エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

クロックジェネレーターのおすすめ!性能がよくて価格が手ごろな商品はどれ?


クロックジェネレーターは、音質を向上させるのに必要な機器ですが、高額なのが玉に瑕です。
クロックジェネレーターを購入したいけれど、価格の面で迷っているという人も多いのではないでしょうか?
今日は、購入をためらっている人に僕がおすすめのクロックジェネレーターをご紹介していきます。
価格も比較的リーズナブルで性能がいいものを選んでみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

クロックジェネレーターとは?

デジタルオーディオ機器というのは、クロック回路を搭載しており、そこから生成するクロック信号というものを使って回路を動作させます。
クロックジェネレーターは、対応するクロック入力端子をもつデジタル機器(トランスポートやD/Aコンバーター、スーパーオーディオCDプレイヤー)などに外部からクロックを供給する「共振器」です。
44.1kHz、96kHz、192kHzのように、デジタルクロックを発生する装置のことです。
クロックジェネレーターは、本来プロの音楽家などの音楽制作の現場で複数のツールを同一クロックで同期させて使うことを目的として作られています。
クリアでゆがみのない音質を得るために用いられますが、最近はハイレゾブームなどで高音質音源で音楽配信されたり、CDをいい音質で楽しみたいという人が少なくなく、そういう方のニーズに応えるためにリーズナブルな価格のものも出てきて、普及し始めています。

クロックジェネレーターのメリット&デメリット

メリット:音質の向上

使用することにより、音質をよくするという効果があります。
クリアな音、ゆがみのない音になるのでプロなどが用いることが多いです。
立体感、臨場感がアップして、音の細かいところまで聴くことができるようになるなど、音にこだわる人にとっては欠かせない機器といえます。

デメリット:コストパフォーマンスが低い

デメリットとしてはやはり価格の高さが挙げられます。
プロが使う機器ということで、数十万円するものもあります。
しかし最近はリーズナブルなモデルも出てきているので、自宅で気軽に使用するのにもおすすめです。

おすすめのクロックジェネレーター

S.M.S.L B2 高精度外部クロックジェネレーター デジタル オーディオ インターフェース

S.M.S.L B2 D/Dコンバーター (DDC) USB・Bluetooth(HWA搭載)入力/光・同軸・I2S・AES・EBU出力/高精度外部クロックジェネレーター デジタル オーディオ インターフェース
価格:22,940円
比較的リーズナブルな価格で、「USBインターフェース」「Bluetoothインターフェース」「高精度外部クロックジェネレーター」という3つの役割を持った商品です。
クロックジェネレーターの機能としては、日本NDK超低位相雑音クリスタル2基にCPLDクロックが搭載されていて、クロックの周波数範囲は44.1kHz~12.288mHzまでにも達します。クロックの同期出力機能などさまざまな出力ができ、Hi-Endオーディオであるデジタルシステムに適しています。
最初に、クロックジェネレーターとはどのようなものかを知るためのきっかけになる1台として購入するには十分な商品です。

MUTEC MC-3+USB/Black (USB デジタルオーディオ・マスタークロックジェネレーター ブラック)

MUTEC MC-3+USB/Black (USB デジタルオーディオ・マスタークロックジェネレーター)(ブラック)
価格:159,840円
ミューテックの高品位マスタークロックジェネレーターです。
USB-DACを利用しており、PCオーディオやネットワークオーディオに適したUSBオーディオをリクロックできます。
ミューテック独自の「1Gクロックテクノロジー」で最適化を図り、アルゴリズムを高めているので高音質にするために重要な要素であるじったーと位相ノイズを限界まで低くすることを実現しました。
USB-DACやUSB出力を利用したPCオーディオやネットワークオーディオの音質をよくすることに貢献してくれる1台です。
価格はリーズナブルとは言えませんが、本格的なクロックジェネレーターが必要な方にはおすすめです。

ティアック マスタークロックジェネレーター TEAC CG-10M-S

ティアック マスタークロックジェネレーター【TEAC Reference OCXO搭載】TEAC CG-10M-S
価格:143,985円
スタイリッシュな見た目が魅力的なマスタークロックジェネレーターです。
音質向上が期待できる10MHzクロック信号を送出してくれます。
心臓部の水晶発振器には、恒温槽を備え、発振安定度が高い「OCXO(Oven Controlled Crystal Oscillator)」を採用しています。
フロントパネルにあるアナログメーターでは、OCXO内部の発振安定状態を確認することができます。

サウンドウォーリア クロックジェネレーターOCXO追加モデル SWD-CL10OCX

サウンドウォーリア クロックジェネレーターOCXO追加モデル SWD-CL10OCX
価格:82,439円
サウンドウォーリアのクロックジェネレーター、OCXO追加実装モデルです。
本体によって生成したワードクロック信号を出力します。
また、精度の高いクロック出力を可能にするため「OCXO(恒温槽付高精度水晶発振器)」を追加実装しました。
クロック源は「TCXO」と「OCXO」の2つの発振器から選べます。
D/AコンバーターやCDトランスポートといった外部クロック入力端子がある複数のデジタル機器に接続し、同期させることでより高精細な音が作れるようになります。

サウンドウォーリア クロックジェネレーターOCXO追加モデル SWD-CL10OCX

サウンドウォーリア クロックジェネレーターOCXO追加モデル SWD-CL10OCX

E-RM / midiclock+ MIDI マスタークロック・ジェネレーター

E-RM / midiclock+ MIDI マスタークロック・ジェネレーター
価格:35,640円
MIDI、DIN Sync24、アナログクロック・パルスに対応したクロックジェネレーターです。
精度の高いMIDIクロックメッセージ、DINシンクやアナログクロック・パルスを生成してくれるMIDIマスタークロックジェネレーターで、価格も手ごろでコンパクトなサイズなので取り入れやすいのが特徴です。

MUTEC(ミューテック) 10Mhzリファレンスクロックジェネレーター REF10

MUTEC(ミューテック) 10Mhzリファレンスクロックジェネレーター REF10 (アルミニウム(Aluminum))
価格:405,000円
本格的なクロックジェネレーターをお探しならこちらがおすすめです。
10MHzリファレンスクロックジェネレーターで、低ノイズ設計により美しい音を引き出してくれます。
ドイツ国内で手作りされた超低位相ノイズ「OCXO」を採用しています。

まとめ

クロックジェネレーターは音質をよくするためには欠かせない機器ですが、価格がちょっと高い…というのがデメリットです。
しかし、使用してみるとその差は歴然。
本格的な音楽制作や、音にこだわりたいという方にはおすすめの商品です。
リーズナブルなものもありますので、吟味してお気に入りの1台をぜひ見つけてみてください。

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ