エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

【中国のパクリお菓子】コンビニにいっぱいあったのでまとめてレビュー


中国の風景
おいっすメラモンでっす。

先日出張で初めて中国に行ったのですが、今まで中国に対してばったものが安い、パクリが多いというイメージが強かったので、せっかく初めて行くのでパクリ商品を探し歩いてみました。
数多くあるパクリものの中でも特にお菓子(30歳になっても毎日食べてます)が気になっていたので、今回は中国のパクリお菓子をレビュー付きで紹介していこうと思うので、宜しくお願いします。


パクリ商品を探しにコンビニへ

まずはネタを探しにコンビニに行ったらあれよあれよと、簡単且つ大量に見つかりました。
すごいうきうき気分でパクリ商品を手に取っていったのですが、中国のコンビニって買い物かごが無いんです!なので二人で両手に抱えながらレジに持っていきました!

空気砲みたいな形のお菓子

コロンみたいなお菓子

こ、こいつは‥

江崎グリコ クリームコロン 6袋×5個


どうみてもコロンですよね。昔良く食べてたなぁと思い出しながらノータイムで手に取りました。
これを食べたことがある人ならあるあるだと思いますが、真ん中に指を突っ込んでクリームだけ食べたりしますよねw

そして開けてみると、ちょっとビックリ!!!

コロンみたいなお菓子中身

本物に比べて長い設計になってますw ちくわみたいな感じ!
ちょっとオリジナル感をだそうとしているのかもしれないのですが、完全にコロンですありがとうございます。
食べた感想としては、周りの生地が本家に比べて固めになっており、中のクリームに関してはまろやかさが少ないという感じに仕上がっておりました。

コロンみたいなお菓子側面

側面には製造元やらが記載されておりますが、グリコの文字はありませんでした。

コロンみたいなお菓子裏面

日本では現在12種類が発売されておりますが、中国では合計4種類の味が発売されているみたいですね。
売っていたコンビニにはこの1種類しか売られていませんでした。

可愛い海の生き物のサクサクお菓子

それでは続いて2つ目行きましょう。

おっとっとみたいなお菓子

ん?見たことあるぞ‥‥‥

森永 おっとっと<うすしお味> 52g×10個

こいつは完全におっとっとじゃないですかw
こういうパクリ商品って中身とか味をパクるだけじゃなくて、パッケージから根こそぎパクっていくみたいですね。イメージキャラクター的なクジラもほとんどパクってますもんね。
その全面的に掻っ攫う精神が素晴らしいです。正直コンビニを見て回るのが楽しくてしょうがなかったです。

中を開けてみると

おっとっとみたいなお菓子箱の中

こんな感じで、全く同じ感じになっています。
ただ袋がこの見えている部分からは全く空く気配が無く、横側から開けるしかありませんでした。細かいところは真似ず、大きいところをがっつりパクるw

そして中身がこちら

おっとっとみたいなお菓子中身

まーったく同じw
現在のおっとっとのパッケージを見るとペンギンとか、まんぼうとか入っているみたいですが、少し前のおっとっとと全く同じ形状ですねw
食感もほぼ同じでした。
味はソース味だったので、ソース焼きそば味のぱくりでしょう。
他のパクリお菓子は若干味が違うように感じたのですが、これの味に関しては完コピでした。
あっぱれおっとっと。

側面はこんな感じになっております。

おっとっとみたいなお菓子箱の側面

これみて気になったんですが
能量 605千焦
これって605キロカロリーってことですかね?
だとしたらとんでもない食べ物ですね!中身すかすかで、量も多いって程ではないのにこのエネルギーは‥
怖いですね‥‥‥‥‥

トッポの兄弟的なお菓子

気を取り直して、続いての商品はこちら!

ピコラみたいなお菓子

これを見たときに私は

ナビスコ ピコラチョコレート 6本×2P×10箱

これだと感じました。
ピコラ自体食べたのが随分前だったので、なんとなくあったという感じでして、今見比べてみると何とも言えない感じですねw
正直これに似ているお菓子は多いので、パクリなのかというのは微妙。
ただこの記事内ではぱくりとして記事を進めていきますw

外観のチョコの巻き方は逆になっていますが、構成はほとんど同じですね。

ピコラみたいなお菓子中身

中を開けてみるとこんな感じで、結構しっかりしていました。
中身のチョコがとても少なくて、ほぼサクサク感が占めているお菓子でした。

裏面はこんな感じになっています!

ピコラみたいなお菓子裏面

なんか見たことあるようで無いようなキャラクターがいますねw

昔懐かしのグミ

続いてのお菓子はこちら!

果汁グミのようなお菓子

なに!これは‥‥‥

果汁グミ‥‥
いやグミ100寄りなんでしょうか。。。。

明治 果汁グミ食べきり5連アソート 18g×5連×12個
春日井製菓 5連グミ(23g×5P)×15個


最初手に取ったときは『明治 果汁グミ』だと思っていたのですが、このパッケージを見ていると、昔スーパーに良く置いてあったこちらのグミ100寄りなのかなと思いました。

裏面はこういった感じになっています。

果汁グミパクリ裏面

書いてて気付く能量のとてつもない数値。。。
これが日本のキロカロリーと違うことを願います。

中身はこういった感じになっています。
果物の形をしていますが、こういう部分は果汁グミ寄りですね。

果汁グミのパクリ中身1
果汁グミのパクリ中身2


味は甘さが強くて果汁をあまり感じませんでした。パッケージには添加果汁って文字が見えますがほとんどなかったですw
食感は大分固めでハリボーのグミのようなハードな歯ごたえがあり、自分はハードグミが好きなのでとても美味しくいただけました。

このキャラはもしかして

続いて、キャラをぱくっているお菓子です

トトロのぱくりのお菓子

これってとなりのですよね?トトロさんですよね?
日本にこんなお菓子があるのかわからないのですが、完全にトトロのマシュマロが売っていましたw
中はハート型のマシュマロです。イチゴ味でした。特にお菓子に関して感じるものはありませんでした。

パクリがやめられない止まらない?

そして最後の商品はこちらです!

かっぱえびせんのぱくりのお菓子

おい!!!!!
全く同じw

カルビー かっぱえびせん 26g × 24袋

ご丁寧にエビのひねり方や手足も全く同じ感じになってますねw
コンビニにはグリコから発売している中国版のポッキーもあったので、これもオリジナル商品かと思っていたのですが、よく見てみるとカルビーの文字が無く精度の高いパクリ商品でした。

こういうのを探していたんですよw

裏面には何なのかわからないストーリーが展開されていました。

かっぱえびせんのぱくりのお菓子裏面

日本と同様にヒット商品になっているのか、コンビニに3種類の味が置いていました。

かっぱえびせんのぱくりのお菓子2
かっぱえびせんのぱくりのお菓子3

この商品幅の広いところを見るとおそらく人気商品でしょうねw
味は全体的にエビ感が日本より強く、塩分が濃いように感じました。
私エビがあまり好きではないので、エビ味に敏感なんですよw
エビが好きな方は、もしかしたらこちらのほうがおいしいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?この秀逸なぱくり商品。
逆に日本が中国からパクっているものもあるとは思いますが、ここまで完コピしている中国にはあっぱれとしか言えませんね。

また次に行くときはもっと幅広く見つけてきます!


この記事を書いた人

めらもん
30歳になり健康第一の精神を学ぶ。
自分の経験が一人でも多くの方の役に立てばと思います。