エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

手書きはエコじゃない!?デキる男にはデジタルペーパーがおすすめ!


仕事でメモを取るとき、デジタルペーパーを使っている人、周りにいませんか?
仕事の効率アップのため、そして何よりエコ!という理由から最近はデジタルペーパーが流行しているんだとか。
僕自身、少し前からデジタルペーパーを使い始め、その良さに虜になってしまっています。
今回は、おすすめのデジタルペーパーからいろいろな使い方までとことん解説していきます!

デジタルペーパーとの出会い

プラス メモパッド クリーンノート Kaite カイテ A4 5mm方眼 KA-002H 428-308
デジタルペーパーとは、電子ノート、電子メモといわれる商品です。
携帯できるホワイトボードや黒板のようなイメージでしょうか。
僕は、知人がデジタルペーパーを使っているのを見て、どうしても欲しくなっていろいろと探しました。
それまでは、B5サイズのメモ帳を持ち歩き、気になること、話題になりそうなことを書き込んでいました。
とにかく、メモをすることが好きだし、何よりライターという仕事をしているとリサーチしてメモを取ることはクセになっています。
メモをすることで、覚えておきやすいというメリットがありますが、書いたメモがどこに行ってしまったかわからなくなったり、散らかってしまうこともしばしば。
そこで、デジタルペーパーを思い切って購入してみることにしたのです。

デジタルペーパーのメリット

書いたものをデータ化できる

デジタルペーパーは携帯できるホワイトボードなどとは違って書いたものをデータ化できるというのが最大のメリットです。
どの商品でもそういった機能があるというわけではなく、一部の商品でということにはなりますが、スマートフォンと連動していたり、USBを使ってメモ帳の内容を保存しておけるものもあるので、この機能がついているととても便利です。

ペーパーレスなのでエコ

デジタルペーパーは、紙を使わずにメモできるので純粋に考えてエコです。
ボタン電池を使用するものがほとんどで、電池もそんなに消耗しないので取り換える頻度も少ないです。
また、充電して使用するタイプのデジタルペーパーもあります。

ただ単にかっこいい

実は、これが理由で購入するという人も多いのではないでしょうか?
会議の際、サッとデジタルペーパーを取り出して使っていたら、ちょっとかっこいいんじゃないか…。
使っているのを見て、かっこいいから買う!というのもアリでしょう。

さまざまな使い道がある

仕事でメモをするときに使うというビジネスマンがほとんどだと思いますが、それ以外にもさまざまな使い道があります。
僕は、使ってみてとてもよかったので、家用にも1台購入しました。
奥さんや子どもとの連絡用に前までは100円ショップで買ったホワイトボードを冷蔵庫に貼り付けて使っていましたが、それをデジタルペーパーにしたところスッキリとスマートになりました。
ホワイトボードは使っていくうちに汚れてきたり、消耗品のペンなども乾いてしまって頻繁に買っていましたが、それもなくなりました。
連絡用にホワイトボードを使っている人は、ぜひデジタルペーパーに変えてみてください、便利ですよ!

デジタルペーパーのデメリット

うっかり消してしまう

最大のデメリットは、うっかり消してしまう!という点です。
これ、僕も慣れるまでは何回かやってしまいました。で、やってしまうとすごくショックです。
でも、気を付けて使えばこの問題はクリアできるので、今はあやまって消すこともほとんどありません。

メモ帳よりは重い

デジタルペーパーは大体150~200gぐらいですので、メモ帳よりは重いかな?と思います。
荷物の重さが気になる方には向かないアイテムかもしれませんね。
でも、それを補って余りあるほどメリットがあるのも事実です。

バックライトがないので暗いところでは見えない

デジタルペーパーはタブレットと違いバックライトはついていないものがほとんどです。
暗いところでの作業はなかなか難しく、その点がデメリットとして挙げられることが多いです。
まぁ、それは普通のメモ帳でも同じですね。

タブレットではダメなの?

書き味が違います!

タブレットでいいじゃん!という声が聞こえてきそうですが、一度書いて見ればわかりますが、なんだかすごく病みつきになる書き味なんです。
スラスラと、まるで紙に書いたかのようにかけるところがデジタルペーパーの魅力です。
子どものお絵かき帳としても使うことができ、おすすめです。

おすすめデジタルペーパー

WOBEECO 繰り返し書ける電子メモパッド 8.5インチ 消去ロック機能付き

繰り返し書ける電子メモパッド 8.5インチ 消去ロック機能付き 電池交換可能 LCD液晶画面 タブレット型 最新型の電子ペーパー デジタルメモ 筆談ボード 落書き帳 伝言メモ
価格:1,299円
我が家で冷蔵庫に貼り付けて使用しているのがこちらのデジタルペーパーです。
132gととても軽く、もち運びにも便利です。
価格がリーズナブルなので、はじめてデジタルペーパーを使用するという人におすすめの商品です。

ソニー SONY デジタルペーパー (A4サイズ)

ソニー SONY デジタルペーパー (A4サイズ) DPT-RP1 [国内正規品]
価格:77,763円
ソニーのデジタルペーパーA4サイズです。
充電式で、フル充電で約3週間も使用できます。
重さは349gとやや重いですが、書き心地は最高で、紙に書いているようにスラスラと書けます。
画面ロック、データの暗号化ができるので盗み見されたり情報漏洩されることを防いでくれます。
専用のアプリを使ってスマホから簡単にPDFファイルに出し入れが可能です。
ビジネスマンにおすすめの本格的なデジタルペーパーです。

ソニー SONY デジタルペーパー (A4サイズ) DPT-RP1 [国内正規品]

ソニー SONY デジタルペーパー (A4サイズ) DPT-RP1 [国内正規品]

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-9クロ ブラック

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-9クロ ブラック
価格:6,131円
画面サイズは10.5インチLCDで大きく見やすいです。
電池(単6乾電池2本)を使用し、交換も可能。
ロック機能とスタイラスペンのホルダー、ストラップホールがついています。
ストラップをつけて首から掛けることも、壁にかけることもできます。

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-9クロ ブラック

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-9クロ ブラック

シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S50

シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S50
価格:12,426円
小さくて持ち運びしやすいデジタルペーパーです。
専用カバーがついていて手帳のような感覚で使うことができます。
ノートは最大100冊分の容量があり、スケジュール長も最大合計1,000ページと大容量です。
USBケーブルでパソコンなどを用いて充電するタイプです。

シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S50

シャープ 電子ノート ブラック系 WG-S50

まとめ

デジタルペーパーはスマートフォン、タブレットなどのメモ機能とはまたちょっと違った使い心地のアイテムです。
スラスラと書けるあの感覚は、味わうとクセになってしまいます。
また、スマートフォンにすぐメモしたいけれど、なかなか打つのが遅くて…という人も、手書きなら簡単に書けますし、便利です。
できるだけ薄くてコンパクトなものを選ぶと持ち運びも楽ですよ!

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ