エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

仮想通貨の価格をチェックする「TicrThing」を使ってみた!これは便利でおしゃれな必見アイテムです!

f:id:syunkin999:20180803100504p:plain世界的に爆発的な広まりを見せ、今やさまざまな業界に影響を及ぼすようになった仮想通貨は、今後もたくさんのメリットを私たちに与えてくれるでしょう。

そんな仮想通貨ですが最近はそのトレードをサポートしたり、便利に価格をチェックできたりする専用アイテムが販売され始めていることにも注目が集まっています。

私もちょこちょこと仮想通貨のトレードをしていますが、そういった便利なアイテムが1つあるだけで、実際の売買がスムーズに行えると感じられますね。

これから仮想通貨の取引を始めてみるという人や、もっと充実した売買で利益を得たいという人は、ぜひ仮想通貨のために作られた専用のアイテムを手にしてみることがおすすめです。

そこで今回は、仮想通貨の価格チェックに役立つ「TicrThing」というアイテムをご紹介したいと思います。

TicrThingはその機能だけでなく見た目のおしゃれさも合わさって、かなり魅力的なアイテムとなっています。

今後仮想通貨を日常的に取引していきたいという人は、この機にぜひTicrThingチェックしてみてください。

TicrThingっていったいなに?

f:id:syunkin999:20180803101139p:plain

仮想通貨の価格をリアルタイムでチェックできるカウンター

TicrThingは仮想通貨の価格情報をリアルタイムで取得して、画面に表示してくれる便利なアイテムです。

価格のボラリティ(変動率)が高いことで知られる仮想通貨において、こまめなチェックは売買での必須テクニックとなっています。

しかしいちいちパソコンやスマホでチャートを確認するのは大変で、何度も繰り返しているうちに面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

そういったときでもTicrThingがあれば、一目で仮想通貨の価格を把握することができます。

特に仕事や家事をしながら片手間にトレードを行わなければならない場合は、TicrThingが良い相棒になってくれるでしょう。

常に仮想通貨から目を離したくないというときには、TicrThingを手元に置ておくといいですね。

シンプルゆえに使いやすいのが魅力

TicrThingの機能は、「仮想通貨の価格をチェックする」という1つの要素に特化しています。

そのため見た目も中身も非常にシンプルな構造となっていて、誰でも簡単に使いこなせるようになっているのです。

それでもシンプルを理由に機能が足りていないというようなことはなく、仮想通貨の価格をチェックするために必要なポイントはしっかりと押さえています。

最初の設定を終えればそのまま使い続けることができるので、手間をかけずに仮想通貨の価格をチェックしたい人におすすめできるアイテムです。

仮想通貨の取引に本気で挑戦したい人こそ要チェック!

仮想通貨の取引は、基本的にパソコンやスマホの画面で実行されます。

しかし四六時中それらの画面を見ているのは難しく、生活している限りはどうしても目を離す必要が出てくるでしょう。

そんなときTicrThingが部屋の中にあれば、ちょっと視線を送るだけですぐに仮想通貨の価格をチェックすることができます。

TicrThingはいちいち本体を起動したり、画面をタップしたりといった操作は必要ないので、自分が求めるタイミングで情報を取得することができるのです。

ただ「見るだけ」で仮想通貨の今を知れるのは大きな魅力で、トレードにおいてはこれ以上ないほどのサポートとなるでしょう。

実際に仮想通貨の売買を行っていると、チャートや価格の推移をチェックできない時間がとてももどかしく感じてしまうことはよくあります。

それは生活の他の部分を疎かにさせ、結果的に色々な支障をきたすことになるでしょう。

だからこそTicrThingのような簡単にチェックできるアイテムで、生活のケアを行うメリットは大きくなります。

本気で仮想通貨を売買するのならTicrThingを室内に置き、いつでも好きなときに価格をチェックできる環境を整えておきましょう。

TicrThingの使い方をチェック!

f:id:syunkin999:20180803101136p:plain

まずはWi-Fiに接続

TicrThingを使うには、まず本体をWi-Fiに接続する必要があります。

接続の作業自体は簡単ですが、説明書がすべて英語で書かれているため、途中でわからなくなってしまった場合は以下の手順を参考にしてみてください。

最初にTicrThingの本体を充電し、稼働の準備を行います。

充電中は本体の内部から赤いランプの光が見えるので、簡単に充電の様子を確認できるでしょう。

その後十分に充電ができたら本体裏面のスイッチをチェックし、左側の「CONF」に合わせてください。

すると表面のディスプレイにTicrThingに登録されている「SSID」と「パスワード」が表示されるので、それをパソコンやスマホのWi-Fiと接続します。

接続方法はスマホやパソコンの設定画面を開き、Wi-Fiの項目からTicrThingの名前をチェックして、SSIDとパスワードを入力するだけでOKです。

スマホやパソコンがTicrThingのWi-Fiを拾ったら、本体設定のためのWEBサイトに移動しましょう。

TicrThingの設定を行うにはWi-Fiに接続した状態で説明書の真ん中、中断に記載されているIPアドレスを直接インターネットで検索します。

無事TicrThingの設定画面に移行すると、本体のディスプレイに「LINKED」と表示されるので確認しましょう。

以上までがTicrThingを使い始めるまでの、基本的な内容となります。

設定画面でTicrThingのディスプレイに表示する情報を決める

f:id:syunkin999:20180803095524j:plain

設定画面では、TicrThingのディスプレイに実際に表示する情報を決めることができます。

具体的には価格の推移をリアルタイムで取得する仮想通貨のペアと、スリープ画面の時間などを設定可能です。

設定画面までたどり着けたなら、続いて普段から取引している仮想通貨とそのペアを選択し、一目で確認できるようにしてください。

こちらで目的とする仮想通貨をセッティングすることで初めて、TicrThingを自由に使うことができるようになるでしょう。

設定が同期されたなら、TicrThingの本体裏側にあるスイッチを今度は右側に入れて、情報の取得を「ON」に変えます。

問題なければ本体表面のディスプレイに、現在の価格や表示通貨の略称が表示されるはずです。

自分が設定した通貨のペアになっていて、実際に値動きするかどうかがチェックできれば、TicrThingの基本的な準備はすべて完了となります。

後は自分の好きな場所に置いて、リアルタイムに変化する価格の情報を有意義に利用していきましょう。

TicrThingで設定できる通貨一覧

TicrThingでは2018年7月現在、以下の通貨を設定から選択することができます。

まずは自分が求める仮想通貨があるかどうか、チェックしてみるのがおすすめです。

・XBT(BTC)
・LTC
・BCH
・XMR
・ETH
・ETC
・DASH
・ZEC
・DOGE
・XRP

基本的にメジャーな通貨はそろっているので、TicrThingはビットコインだけでなくアルトコインを利用したい人にもピッタリのアイテムとなっています。

特に将来性に期待できるXRP(リップル)やETH(イーサリアム)にしっかりと対応できているのが魅力なので、長く使い続けることができるでしょう。

上記の仮想通貨に対して設定できる法定通貨のペアも、JPY、USD、EURと基本的なものがそろえられています。

日本円で価格の推移をチェックできるのは魅力なので、TicrThingがあればビットコインを的確なタイミングで取引できるようになるかもしれませんね。

設定後はディスプレイに通貨ペアが表示されるのも親切で、パッと見るだけで何の通貨の値かはすぐにわかるでしょう。

実際にTicrThingを使ってみた感想

f:id:syunkin999:20180803095407j:plain

取引をしているときに便利

TicrThingを手元に置いて仮想通貨の取引をチェックしてみましたが、かなり便利に使えると思われます。

取引所や時価総額をチェックできる専門のサイトと違って、TicrThingは表示されている情報が限定されているので、それだけに集中することができるのです。

私のように特定の通貨だけを売買しているような人にとっては、TicrThingがあれば毎日確認する手間を省くことができるでしょう。

TicrThingがあると「暴落してないかな?」という毎朝の不安がなくなるので、ストレスを軽減できるのも魅力かもしれません。(笑)

実際に売買を行っていないときも、気になる通貨を設定しておくことで買い時を逃すことがなくなるのもポイントです。

仮想通貨は突然価格が跳ね上がることも珍しくありませんが、上がりきった後に購入してもうま味は少なくなります。

しかしTicrThingで価格上昇のタイミングを把握することができれば、利益につなげることは難しくないでしょう。

実用的な使い方がいくつも考えられるのは、TicrThingの大きな魅力だといえますね。

持ち運びやすさが素晴らしい!

TicrThingは充電さえしっかりされていれば、Wi-Fiを経由してどこでも利用できるアイテムです。

ワイヤレスで使えるというメリットがあるため、基本的には場所を選ばないで済むでしょう。

自宅はもちろん外出先でも利用可能なので、どうしても外に持ち出したいという場合もTicrThingが活躍しますね。

本体も非常にコンパクトに作られていて、重いと感じることはほとんどありません。

持ち運びに苦労することはないので、いつでもどこでも仮想通貨の価格をチェックできるでしょう。

おしゃれな見た目なのでインテリアにも

TicrThingは見た目が非常におしゃれなアイテムとなっているので、自宅のインテリアとしても利用できます。

機能性はもちろん雰囲気もこだわりたいという人にも、TicrThingはおすすめです。

木の外観はオブジェクトとしての汎用性が高く、あらゆるスタイルの部屋に似合います。

色合いも他の家具と合わせやすいため、置く場所に困るということはないでしょう。

オフィスに置いても目立ちすぎないので、デスクワークのお供に使えるかもしれません。

細かな配慮も光る

TicrThingは水平だけでなく、斜め上に向けて立てることも可能となっています。

そのため机の上に置いたとき、上からディスプレイが見やすくなっているのです。

自然と目にしやすい角度になっているため、いちいち画面に合わせて体を動かす必要はありませんね。

他にもディスプレイの右上には、その日通貨がどれくらい値動きしたのかがわかるように数値が表示されています。

こういった細かな配慮も魅力となって、TicrThingの使用にはストレスが感じられません。

すんなりと日常に馴染ませることができるので、違和感なくTicrThingを利用することができるでしょう。

取り扱いには注意が必要

さまざまなメリットを持つTicrThingですが、取り扱いには若干の注意が必要となるかもしれません。

軽くて小さなボディを作るにはかなり構造を簡略化しなければならなかったようで、ときどき接触に不具合が起こることも。

乱雑に扱うと破損の危険もあるため、なるべく丁寧に利用することを心がけましょう。

特に外出先に持っていくことが多いのなら、より慎重な取り扱いが求められますね。

とはいってもディスプレイ側からしか開かない作りとなっているので、無理に中を確かめようとしなければ問題となることは少ないかもしれません。

日本円が対応していない通貨も

TicrThingでは多種類の仮想通貨の価格を表示することができますが、なかには日本円に対応していないものもあります。

そういった通貨はUSDやEURでしか確認できないので、日本人としては価格をチェックしずらくなるでしょう。

今後のアップデートなどで対応される可能性はあるため、もっと日本円に優しいアイテムとなるよう期待したいですね。

仮想通貨は常にその人気や価格が動いているコンテンツであるため、製品側のアップデートは重要なポイントとなります。

仮にこれから世界的に有名なアルトコインが誕生した場合、TicrThingの現在のラインナップでは物足りなくなるでしょう。

そういった仮想通貨の発展にいかに対応できるかが、今後TicrThingの評価を変えていくかもしれません。

ズバリTicrThingを使うメリットとは

f:id:syunkin999:20180803101118p:plain

日常的な利用にぴったり!

TicrThingは上記の設定を終わらせれば、後は置いておくだけで自動的に仮想通貨の情報を取得してくれます。

つまりは余計な手間や作業を求められることはないので、日常的にずっと利用していくことができるでしょう。

TicrThingなら家事や仕事をしながらでも仮想通貨をチェックできるため、必要なときにだけパソコンやスマホで取引を行うことができます。

ずっとチャートを見てはいられない、仮想通貨の価格ばかりを気にしてしまう生活から少し離れたい、そんなときにはTicrThingがぴったりとなるでしょう。

普段はパソコンやスマホで別の作業をする必要があるという場合も、TicrThingがあれば片手間に仮想通貨の価格推移を確認可能です。

トレーダーとしての環境が整っていなくても、アイテム1つで現在の生活を仮想通貨に寄せていくことができるのが、TicrThingの大きな魅力だといえるでしょう。

インテリアとして溶け込めるのが大きなポイント!

個人的な評価となりますが、TicrThingの木を基調としたデザインはとても魅力的です。

あまりに存在感のあるデザインだと目につきやすくなりますが、このくらいシンプルだと意識しなければ数値が気になることはありません。

このインテリアへの溶け込み具合が絶妙なので、TicrThingを長く使い続けようという気持ちになれますね。

ディスプレイの文字や数字もギラギラと光るわけではないので、暗い中でも気にしないでいられるでしょう。

どこに置いても浮くことはなく、自然な形で馴染めるという点は、TicrThingのメリットといえます。

ずっと使うアイテムにおいてこういったデザインのメリットは重要なので、飽きやすいという人ほどTicrThingが魅力的に感じられるかもしれません。

まとめ

仮想通貨のトレードは、今後株やFXに並んで世界的に普及していくかもしれません。

今はネット環境が多くの家庭に整っているため、そういった投資に参加することは難しくないでしょう。

しかし本格的に運用をしようと考えると、やはり専業のトレーダーとは差が出てきてしまいます。

そんな差を縮めるときにこそ、TicrThingのようなアイテムが大きなポイントとなるのです。

TicrThingでこまめに価格をチェックしていけば、その通貨の流れがわかって今後の予想が立てやすくなるでしょう。

それはより利益を意識した投資につなげられるので、仕事や家事の片手間でも十分チャンスをつかむことができます。

仮想通貨の本格取引に興味があるのなら、この機にTicrThingをぜひ利用してみてください。



この記事を書いた人

syunkin
ガジェット、書籍、仮想通貨などを専門に執筆しているフリーライターです。
新しい情報を読む楽しさを、少しでも提供できたらうれしく思います。

TicrThing - your dedicated price ticker