エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

【おしゃれ・防水・便利】Apple AirPodsのおすすめケース10選

Apple AirPods


どもです、家で寝るよりテントの方が熟睡できる、さすライダーです。

2016年12月に、Appleが満を持して発売した「AirPods」は、これまでのイヤホンの常識を覆す「完全ワイヤレスイヤホン」として一斉を風靡しましたが、一見完全無欠に見える見えるこのガジェットには、実はひとつの大きな欠点があります。

それは「専用ケースに傷が付きやすい」という欠点です。

これは、イヤホンなんて日々使うものだから、傷がついて当たり前やん!ってか、別にイヤホンの本来の性能とは関係ないことやん!と思うかもしれませんが、、、ところが関係あるんです、これが。。。


なので、実際に手に入れたAirPodsが、1ヶ月で小傷だらけになった僕が「ケースを買っておけば良かった」と悟った理由と「オススメのAirPodsケース」を紹介していきます。

なお、AirPodsの使い勝手や初期設定などのレビュー記事は、下のリンクを参照してください^ ^


mens.esupro.co.jp

Apple AirPodsはとにかく傷が付きやすい

AirPodsはとても素晴らしいガジェットですが、素晴らしいガジェットゆえに大事にしたくなる逸品ですが、、、残念ながら、とても傷が付きやすいガジェットです。

僕は基本的に、人よりモノを愛するタイプの人間なので(爆)ガジェットは誰よりも大切に扱う人間だったりします。

特に大好きなApple製品なんかは、いつも傷ひとつ付けない使い方をして、汚れたら随時クリーニングをして、購入時の箱も完璧に保管しているので、新型を買って旧機種をメルカリで売る際は、発売当初の定価ぐらいの価格で売れちゃう人間なんです。

けれど、そんな僕が手に入れたAirPodsは、1ヶ月で小傷だらけになりました。。。

Apple AirPodsは専用ケースの表面に傷が付きやすい

Apple AirPodsに付いた傷
写真では分かり難いですが、表面が傷だらけです


AirPodsは傷が付きやすいとは言っても、もちろんAirPods本体(イヤホン)に傷が付わけではなく、実際に傷が付くのはAirPods専用ケースの両面です。

彼女のつるっとした美白のナイスバディが、日々小傷に侵されて行く様は、、、彼氏としてはなかなか耐え難いものがあります。

僕は普段「incase」という、Apple公認のガジェトバックの傷が付きにくいスペース(フリース素材的な場所)にAirPodsを入れて持ち歩いていますが、それでも日々傷が増えていくのが現状です。


mens.esupro.co.jp


おそらく、バック内の同じスペースに入れている、モバイルバッテリーだったり、各種ケーブル類と擦れて傷がついたものと思われますが、一緒に入れているモバイルバッテリーやケーブルは全くの無傷なので、これはやはりAirPodsの専用ケースの素材が、そもそも傷が付きやすいものであると推測されます。

じゃ〜、AirPodsだけ別な場所に収納しようと思っても、なんせとても小さいガジェットなので、AirPodsだけでバック内のワンスペースを占領させるのは、なかなか辛いものがあります。

つまりAirPodsは、傷がつきやすい上に、小さいが故に意外と収納場所にも困ります。


Apple AirPodsの専用ケースは表面がツルツルしていて落としやすい

これは今の所未遂の状態ですが、何度かAirPodsを専用ケースごと落としそうになったことがあります。

AirPodsの専用ケースの表面は、ツルツルっとした感触なので(美しい反面)どうしても、ふとした瞬間に落下させそうになってしまいます。

仮にAirPodsを専用ケースごと落下させても、単純にケースに傷が付くだけなら、まだダメージは見た目と自分の心だけですが、、、「AirPodsの専用ケースはイヤホン本体の専用充電器」を兼ねているので、もしも落下の衝撃で充電機能が壊れたら、イヤホンを充電する術がなくなってしまいます。


つまり、AirPodsを専用ケースごと落としてしまう行為は、ケースに傷が付く以前に、AirPods自体が使えなくなってしまう(充電出来ない)可能性がある行為なのです。

なので、専用ケースの表面がツルツルしているので落としやすい、、、という事実は、結構シャレにならない事実なのです。

Apple AirPodsは市販のケースを付けた方が良い5つの理由

Apple AirPodsと市販のケース


僕はApple製品を使う際は、極力市販のケースを使わずに裸のままで使いたい派です。

何故なら、せっかくの美しいApple製品の見た目と薄さが、市販のケースをつけることによりスポイルされてしまうからです。

実際、iPhoneもMacBookもツーリング中以外は常に裸で使う僕ですが、だがしかし、、、AirPodsだけは常にケースを付けた方がいいという結論に達しました。

それは主に、下記の5つの理由があるからです。


1:AirPodsの専用ケースは傷が付きやすい

前述の通り、AirPodsの専用ケースの両面は傷がとても付きやすいので、単純にそれを防止したいという理由です。

2:AirPodsはツルツルしているので落下させすい

AirPodsの専用ケースは素材的に、ふとした瞬間に落とす可能性が高いので、滑りにくい素材の市販のケースを付けることでこれを防止、それでも万が一落下させた際はケースを付けていれば衝撃吸収にもなるという理由です。

3:AirPodsは小さいが故にバック内の収納場所に困る

AirPodsの市販のケースは、カラビナが付属しているものが多いので、バックの外に吊るしておくという使い方ができる(利便性も上がる)という理由です。

4:AirPodsのケースは価格の相場が安い

iPhoneやMacBookのケースは(ピンキリですが)結構なお値段がしますが、AirPodsのケースは1000円〜2000円が相場なので気軽に購入できるし、万が一失敗・不要になっても金銭的ダメージが少ないという理由です。

5:AirPodsはAppleデザインを楽しむ機会が少ない

iPhoneやMacBookは、常にそれを見ながら使うものなので、Appleの美しいデザインを楽しみながら使えますが、AirPodsは取り出して耳に入れて使うものなので、そもそも専用ケースを眺めながら使うことはない(市販のケースを付けても影響が少ない)という理由です。


以上5つの理由から、僕はAirPodsに関しては常にケースを付けた方がいい、少なくても試す価値はあると結論づけました。

Apple AirPodsのおすすめケース10選

今までの観点をもとに、Amazonで購入できるオススメのAirPodsケースを10個チョイスしてみました。

AhaStyle シリコンショックプルーフ保護カバー

AhaStyle シリコンショックプルーフ保護カバー


ポップなデザインのオーソドックスなAirPods用のシリコンカバーです。

シリコン素材のおかげでAirPodsが滑りにくくなり、傷の防止にも役立ちます。

価格がとても安い上にカラーが9種類もあるので、複数個購入してその日の気分でカバーを変えるのもありです。



AhaStyle カラビナ付きシリコンケース

AhaStyle カラビナ付きシリコンケース


カラビナ付きのシリコンケースで、バックなどにAirPodsを引っ掛けて持ち歩くのに最適です。

AirPods全体を覆うケースなので保護性能が高く、充電コネクタ部を開閉できるので、コネクタ部の防塵性も備えています。

カラーは全8色あり、価格も安いので選ぶのも楽しいケースです。



GIMart AirPodsケースカバー

GIMart AirPodsケースカバー


防水・防塵性を備えた、シリコン製のコスパが最高なAirPodsケースです。

カラビナ付きのケースなので、バックなどに引っ掛けて使うにも便利で、AirPodsの存在意味を根底から覆す「イヤホンストラップ」も付属しています。

左右別体になっているイヤホンが売りのAirPodsを、あえて繫ぎ止めるという斬新なアイデアに目から鱗のケースです。



Acase AirPodsケース 高級PU合成革

Acase AirPodsケース 高級PU合成革


高級PU合成革を用いた、スタイリッシュなAirPodsケースです。

Apple製品と革製品はよく似合うもので、このケースであればデザインに拘りがあるAppleユーザーも納得と言えます。

ケースにはストラップが付属しているので、バッグに引っ掛けて収納することもできます。



LEWOTE AirPods防水性シリコン製ハングケースカバー

LEWOTE AirPods防水性シリコン製ハングケースカバー


AirPodsの専用ケースはもちろん、充電器などの周辺機器もまとめて収納してしまおうという、色々とテンコ盛りなケースです。

AirPodsの付け心地を改善するイヤーピースや、賛否両論の左右のAirPodsを繋ぎ止めるストラップまで付属している豪華さで、一体どうやってこの低価格を実現しているのか不思議になるケースです。



Temdan AirPodsケース IP67防水対応

Temdan AirPodsケース IP67防水対応


IP67等級の防水性能を誇る堅牢なAirPodsケースです。

AirPodsを完全に水没させても問題ない防水スペックを誇っており、当然頑丈なケースなので、保護性能もかなり高いレベルを誇っています。

ケースにはカラビナも付属しているので、アウトドアやハードな現場でAirPodsを使うユーザーには、特にオススメのケースです。



YURIZOFB AirPodsシリコンカバー

YURIZOFB AirPodsシリコンカバー


そのハードな見た目が男心をくすぐる対衝撃AirPodsケースです。

まるで手のように見えるケース左右の張り出しは、左右のAirPodsを磁力で繋ぎ止めるストラップで、このケース独特のビジュアルを作り上げています。

AirPodsの全面を覆うケースなので保護性能が高く、ケースを付けながらの充電も可能です。



ATiC AirPods専用 高品質レザー製保護ケース

ATiC AirPods専用 高品質レザー製保護ケース


ポップな見た目が毎日を楽しくさせてくれる、独特のデザインが魅力のAirPodsケースです。

デザインは全部で7種類あるので、ケースを選ぶこと自体が楽しめます。

また、ケースはもちろん、ストラップのデザインもおしゃれなので、他と差をつけたいAirPodsユーザーにはオススメのケースです。



PodPocket AirPods専用シリコンケース

PodPocket AirPods専用シリコンケース


AirPods専用ケースの半分くらいを覆う大きさの、おしゃれなデザインのハーフケースです。

まるで、Apple純正ケースのようなAirPodsとのマッチングは見事で、傷は付けたくないけど、野暮ったいデザインのケースは嫌だというユーザーにオススメです。

AirPodsケースの中では価格が高い部類に入りますが、質感がとても良いので納得できます。



StilGut 本革AirPodsカバー

StilGut 本革AirPodsカバー


本革を使ったおしゃれなデザインのAirPodsカバーです。

ストラップが付いているモデルと、付いていないモデルがあるので、ユーザーの用途によって選べるケースです。

本革を使用しているのに、価格がリーズナブルなところも見逃せないポイントです。



Apple AirPodsのおすすめケース10選 まとめ

本来はApple製品の美しいデザインをそのまま楽しみたいところですが、AirPodsはとても傷が付きやすいので、素直にケースを使ったほうが無難です。

しかし、AirPodsのケースはとにかく価格が安く、各ケースの機能やデザインも千差万別なので、選べる楽しさに満ち溢れています。


この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^