エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

モバイルバッテリーは機内持ち込みできる?細かい規定や容量をしっかりチェック!


モバイルバッテリーは旅行に欠かせないアイテムですが、機内持ち込みしたい場合どうしたらいいのでしょうか?
飛行機での旅行の際、気になるのはモバイルバッテリーが機内に持ち込めるかどうか、また容量などはどの程度なのか?といったことですよね。
実際に、僕の友人は海外旅行の際に、モバイルバッテリーを没収されてしまった経験があるようです。
そこで、今日は飛行機での旅行を予定していて、モバイルバッテリーが機内持ち込みできるのかどうか知りたいという人のために、規定や容量、持ち込めるモバイルバッテリーをご紹介していきます。

モバイルバッテリーは機内持ち込みできる?

モバイルバッテリーは機内持ち込みのみ可能です

モバイルバッテリーを旅行で使うとき、飛行機に持ち込むのか、または預ける荷物の中に入れるのか…わからないという人も多いのではないでしょうか?
モバイルバッテリーは、機内持ち込みの手荷物の中に入れるのが正解です。
これは、「国際民間航空機関(ICAO)」というところで定められているルールなのできちんと従いましょう。
スーツケースなどの預ける荷物の中に入れてしまうと、X線検査で引っ掛かり、荷物を開けられてしまいます。
また、国によっては破棄されてしまうということなので、注意が必要です。

モバイルバッテリーの制限

モバイルバッテリーについてはさまざまな決まりがあります。

国内線

◎ワット時定格量(Wh)100Wh以下 放電容量(mAh)27,027mAh以下 持ち込み個数の制限はなし
◎ワット時定格量(Wh)100Wh~160Wh 放電容量(mAh)27,027mAh~43,243mAh 持ち込み個数は2個まで
◎ワット時定格量(Wh)160Wh以上 放電容量(mAh)43,243mAh以上 持ち込み不可

ANA・JALの国内線は100Wh以下のものなら制限なく持ち込むことが可能です。
スカイマークは、容量に関係なく、「1人2個まで」という決まりがあります。
また、160Wh以上のものは持ち込み自体ができませんので気をつけましょう。

国際線

国によって規定が異なるので、事前に調べておきましょう。
例えば、中国では、100Whを超えるモバイルバッテリーは機内持ち込み禁止になっていますので、日本よりもかなり厳しいですね。

モバイルバッテリーの制限が厳しいのはなぜ?

そもそもモバイルバッテリーはどうしてそんなに制限が厳しいのでしょうか?

ズバリ!危険な物だから

モバイルバッテリー自体は、どこでも持ち歩けて、いつでも充電できる便利な商品なのですが、「飛行機に乗る」となると危険物になってしまうのです。
その理由は、モバイルバッテリーに使われている「リチウムイオン電池」が衝撃に弱かったり、発熱や発火、爆発の恐れがあるものだからです。
実際に、何件もモバイルバッテリーによる発火事故は起きていますし、飛行機という密室で火災が起こってしまったら大変です。
手荷物のみ持ち込み可能にしているのは、手荷物であれば火災がすぐに気づけるからだということです。
便利なものでも時として大惨事を招く恐れがあるので、規定をきちんと守り、容量などの制限も事前にチェックして、安全に旅を楽しみたいですね。

モバイルバッテリーを選ぶ際の注意点

モバイルバッテリーを選ぶときはどのような点に注意すればいいのでしょうか?

容量をチェック

まずは、飛行機に持ち込むことができる容量かどうかチェックしましょう。
手持ちのモバイルバッテリーを持ち込むときには、表示を見ておきましょう。
表示には、電力が書かれていないものもありますが、計算式を使えば簡単に導き出せます。
Wh(電力)=V(電圧)× Ah(バッテリー容量)
リチウムイオン電池は、ほぼ3.7Vで固定ということなので、3.7Vを当てはめて計算してみてください。
ちなみに、中国などではWh(ワットアワー)が書かれていないモバイルバッテリーは没収されてしまうこともあるというので、新しく購入するときは書かれているものを選ぶと安心です。

コンパクトさを重視する

モバイルバッテリーは手荷物の中に入れておかなければならないので、できるだけコンパクトで軽いものを選ぶといいですね。
1つでは心配だから2つ持っておきたいという人はなおさらです。
重量などもしっかりと確認しましょう。

おすすめモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー/PSE認証済) iPhone&Android 対応 *2019年5月時点 (ブラック)
価格:2,799円~
色:ブラック・ブルー・ホワイト・レッド
モバイルバッテリーでは有名なAnkerの商品です。
Amazonランキング大賞2018(年間)を受賞しています。
卵3個分、約180gと軽量で、シンプルなデザインが人気です。
10000mAh以上のモバイルバッテリーとしては、世界最小・最軽量(2019年3月時点)ということで、コンパクトで軽いモバイルバッテリーをお探しならとりあえずコレ!というイチ押しの商品です。

TSUNEO モバイルバッテリー 10000mAh

モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵 大容量 MFi認証 ライトニング/microUSBコネクタ付 2USBポート スマホ 充電器 コンパクトで持ち運び便利 iphone/ipad/Android対応 (ホワイト)
価格:2,250円
色:ホワイト・ブラック
iPhone用のMFi認証LightningケーブルとAndroid向きのMicroケーブルが付いているのでケーブルを持ち歩くことなく充電ができます。
薄くて軽いのが特徴で、iPhone6と同程度の大きさ、厚みは12.8mmでポケットに収まるサイズ感がgoodです!

Tindon モバイルバッテリー 8000mAh ケーブル内蔵

Tindon モバイルバッテリー 8000mAh ケーブル内蔵 大容量 軽量 薄型 携帯充電器 コンパクト 急速充電 2台充電可能 iphone&Android&Type-C 各種対応 (ブラック)
価格:2,295円~
カラー:ブラック・レッド・ローズゴールド
かなりコンパクトサイズなモバイルバッテリーです。
重さは150g、厚みは10mm。
iPhone用のLightningポートとAndroid向きのMicroUSBポートとType-cポートを内蔵しているのでケーブルは不要です。

Poweradd モバイルバッテリー 20000mAh Pilot X7

モバイルバッテリー 20000mAh Poweradd Pilot X7 モバイル・バッテリー 大容量 PSE認証済 iPhone&Android対応 災害/旅行/アウトドア活動用に最適(ブラック+ホワイト)
価格:1,999円~
色:ブラック・ブラック×ホワイト・ブルー
素早く満充電にできるモバイルバッテリーです。
高品質なバッテリーセルを採用しているので過充電・過放電・発熱・ショート時に自動充電を停止してくれて安全です。
大容量で、iphone7に7回、SamsungS6に5回以上充電できるという優れものです。
また、懐中電灯の機能も付いているので災害時にも便利です。

まとめ

モバイルバッテリーを機内持ち込みするときは、容量と個数の制限などをきちんと覚えておきましょう。
今回ご紹介したモバイルバッテリーであれば、機内持ち込みできますので購入の際、参考にしてみてください。

この記事を書いた人

tana_san
旅行と食べ歩きが好きなWebライター。旅情報、観光スポットや、かっこよくて使えるアイテムなどを常に探してさまよっております。
面白い!もっと知りたい!と思われる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
書いた記事の一覧へ