エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

軽量・コンパクト!ソロキャンプ用のおすすめテント10選


f:id:sasu-rider:20180706172059j:plain


大自然の中で、誰にも邪魔されない一人の時間を満喫する。

仲間や家族でワイワイ楽しむキャンプとは正反対の「ソロキャンプ」が、今密かなブームになっています。

都会の喧騒を離れ、 読書を楽しんだり、釣りをしたり、料理に興じてみたり、トレッキングをしたり、自転車やバイクでツーリングをしたりと、ソロキャンプの楽しみ方は文字通り千差万別と言えます。


そんな、自由気ままなソロキャンプの良し悪しを左右する重要なアイテムと言えば「テント」ですが、グループでのキャンプとソロでのキャンプでは、そもそもテントに求められる要素は異なるものです。

一体、ソロキャンプに適したテントとはどのようなものなのか? おすすめのソロキャンプ用テントと併せて紹介していきます。



ソロキャンプ用のテントは軽量・コンパクトで設営がし易いことが大切

f:id:sasu-rider:20180706165524j:plain


ソロキャンプ用のテントは、当然のことながら一人で運んで一人で設営する必要があります。

そう考えると「軽量であること、コンパクトであること、設営がし易いこと」は非常に重要な要素であり、ソロキャンプ用のテントはこの3つの要素を満たすものが優れていると言えます。

たとえ移動が車でも、キャンプ場内ではテントを持ち運びする必要がありますし、設営がし易いことに越したことはありません。

バックパッカーのソロキャンプや、自転車・バイクでのソロキャンプツーリングに至っては、なおさらこの3つの要素は非常に大切です。

ソロキャンプ用のテントの大きさは1〜2人用か2人用がおすすめ

f:id:sasu-rider:20180706165526j:plain


ソロキャンプ用のテントと聞くと、1人用の大きさを選んでしまいがちですが、実際は1〜2人から2人用の大きさを選んだ方が賢明です。

1人用のテントは、キャンパーが寝るだけの限られたスペースしかないので、荷物の収納場所に困るケースが多いからです。

反対に、1〜2人から2人用のテントを選んでおけば、荷物の収納スペースの確保はもちろん、テント内の居住性も一段とアップします。

単に寝るだけではなく、テント内で読書などを楽しみたいキャンパーにとっては居住性も非常に大切な要素の一つです。

シングルウォールテント・ダブルウォーテントとは?

テントには、シングルウォールテントとダブルウォールテントという2つの種類があります。

シングルウォールテント

シングルウォールテントとは、その名の通り一枚の生地(壁)で構成されているテントです。

生地には防水透湿加工が施してあり、そのままで雨風を凌げますが、気密性が高い生地ゆえにテント内が結露しやすいという欠点があります。

また、シングルウォールテントはその構成上、テント前の多目的スペース「全室」がありません。

しかし、構成がシンプルなので 、設営が簡単にできる上に収納が非常にコンパクトに収まります。

ダブルウォールテント

実際にキャンパーが寝るインナーテントと、雨風を防ぐフライシート(防水透湿加工の生地)が別体になっている二重構造のテントです。

シングルウォールテントよりは重量と設営の手間が若干増しますが、 テント内が結露しにくく全室が作れるというメリットがあり、初めてのテントにはこちらが適しています。

自立式テントと非自立式テント

テントは、その設営方法によって自立式テントと非自立式テントに分類されています。

自立式テント

テントにフレーム(ポール)を通すだけで、地面に固定しなくても完成する(自立する)テントが自立式テントです。

設営がしやすく、初心者でも扱いやすいことから、 ほとんどのキャンパーが自立式を選択しています。

非自立式テント

テントにフレームを通しただけでは完成せず、 ペグや張り網、トレッキングポールをなどを用いて始めて完成するテントが非自立式テントです。

設営には手間がかかりますが、軽量で耐久性が高く、主にキャンプ上級者に好まれるテントです。

ソロキャンプ用のおすすめテント10選

ソロキャンプ用として使えるテントの中でも、特にオススメのものを10個ピックアップして紹介していきます。

ソロキャンパーご用達の定番モデル「モンベル ムーンライト2型」

f:id:sasu-rider:20180706165533p:plain
アウトドアメーカー「モンベル」のテントの中でも、息が長い定番アイテムが「ムーンライト2型」です。

ムーンライトという名前は「月明かりでも素早く設営できる」という意味で、独自のフレームと吊り下げ型の構造により設営が容易に出来ることが特徴です。

雨が多い日本でも快適に過ごせるように防水性・通気性に優れ、外気を外に流すベンチレーターも装備しています。

ムーンライトには1人用の1型もありますが、居住性に優れた1〜2人用の2型がおすすめです。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
使用サイズ:150×220×120cm
収納サイズ:直径16×46cm
重量:2.6kg
定員:1〜2名


軽量性と居住性を両立させた「モンベル ステラリッジ1型」

f:id:sasu-rider:20180706165534p:plain

登山家やアウトドアファンに長年愛されているモデルが「ステラリッジ1型」です。

世界でもトップクラスの軽量性を持ちながら、快適な居住性も両立された満足度の高いテントで、ヘビーデューティーなシチュエーションでも頼もしい性能を発揮します。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
使用サイズ:210×90×55cm
収納サイズ:13×13×30cm
重量:1.44kg
定員:1名


軽量コンパクトな山岳用テント「スノーピーク ラゴ1」

f:id:sasu-rider:20180706165535p:plain

山岳用テントとして開発されたスノーピークの「ラゴシリーズ」の中でも、特にソロユースに適したモデルが「ラゴ1」です。

軽さと設営時間の短縮に力を入れているモデルで、わずか1.25kgしかない重量は驚異的と言えます。


タイプ:ダブルウォール非自立式テント
使用サイズ:225×90×100cm
収納サイズ:14×28cm
重量:1.25kg
定員:1名

スノーピーク(snow peak) テント ラゴ1 SSD-735R [1人用]

スノーピーク(snow peak) テント ラゴ1 SSD-735R [1人用]


人気のティピー型のソロキャンプ用テント「バンドック ソロティピー 1」

f:id:sasu-rider:20180706165536p:plain

新潟県生まれのアウトドアメーカー「バンドック」のソロキャンプ用テントが「ソロティピー 1」」です。

人気のティピー型(シングルポール型)のテントで、居住性に優れ全室が広いことが特徴で、コストパフォーマンスの良さも魅力です。


タイプ:シングルウォール自立式テント
使用サイズ:240×240×150cm
収納サイズ:60×17×17cm
重量:2.2kg
定員:1名


ライダー待望のバイクと一緒に過ごせるテント「DOD ライダーズバイクインテント」

f:id:sasu-rider:20180706165527p:plain

バイクと一緒にテントで過ごせる、そんなライダーにとって夢のようなテントがDODの「ライダーズバイクインテント」です。

ワンタッチ操作で簡単に設営できるテントは、広い全室とバイクが収納できるキャノピーを備えており、目の前の愛車を眺めながらキャンプを楽しむことが出来ます。

テントの大きさも2人用として通用するもので、荷物が多いライダーやタンデムライダーでも十分なスペースがあります。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
使用サイズ:215×260×140cm
収納サイズ:20×58cm
重量:4.7kg
定員:2名


チャリダー・ライダーご用達のツーリングテント「コールマン ツーリングドームST」

f:id:sasu-rider:20180706165528p:plain

コールマンの「ツーリングドームST」は、自転車やバイクでのソロキャンプツーリングの定番モデルです。

居住性に優れ、全室が広いことが特徴で、前の日でも快適に過ごせるテントです。

サイズも1〜2人用と余裕があるので、荷物が多いツーリングキャンパーにもオススメです。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
使用サイズ:210×120×100cm
収納サイズ:23×54cm
重量:4.4kg
定員:1〜2名

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] 170T16400J

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] 170T16400J


職人が作る登山用テント「アライテント エアライズ1」

f:id:sasu-rider:20180706165529p:plain

軽量で持ち運びがし易い登山用テント「エアライズシリーズ」は、アライテントが選んだ職人が作っているテントです。

登山ユースに耐えうるしっかりとした作りが特徴で、1〜3まであるモデルの中でも最大2人まで使用できるサイズの「1」がソロキャンプにはおすすめです。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
使用サイズ:100×205×100cm
収納サイズ:29×14cm
重量:1.4kg
定員:1〜2名


スタイリッシュな高機能テント「MSR ハバNX」

f:id:sasu-rider:20180706165530p:plain

デザイン性に優れたテントに定評のある「MSR」のソロキャンプ用テントが「ハバNX」です。

そのスタイリッシュな外観は、一目で自分のテントと分かる存在感を醸し出しています。

MSRは登山家が設立したブランドなので、軽量コンパクトでしっかりとした作りになっています。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
使用サイズ:76×216×91cm
収納サイズ:46×15cm
重量:1.3kg
定員:1名

MSR 軽量 テント ハバNX ホワイト [1人用] 【日本正規品】 37746

MSR 軽量 テント ハバNX ホワイト [1人用] 【日本正規品】 37746


オールシーズン利用できる軽量モデル「ブラックダイヤモンド ハイライトベスティブール」

f:id:sasu-rider:20180706165531p:plain

オールシーズン利用できる堅牢さを備えながら、コンパクトで軽量な仕上がりのブラックダイヤモンドのソロキャンプ用テントが「ハイライトベスティブール」です。

クロスポール2本とサブポール1本で設営するガッチリとした構造ですが、収納時は非常にコンパクトに収まることが特徴です。


タイプ:ダブルウォール自立式テント
重量:1.5kg
定員:1名

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) ハイライトベスティブール BD80042

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) ハイライトベスティブール BD80042


イギリスのアウトドアメーカーが作ったテント「テラノバ レーサーコンペティション 43LCG」

f:id:sasu-rider:20180706165532p:plain

イギリスの老舗アウトドアメーカー「テラノバ」が作ったソロキャンプ用テントが「レーサーコンペティション 43LCG」です

とても軽量なテントですが、複雑な形状の非自立式テントなので、キャンプ上級者向けの通好みなテントと言えます。


タイプ:ダブルウォール非自立式テント
使用サイズ:高さ95~100cm×長さ220cm×幅62~93cm
収納サイズ:42×12cm
重量:970g
定員:1〜2名

TERRA NOVA(テラノバ) レーサーコンペティション1 43LCG

TERRA NOVA(テラノバ) レーサーコンペティション1 43LCG


ソロキャンプ用のおすすめテント10選 まとめ

都会の喧騒を離れ、一人の時間をゆっくりと過ごせるソロキャンプは、現代人にとって必要なリラクゼーションと言えます。

週末、お気に入りのテントと共にソロキャンプにチャレンジしてみましょう。


この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^