エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

タブレットを購入したなら揃えるべきおすすめ周辺機器!


周辺機器を揃えてタブレットをさらに便利にしよう!
周辺機器を揃えてタブレットをさらに便利にしよう!
今や一家に一台のペースで広まりつつある電子タブレットは、生活を便利にする機能が満載のアイテムです。
動画視聴や読書といった趣味にはもちろん、仕事や勉強にまで応用できるそのポテンシャルは、これからも重宝されていくでしょう。
そんなタブレットを購入したのなら、さらに便利にする周辺機器をチェックしてみることをおすすめします。
こちらでは利便性を向上させる周辺機器の選び方や、今話題のアイテムについて解説してまいりますので、タブレットを手に入れた際には参考にしてみてください。


タブレットを買ったら周辺機器も必須?

周辺機器はタブレットをさらに便利にする

タブレットは、もうそれだけで便利なアイテムであることは間違いありません。
しかしタブレットはスマホとパソコンの中間的な立場であるともいえるので、使い方によっては器用貧乏になりがちです。
だからこそ周辺機器を同時に利用して、タブレットの機能を存分に堪能できる環境を作ることがポイントになります。
専用のアイテムによって機能を拡張できることこそ、タブレットが持つ大きな魅力なのです。
自分の用途に合った周辺機器を揃えることができれば、毎日の利用はさらに快適になることでしょう。
現在はその需要を見越して、多くのメーカーがタブレット専用のアイテムを発表しています。
一般的なケースや保護シートだけで満足せずに、何かに特化した周辺機器を購入してみることは、タブレットの魅力を最大限に引き出すコツになるでしょう。

タブレットの用途をしぼることから始めよう!

タブレットには、さまざまな用途が考えられます。
単純に大きなスマホとして使うだけでなく、簡易的なパソコンとして、または一部の機能に特化した専用機としても利用ができるでしょう。
周辺機器もその用途に合わせて作られているものが多いため、あらかじめタブレットの使い道を決めておくと本当に便利なアイテムを選ぶことができます。
ビジネス・勉強・読書・動画視聴といったあらゆる用途をチェックして、自分が何のためにタブレットを使いたいのかを考えてみてください。
使い道をしぼることができれば、最適な周辺機器によって、タブレットの利便性をさらにアップさせることができるでしょう。

タブレットといえばiPad?他のとどう違うの

タブレットといえば、Apple製品の「iPad」を思い浮かべる人は多いでしょう。
テレビCMなどで頻繁に紹介されていることから、タブレット=iPadという認識の人もいるかもしれません。
しかし世の中にはiPad以外のタブレットも多数あるため、実際に購入する際には迷うことは必須です。
タブレットの購入を検討しているのなら、以下からiPadとそれ以外のタブレットの違いをチェックしてみてください。

iPadとそれ以外のタブレットとの違い
  • システムを動かすOSが違う

アップデートやアプリに差が出る。

  • SDカード等による容量の拡張ができるかどうか

iPadは最初に購入した容量以上の利用ができない。容量不足の場合はクラウドサービスなどを使う。

  • 価格の違い

基本的にiPadは高価な端末。Androidタブレットにはかなり安価なものが多く、予算が限られている人におすすめ。

  • 周辺機器の充実度が違う

iPadには専用のアイテムがたくさんあり、「購入したけど対応していなかった」という間違いが起こりにくい。

特に周辺機器の充実度は大きな違いとなっていて、Apple自ら高品質の周辺機器を多く販売しています。
気になる周辺機器をチェックしてから、購入するタブレットを選ぶのもいいでしょう。

タブレットで使えるおすすめ周辺機器!用途別にご紹介!

ビジネスに使う人向けの周辺機器

タブレットの携帯性と機能性は、ビジネスシーンでも活躍が見込めます。
仕事に役立てられるような周辺機器を準備しておけば、効率やクオリティを高めることができるでしょう。
スマホでは心もとない、だからといってパソコンは大げさすぎる。
そんなときは以下の周辺機器といっしょに、タブレットをビジネスの現場に持ち込んでみてください。

タブレットケース

タブレットをビジネスに利用する場合、自由な移動を実現する「タブレットケース」は必要不可欠です。
予期せぬ紛失や破損を防ぐことにもつながるので、購入したときはまっさきに準備すべきでしょう。
タブレットに装着するタイプのケースに加えて、カバン型のものも同時に使うと、より仕事で使いやすくなるのでおすすめです。
ケースにはタブレットの周辺機器をまとめて収納できることも多いので、仕事で使うアイテムが多い人ほど便利に使えます。
購入の際にはタブレットのサイズに注意して、ぴったりとハマるケースを選ぶようにしてください。

モバイルバッテリー

外出先で長時間タブレットを使用するのなら、「モバイルバッテリー」があると安心できます。
近年は大容量や急速充電といった特徴を持つアイテムも増えてきているので、仕事のスタイルにぴったりのものを探してみましょう。
薄型タイプを選べばタブレットといっしょに持ちだしても邪魔になりにくく、移動しながら充電することも可能です。
とりあえず1つモバイルバッテリーを確保しておけば、急な仕事が入っても慌てずに対応ができますよ。
ソーラーチャージ機能を持つバッテリーなども開発されているので、今後さらに面白い機能を持った商品が発表されるかもしれません。
バッテリーの劣化のことも考えて、新商品はこまめにチェックしておくことをおすすめします。

タブレット対応のプリンター

作業内容をまとめたデータや仕事で使う資料は、タブレットの画面ではなく紙に出力した方が見やすくなる場合があります。
あらかじめ「タブレット対応のプリンター」を準備しておけば、電子データと紙の両方を自在に利用することができるでしょう。
変換ケーブルなどを使えば直接つなぐこともできますが、タブレットの手軽さを損なわないためにも、なるべく無線で印刷できるものがおすすめ。
wi-fi対応のものをチェックして、プリントアウトに手間と時間をかけないようにしましょう。
今はデータを簡単に転送して、多くのユーザーで共有することができます。
しかし紙は紙で必要な場面は多く、ビジネスではまだまだ使われることになるでしょう。
タブレットにこだわらず、柔軟に対応できるようにしておくといいですね。

brother インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J567N

brother インクジェットプリンター複合機 PRIVIO DCP-J567N

勉強に使う人向けの周辺機器

タブレットは次世代のノートとしての需要も見込まれているので、これから勉強に利用されることも増えていくでしょう。
学生はもちろん、資格や業務の勉強をしている社会人も、便利な周辺機器を使ってタブレットでの勉強に挑戦してみてはいかがですか。
上手にタブレットを活用できれば、アナログ時代よりもずっと効率の良い勉強が行えるかもしれません。
慣れればいつでもどこでも勉強できるようになるため、目標にいっきに近づくことも可能となりますよ。

Bluetoothキーボード

タブレットを勉強のために使うのなら、素早く文章を入力できるキーボードが欠かせません。
無線で接続できる「Bluetoothキーボード」を用意して、スムーズに文書作成ができる環境を整えておきましょう。
タブレットの画面タッチと比べて、Bluetoothキーボードを使った場合の入力速度は大きく向上します。
覚えた内容をメモしたり、学習状況を記録したりする際に便利なので、ぜひお気に入りのキーボードを1つ手に入れておきましょう。
Bluetoothならタブレットと分離して持ち運べるので、学校の授業やセミナーなどでノートとしても使いやすくなります。
タイピングに自信があるのなら、Bluetoothキーボードを利用して快適な勉強を実現してみましょう。

スタイラスペン

最近はiPadをはじめ、さまざまなタブレットでデジタルペンによる直接の入力が流行しています。
「スタイラスペン」によって手描きと変わらない感覚でタブレットの画面を利用できれば、日々の勉強に応用することもできるでしょう。
タブレットとスタイラスペンの組み合わせは、これまでのノートとペンと同じように、学生のスタンダードになるかもしれませんね。
購入の際にはペン先の違いや自分の手への馴染み具合などがあるので、なるべく直接触って使用感を確かめてみるといいでしょう。
タブレットには容量が許す限りの電子教科書を保存しておくことができるので、直接画面上のノートに書き込めるペンとの相性は抜群です。
教科書とノートを同じ画面で利用できるというメリットを活かして、勉強の効率を高めてみてはいかがですか。
キーボードでのタイピングが苦手、手で書かないと覚えられないといった人には、おすすめのアイテムとなっています。

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

タブレットスタンド

タブレットを不安定な足場で利用していると、勉強の集中を妨げる原因になるでしょう。
モチベーションと効率を落とさないためにも、使いやすい「タブレットスタンド」は必須になりますね。
机の上に置くものや、アームで固定するものなどタイプもさまざまなので、自分の勉強スタイルにぴったりのアイテムを見つけましょう。
長時間勉強することを考えると、自由に角度を変えられるかどうかがスタンド選びのポイントになります。
なるべく柔軟に動かせるものを探して、どんな姿勢からでもタブレットの画面が見えるように工夫してみてください。
またタブレットスタンドのなかには、取っ手やカバーがいっしょに付いている商品も珍しくありません。
スタンドの他に必要な機能があるのなら、まとめて賄えるアイテムを使うのも1つの選択です。

動画視聴や読書に使う人向けの周辺機器

動画視聴や読書も、タブレットのメイン機能となっています。
便利な周辺機器を取りそろえることで、自分の時間をよりリラックスさせることができるでしょう。
せっかくタブレットを使って娯楽を楽しむのなら、専用のアイテムを購入して充実した環境を作り上げることをおすすめします。
タブレットを使った遊びは日々のストレスの軽減にもなるので、仕事や勉強で疲れたときは休憩にも積極的に利用していきましょう。

防水ケース

お風呂や台所で動画を視聴するのなら、「防水ケース」を利用して故障を防ぐようにしましょう。
ちょっとした水はねや湿気に弱いタブレットを水から守ってくれる専用ケースは、タブレットをさらに自由に使うきっかけにもなりますね。
アウトドアレジャーで利用することもできるので、水場へ遊びに行く予定がある人は事前に準備しておくといいでしょう。
もちろん防水ケースだからといって、安易に水につけることは厳禁です。
ケースを付けていないときと変わらず、水からはなるべく遠ざけるような使い方を心がけてください。
万が一の水ぬれに備えておけば、気軽にタブレットを持ちだしやすくなるため、日々の利用が捗るかもしれませんね。

変換ケーブル

動画を視聴していると、「ここは大画面で見たいな」と思うシーンに出会うことはありませんか。
そんなときはタブレットと別の画面をつなぐ「変換ケーブル」を利用して、大画面での動画を楽しみましょう。
場合によっては動画編集アプリやゲームも、別の画面につなぎながら利用できるのも魅力です。
外ではタブレットの画面で動画を見て、帰宅後はテレビやモニターの大画面で視聴を楽しむ。
そんなスタイルが定着すれば、タブレットのメリットを存分に堪能できるでしょう。
また変換ケーブルがあれば、データの移行や有線のキーボードを利用できることもあります。
特にAndroidタブレットではさまざまな使い道が考えられるので、安価なものを常備しておくのもいいですね。

ELECOM MHL変換ケーブル 3m ブラック MPA-MHLHD30BK

ELECOM MHL変換ケーブル 3m ブラック MPA-MHLHD30BK

ハンドストラップ

タブレットで電子書籍を読むとき、本体の重さや持ちにくさが気になることがあります。
片手で持つことを前提とするのなら、専用の「ハンドストラップ」を購入してみてはいかがでしょうか。
簡単に手のひらに収められるようになるので、長時間の読書でも疲れを感じにくくなります。
持ち手の安定感も増すので、不意に落として破損するといったトラブルも避けられるでしょう。
過去にスマホやタブレットを落下させた経験がある人は、ハンドストラップを使った対策がおすすめです。
ハンドストラップはシンプルなデザインのものが多いですが、なかにはカラフルなバンドやリングタイプも実用化されています。
おしゃれ重視の人でも納得して使えるため、これを機にネットショップをチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

なにも追加せずにシンプルに利用するのも、タブレットの使い方の1つです。
しかしタブレットに明確な使用目的があるのなら、ぴったりのアイテムを探してみることをおすすめします。
そのためにはまず自分がどうしてタブレットを買ったのかを考えて、どんなアイテムがあると毎日が便利になるのかを検討してみましょう。
的確な周辺機器を集めることができれば、仕事や勉強、そして遊びの時間はこれまで以上に充実したものになりますよ。
上記でご紹介したアイテムを参考に、自分にとって最適なタブレット環境を整えてみてください。


この記事を書いた人

まめじろう <エスプロ編集部>
新しいモノ好きな30歳サラリーマン男
コンビニの新作はとりあえず買っちゃう派です。