービス7選

Webライターとして文章を書くためには、役に立つツールやサービスを利用していくことがおすすめされます。

特に仕事の効率を高めるようなものは、積極的に取り入れていくことが望ましいでしょう。

そこでこちらでは、僭越ながら現役Webライターである自分が厳選したおすすめツールとサービスをご紹介したいと思います。

Webライターという仕事に興味がある。作文やブログの執筆に必要なライティング能力を高めたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。


便利なツールやサービスを利用することはライティングの重要なポイント!

より質の高い記事を書くことにつながる

便利なツールやサービスによってライティングを効率化させることは、より質の高い記事を書くことにつながっていきます。

ケアレスミスを無くし、SEOを重視した論理的な構成が立てられるようになれば、安定した記事を書き続けることができるでしょう。

ライティングは執筆環境さえあれば誰でも始められる簡単なものですが、本格的なものを作り上げるにはそれなりの準備を必要とします。

現在はWebを中心にライティングをサポートしてくれるツールとサービスが充実しているので、準備を整えるのもそれほど難しくはありません。

他のWebライターと記事の質で差をつけたいときは、まず自身の環境を便利なツールで整えてみてください。

効率化することで時間と心に余裕を生み出す

ライティングの効率化は、毎日の時間と心に余裕を生むきっかけにもなります。

それは結果的に快適な作業と高いレベルの文章を書くことにつながるので、長くライティングを続けることができるでしょう。

時間に追われるように書いた記事は、「間に合わせる」ことだけに集中しているため、文章の節々にほころびが出てきてしまいます。

また非効率的なライティングは心身の負担となり、継続した執筆を困難なものとする可能性もあるのです。

便利なツールやサービスを使って効率化を図ることは、本当に自分が書きたい文章を書く序文になることでしょう。

ぜひ以下に記載したおすすめをチェックして、ライティングの効率化を実現してみてください。

ライティングを効率化するおすすめのツール・サービス!

Evernote

f:id:esupro:20180516195753j:plain

Webライターとして働いていると、「アイデアを保存する場所と執筆ツールはなるべくまとめておきたい」とよく思います。

執筆のアイデアを書いたメモと実際に執筆するツールが別々だと、改めてまとめ直すのに時間がかかってしまい、結果的に必要以上の時間を取られてしまうことが多いです。

そんな環境を改善するために、私は長年「Evernote」を利用しています。

Evernoteはメモやノート、その他さまざまなデータをまとめておくことができる便利ツールで、いつでもスムーズなライティングをサポートしてくれるのです。

保存した文章データは検索で簡単に引っ張りだすことができるので、大事なアイデアがどこかに埋もれてしまうこともありません。

タグ付けでノートごとに分類することも可能となっているため、データを自分なりにまとめておくことができるでしょう。

Evernoteは文章を書く媒体としても優秀で、シンプルながら充実した執筆スペースを提供してくれています。

メモだけじゃなく本番の下書きに利用して、Evernoteによるライティングの効率化を目指してみてはいかがでしょうか。

Evernoteならいちいちメモを閲覧するためにツールを切り替える必要がなくなるので、集中力を切らさないまま文書作成が行えますよ。

また保存している内容はクラウドを経由して、他のユーザーやパソコンと共有することも可能です。

いつもと違う執筆環境を利用して、気分をリフレッシュするのもWebライターの仕事を継続するポイントだと思われます。

スムーズに別のパソコンに執筆データを移行できるEvernoteは、そんなときにはとても魅力的なツールになることでしょう。

Evernoteに執筆データやアイデアを預けておけば、万が一パソコンが壊れたときも問題なく復元できるのもメリットです。

Webライターが欲しくなる機能を多数そろえたEvernoteは、ライティングの効率化には欠かせないものになるのではないでしょうか。

evernote.com

Clibor

f:id:esupro:20180516195804j:plain

文章を素早く書き続けることは、Webライターに欠かせないスキルです。

そんな執筆スピードをサポートしてくれる「Clibor」は、いまだにライティングに必須のツールだといえるでしょう。

Cliborは通常は1つしか保存しておけないクリップボードの履歴を呼び出し、管理することができるサービスです。

最大1,000件まで保存できるその情報量は、スピーディな執筆を手助けしてくれるでしょう。

単語やURLをそのたびに打ち込んでいると、ライティングの勢いは削がれてしまいます。

頻繁に使う言葉や間違えやすい単語はCliborから取り出して、すぐにペーストできるようにしておくといいでしょう。

またCliborは、定型文をあらかじめ保存しておくことも可能です。

メールの返信に使う文面やブログのHTMLを取り入れておけば、一から書き始める必要はなくなるでしょう。

定型文にはグループ分けやメモを付属することもできるので、数が増えてきても使いやすさは損なわれません。

クリップボード内の検索機能もついているため、いつでも必要な言葉を見つけ出すことができますね。

細かなデザインの変更なども行えるので、自分のセンスに合った状態にできるのも魅力。

長文のライティング時にはかなり便利なツールになると思われるので、Webライターを目指すのならダウンロードをおすすめします。

無料で利用できるので、費用に関する心配が無縁なのはありがたいですね。

Cliborはライティングの際にとても便利なツールとなりますが、他人の書いた文章を丸ごとコピーしたり、言い回しを引用したりといった使い方はNGです。

あくまで繰り返しの単語やURLをペーストすることだけに使い、自分だけのオリジナルの文章を突き詰めることは止めないようにしてください。

Cliborの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

Todoist

f:id:esupro:20180516195815j:plain

効率の良いライティングを継続するには、計画的な執筆が必要となります。

そのためには「Todoist」のようなツールを取り入れて、外部サービスによるToDoリスト管理を実行してみましょう。

やるべきタスクをまとめ、忘れないように保存しておけるシンプルな機能がTodoist最大の特徴です。

執筆の予定を立ててその通りに実行する力を養っていければ、日々のライティングは少しずつ効率化していくでしょう。

保存したタスクやプロジェクトは重要度に合わせて分別可能なので、大切な仕事が他の仕事に隠れてしまうこともありません。

タスクの完了率やプロジェクトの進捗はグラフで確認できるため、Webライターとしての成長を客観的に見て取ることもできるでしょう。

無計画に始めると落ち着いてライティングができなかったり、効率を考える暇がなくなったりしてしまいます。

Todoistで執筆計画を立てることは、そういったライティング時の問題をあらかじめ解決することにつながるかもしれません。

特にWebライターとしてきちんと仕事をする際には、Todoistを使った毎日の管理がおすすめされます。

請け負った仕事をまっとうするためにも、Todoistによる計画の管理は実践していきましょう。

ja.todoist.com

goodkeyword

f:id:esupro:20180516195826j:plain

SEOを意識したライティングも、Webライターに求められる1つのスキルとなります。

書いている記事にふさわしいキーワードを的確に選出するためには、「goodkeyword」の利用がおすすめされるでしょう。

goodkeywordはキーワードを打ち込むだけで、関連する言葉を複数提示してくれます。

キーワードに関する言葉を文章内に上手に織り込むことができれば、より充実した記事を書きあげることができるでしょう。

他にもキーワードに関連する言葉を検索するツールはありますが、goodkeywordには「シンプル」という大きな魅力があります。

無料で気軽に使えるgoodkeywordは、文章に関連する言葉を素早く調べたいWebライターにとっては優秀なツールとなるでしょう。

特別な機能や複雑な使い道が必要ない場合は、goodkeywordで十分記事の質を高めることができますよ。

goodkeyword.net

Weblio類義語辞典

f:id:esupro:20180516195842j:plain

ライティングをしていると、どうしてもぴったりとハマる言葉が見つからないということもあるでしょう。

新鮮な言葉が思いつかないときには便利ツールである「Weblio類義語辞典」を使って、普段とは違う文章を作り出してみることをおすすめします。

言葉の意味に合わせた類語を複数検索できるので、意外な言葉を発見することができるかもしれません。

文章をつなぐ言葉や上手い言い回しが思いつかないだけでも、執筆は簡単にストップしてしまいます。

言葉探しに悩む時間を削減するためにも、無料で使えるWeblio類義語辞典はブックマークしておくといいでしょう。

またWeblio類義語辞典の日常的な利用は、自分のなかに新しい言葉を貯めこむことにつながります。

ボキャブラリーを増やせれば、たくさんの記事を書き続けることができるようになるので、Webライターとしての成功を近づけることになるかもしれませんよ。

thesaurus.weblio.jp

Enno

f:id:esupro:20180516195905j:plain

どんなに注意してライティングを行っても、人間が書く限りケアレスミスを完全に無くすことはできません。

自分の文章に自信がないときは、Webツール「Enno」で簡単な校正を行ってみてはいかがでしょうか。

Ennoを使えば誤字脱字やスペルミスを即座にチェックし、そのまま修正に移ることができます。

修正が必要な部分は黄色のマーカーで強調されるので、一目で文章内の間違いを発見できるでしょう。

またEnnoはユーザーの意見を取り入れて、日本語の判断レベルを日に日に高めていることでも有名です。

今後さらに便利なサービスとなる可能性があるので、この機にその特徴をチェックしてみましょう。

ミスがあるかどうかわからない文章を自分で校正するのは、難しい上に非効率的な作業となります。

確実な校正を行うためにも、文章の間違いはEnnoにお任せしてしまいましょう。

しかしEnnoを使うのなら、ミスをした部分をフィードバックすることも忘れないでください。

自分自身のミスを減らすことが、ライティングの効率を高める1番の近道です。

Ennoで指摘されたミスを繰り返さないようにすることで、Webライターとしてのスキルを高めていくことができるでしょう。

enno.jp

iPadなどのタブレット

f:id:esupro:20180516200335j:plain

ライティングを行う際には、パソコンを使うのが一般的となっています。

しかしパソコンを立ち上げるのが億劫となり、ライティング作業が捗らないという経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんなときは「iPadなどのタブレット」を準備して、より気軽な執筆体制を整えてみることをおすすめします。

近年はiPadなどのタブレットでもwordをはじめとした執筆アプリが充実しているため、ある程度本格的な文章作成を行うことは可能です。

iPadで下書きをしてパソコンで仕上げをするといった流れが出来上がれば、より効率的なライティングが行えるでしょう。

Webライターとして活動する予定の人は、ぜひさまざまな執筆スタイルを試してみてください。

まとめ

上記のように、ライティングを効率化させるツールやサービスはたくさん作られています。

Webライターはもちろん、ブログや日記を書くときも、ぜひこれらを使って快適なライティングを実践してみてはいかがでしょうか。

良い文章を書くことは読む側だけでなく、自分自身にとってもプラスとなります。

便利なツールを参考にして、より良いライティング体験をしてみましょう。


この記事を書いた人

syunkin
ガジェット、書籍、仮想通貨などを専門に執筆しているフリーライターです。新しい情報を読む楽しさを、少しでも提供できたらうれしく思います。
書いた記事の一覧へ