エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

未経験でも大丈夫!初心者がWebライターになる前に必ず見ておきたいサイト5選


Webライターになるために必要な知識や考え方は、さまざまな場所から学ぶことができます。

インターネットで閲覧できるWebサイトもその1つで、事前にチェックしておけばいざライターになった際に大きなメリットとなるかもしれません。

これからWebライターを目指す初心者の方々は、信頼できるサイトを見つけて日々のライティングに活かしていくことをおすすめします。

未経験のうちは仕事に対して自信を持つことができないため、サイトからいくつかの事例や執筆の技術を学ぶことはとても重要なポイントとなるでしょう。

まずは手軽に読めるいくつかのサイトを確認して、Webライターに役立つノウハウを得ることから始めてみるといいですね。

本格的に稼ぎたいけど、まず何をすればいいのかわからないという場合は、初心者Webライターに向けて厳選した以下のサイトを参考にしてみてください。


Webライターになる前に見ておきたいサイト5選

1.こぶたの鉛筆

Webライターの執筆に役立つ技術や豆知識が広く掲載されているこぶたの鉛筆

Webライターの執筆に役立つ技術や豆知識が広く掲載されているこちらのサイトは、初心者ライター必見の情報源となっています。

基本的な文章の書き方や上達方法を知ることができるので、Webライターになる前に一通り記事をチェックしてみるといいでしょう。

文章の書き方に関するカテゴリーは「初心者」と「中級者」に分かれているので、自分の実力合わせた内容を学習しやすいのが魅力です。

未経験のライターに向けられた内容も多いため、文章の書き方に不安を覚えている人はこぶたの鉛筆でじっくりと文章作法を学んでいくのがおすすめとなっています。

ライティングの手法だけでなく、在宅ライターとして働いていくためのコツや仕事を獲得するための注意点なども取り上げているので、Webライターになりたい人にとっては読み応えのある内容ばかりです。

更新頻度も非常に高いため、ほぼ毎日新鮮な情報を取得できるのもポイント。

こまめにチェックしてライターに必要な知識を集め、未経験という最初の壁を突破していくことを目指しましょう。

こぶたの鉛筆を管理している株式会社ウィルゲートは、クラウドソーシングサイト「サグーワークス」を運営していることでも知られています。

記事の多くは実際にサグーワークスで働いているライターによって書かれているので、よりリアルで本格的な内容に期待ができますね。

サグーワークスには初心者でも気軽に執筆できる案件が豊富であるため、初めてのライティングの仕事をこちらで行ってみるのもおすすめです。

またサグーワークスは高水準の記事を執筆するWebライターを対象とした「プラチナライター」制度を導入しているので、サイトで学んだ知識を応用してプラチナライターの試験にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

プラチナライターは通常の案件と比べても報酬の面で非常に魅力的なので、Webライターとしての収入を安定させることができます。

こぶたの鉛筆にはこのようにWebライターのデビュー前に役立つノウハウだけでなく、その後の仕事に直接つながる要素もたくさんあるので、ぜひブックマークして参考にしてみてください。

こぶたの鉛筆 - ライターのための情報メディア
works.sagooo.com

2.KACOO

Webライターの仕事募集メディアであるKACOO

Webライターの仕事募集メディアである「KACOO」も、未経験のうちに確認しておきたいサイトの1つとなっています。

KACOOでは仕事の募集だけでなくライティングの基礎やテクニック、その他執筆に役立つ便利ツールが紹介されているので、初心者ライターは記事をチェックして基本的なスキルを学んでおくといいでしょう。

Webライターが初心者の時期に気になりやすい疑問や悩みについてかなり詳しく記載されているため、仕事に悩んだときは大きな支えになることが期待されます。

少しでも働くことに対する不安があるのなら、事前にKACOOでその解決策を探してみてはいかがでしょうか。

実際に働いているライターの体験談も多数載せられていて、リアルな声やライティングを行う心構えなどを知れるのも大きな利点です。

ライターの生活や仕事の裏側に興味がある人は、KACOOで働いているユーザーの声を面白く読めることでしょう。

女性や主婦の方に向けられた案件が多いため、登録しているライターのメインもそのようになっています。

しかし男性が読んでもためになる記事や体験談ばかりなので、性別を気にせずサイトを隅々まで閲覧してみることがおすすめです。

KACOOは担当者によるサポートや継続した案件の依頼というメリットが魅力のサイトであるため、ライター初心者でもスムーズに仕事を行うことができます。

募集されている案件が気になったなら、未経験者でも安心して仕事ができるKACOOへの登録を進めてみてはいかがでしょうか。

kacoo.jp

3.クラウドワーキングマガジン

フリーランサーに向けた情報メディア、クラウドワーキングマガジン

国内大手のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」は、フリーランサーに向けた情報メディア「クラウドワーキングマガジン」を運営しています。

現在は更新されていないようですが、その情報量とリアルな内容につっこんだインタビューは初心者ライターにとって欠かせないものとなるでしょう。

在宅で働く体験記なども多いので、本来は知りえないフリーランサーの生活に注目することができます。

そこで得た知識は実際にWebライターとして活動するときのお手本になり、自身のスタートダッシュにつなげることができるかもしれません。

Webライターには文章を書く技術が必要ですが、それと同じくらいに重要なのはライターとして日々のライフワークをこなすスキルです。

クラウドワーキングマガジンでなら多数のコラムとインタビュー記事によって、そういった仕事以外の知識も手に入れることができるでしょう。

さまざまな生活スタイルのなかでライティングを行っている人がいることを知ると、自身の仕事の励みになるかもしれません。

またクラウドワークスはクラウドワーキングマガジンの他にも、フリーランサー向けの情報源「クラウドソーシングお役立つ情報」も無料で発信しています。

クラウドソーシングの始め方や注意点、その他働き方の工夫などを読むことができるので、クラウドワーキングマガジンと合わせてチェックしてみるといいでしょう。

Webライターはクラウドソーシングから仕事を請け負うことも多いので、クラウドワークスの提供してくれるフリーランスに関するメディアは将来につながる大切な知識になります。

働ける場所を広げるためにも、早いうちから執筆の技術だけでなくWebライターの働き方そのものに関する知識も蓄えておくといいでしょう。

crowdworks.jp

4.THE LANCER

THELANCERはフリーランスという生き方についてのインタビューやイベントの記事が豊富

こちらも大手クラウドソーシングサイト「ランサーズ」が運営しているWebメディアで、初心者ライターにぴったりの情報が多数まとめられています。

フリーランスという生き方についてのインタビューやイベントの記事が豊富となっているため、Webライターとして生きる際の1つの指標にもなるでしょう。

特に働き方に関するイベントレポートはおすすめで、現実にどのような問題がフリーランスを取り巻いているのか、それらにどうやって対処すべきなのかといった具体的な内容を知ることができます。

働き始めの頃はわからないことばかりなので、そういった現場の声は非常に頼りになることでしょう。

他にも節税のポイントや個人事業主ならではの疑問点など、かなり現実的なことにまで言及しているのがTHE LANCERの魅力です。

兼業のWebライターからフリーランスになる可能性を考慮するのなら、こちらで少しずつ独立のために必要な知識を手に入れていきましょう。

もちろんTHE LANCERにはWebライターに向けた執筆のスキルアップ術もたくさん掲載されているので、未経験であるという課題を乗り越えるのにも役立ちます。

THE LANCERで技術を学びながらフリーランスとしての生き方を知ることができれば、ライターになった後もスムーズに仕事を継続することもできるでしょう。

www.lancers.jp

5.i-Style

i-styleはサイト運営のポイントや疑問点を解説してくれているサイト

Webライターの仕事はライティングですが、そこにはWebデザインやサイトの運営などさまざまな要素が複雑に絡み合っていて、実は多くの人の手によって1つの仕事が進行されているのです。

そのため初心者ライターは、自分の仕事がどういった人の手を渡ってどのように利用されていくのかを知ることで、仕事に対する実感を持つことができるでしょう。

Webサイト制作やコンサルティングに関するブログをたくさん公開している「i-Style」は、そんなWebライターとしての仕事を深く理解するのに大いに役立ってくれます。

これから働く業界がどのようなシステムで成り立っているのかを把握できれば、仕事に対する心構えができるようになるしょう。

サイト運営のポイントや疑問点を解説してくれているので、単純に自分でブログやWebサイトを持ちたいという人にもおすすめです。

i-Styleにはライティング分野に特化した記事も多く、未経験のライターにとってはそれだけで十分価値のあるサイトとなっています。

より実践的な執筆技術に興味があるのなら、i-Styleでその基本を学んでみましょう。

他にもプログラミングやカメラ撮影、デザインといったさまざまなコンテンツが網羅されているので、i-Style1つでWebサイトに関するあらゆる内情をチェックすることができます。

Webライターとして働くのなら、自分の仕事と今後関わりを持つであろう分野にも注目して、仕事に活かしていくようにしましょう。

www.i-style.vc

初心者Webライターに優良なサイトをおすすめする理由

f:id:esupro:20180611190739j:plain

いつでも気軽に読めるというメリット

Webサイトは書籍やセミナーなどと比べて、情報に触れやすいのがメリットとなっています。

仕事の休憩時間や移動時間、その他1日のなかで生まれるちょっとした隙間時間でも、スマホを使ってサイトから簡単にノウハウを吸収することができるでしょう。

今現在別の仕事をしているが、これから本格的にWebライターになりたいという人は、気軽に確認できるサイトを最大限に利用して日々知識を身に着けていくことがおすすめされます。

初心者ライターがつまづきやすい点や疑問が最初からわかっていれば、未経験からでもレベルの高い仕事を請け負うことができるかもしれません。

無料で閲覧できるサイトにも有益な情報はたくさんあるので、まずは上記の5つを参考にWebライターとしての基礎を固めていくことをおすすめします。

どんな記事を書けばいいのかがわかってくる

上記のサイトで読むことができる記事は、現役のWebライターが書いたものがほとんどです。

そのため書き方や構成を研究すれば、自身のライターとしての仕事に活かすことができるでしょう。

Webライターになってしまうと文章を客観的に読むのが難しくなるので、純粋に読者として読める時期は実は重要なものとなっています。

読者に近い感覚で記事を書けるライターになるためにも、あらかじめ積極的に優良サイトの記事をチェックして読みやすさを追求していけるようにしましょう。

上記でご紹介したサイトもプロのWebライターによって書かれているものが多く、そのテクニックやリアルな体験談からさまざまなものを受け取ることができるようになっています。

Webライターを目指す人にこそ読んでもらいたい記事がインターネットにはたくさんあるので、未経験のライターは教科書をチェックするつもりでいくつものサイトを閲覧していくことがおすすめです。

まとめ

未経験のうちは、Webライターになることにたくさんの不安を感じるかもしれません。

しかしそういった不安に対する解消法は、既に多くのWebサイトで言及されています。

事前にいくつかのサイトから有力な情報を集めれば、初心者ライターから早めに脱することができるでしょう。

私もWebライターになる前は、さまざまなサイトをチェックして書き方や生活スタイルについて学んできました。

その習慣は今も続いていて、私の仕事を支える1つの柱になってくれているように感じています。

ぜひこの機にWebサイトから情報を収集して、ライターの仕事に自信を持って挑めるように準備していきましょう。



この記事を書いた人

syunkin
ガジェット、書籍、仮想通貨などを専門に執筆しているフリーライターです。
新しい情報を読む楽しさを、少しでも提供できたらうれしく思います。