エスプロマガジン

デキる男 応援マガジン

【冬こそバイク旅】寒さを凌げるおすすめバイク用ハンドルカバー10選

バイク用ハンドルカバー


こんにちわ、新年早々愛車に不具合が見つかり、預かり修理約30万円という見積もりを貰い、半分あの世に首を突っ込んでいるさすライダーです。

冬こそバイク旅!というタイトルながら、乗る前に今年の冬シーズンが終わってしまいました。

、、、気を取り直して(直せないけど・笑)今まで「ジャケット・グローブ・オーバーパンツ」を紹介してきた「冬こそバイク旅シリーズ」ですが、今回はバイクならではの冬アイテム「ハンドルカバー」を紹介していきます。


mens.esupro.co.jp
mens.esupro.co.jp
mens.esupro.co.jp


バイクならではの冬アイテム「バイク用ハンドルカバー」とは?

バイク用ハンドルカバーの装着例


ハンドルカバーとは、その名の通りバイクのハンドルに取り付ける、ライダーの手を入れて使う防寒カバーです。

言ってしまえばこれだけのアイテムで、しかも見た目が地味なので、、、おじさん系アイテムに分類されがちなアイテムですが、実はその効果は計り知れないものがあります。


なぜなら、冬ツーリングの最大の敵は、低気温ではなく冷たい風だからです。

ハンドガードやプロテクター付きのバイクはまだいいですが、多くのバイクは常に手がむき出しで、冬の寒風をモロに受けてしまいます。

すると、手がどんどん冷えてきて、徐々に動きが鈍くなり、最終的には運転に支障をきたしてしまう事態にもなりかねません。

しかし、ハンドルカバーの中に手を突っ込んでバイクを運転すれば、寒風がモロに当たることはなくなるので、結果として厳しい寒さを凌げる上に、運転の安全性も高まります。


実際、主に見た目の問題でハンドルカバーを敬遠していたライダーが、一度使ってみると手放せなくなったという話はあちこちで聞きます。

確かにハンドルカバーは、お世辞にも見た目は良くないです、、、しかし、冬ツーリングにおいては、これ以上効果のあるアイテムは他にないと言えます。

「バイク用ハンドルカバー」は費用対効果が抜群

基本的にバイク用品は全体的に高価ですが、特に冬アイテムは値が張ります。

最新のウインタージャケットや、オーバーパンツを買おうものならば、あっという間に数枚(場合によっては数十枚)の諭吉さんが潔く飛んでいきます。

しかし、ハンドルカバーに関しては、価格のボリュームゾーンが2000円〜5000円くらいと冬のバイク用品としては安く、その上効果も抜群なので、費用対効果においては最強の冬アイテムといえます。

「バイク用ハンドルカバー」を選ぶ上でのチェックポイント

実際にバイク用ハンドルカバーを選ぶ上で、チェックするべき項目を解説していきます。

「バイク用ハンドルカバー」の愛車への取付可否をチェック

バイク用ハンドルカバーの愛車への取り付け例


バイク用ハンドルカバーは非常に汎用性が高く、多くのバイクにそのまま取り付けることが出来るアイテムですが、一部バイクには取付が困難な場合もあるので、必ず自分の愛車に取付可能なのかをチェックしておきましょう。

特に、ハンドガードが付いていたり、ミラーの位置が特殊な車両は要チェックです。

このような愛車の場合は、Google先生にハンドルガードの商品名とバイク名で相性を聞いてみたり、メーカーに直接問い合わせをしてみたり、バイク用品店で実際に実物を見てみることをオススメします。

「バイク用ハンドルカバー」の素材や防水性能をチェック

バイク用ハンドルカバーで採用率が高い素材は「ネオプレーン」です。

ネオプレーンは、主にマリンスポーツのウェットスーツに採用されている、風を通さない高強度な素材で、バイク用ハンドルカバーと非常に相性のいい素材です。

防水性能に関しては、ハンドルカバーによって対応非対応がありますが、もちろんあった方が便利ですし、防風効果も更に高まります。

「バイク用ハンドルカバー」の操作性をチェック

バイク用ハンドルカバーの操作性の例


僕のように冬でもバイクに乗るライダーにとっては、ハンドルカバーはとてもありがたい存在ですが、装着することでバイクの操作性を損なっては本末転倒です。

グローブをはめてハンドルカバーを使うライダーは、素手の状態でキツキツでは大きさ的に厳しいものがありますし、愛車のハンドルやレバーの大きさや形状が、ハンドルカバーに干渉する場合もあるので、ハンドルカバーの操作性は必ずチェックしておきましょう。

また、カバーの手の出し入れ口がタイトだと、防寒性は高まりますが、走行中にヘルメットのシールドを操作したり、インカムのスイッチを押す際に面倒なことになります(出し入れ口を調整できるハンドルカバーもあります)

寒さを凌げるおすすめバイク用ハンドルカバー10選

Amazonで購入することの出来るバイク用ハンドルカバーの中から、特にオススメの商品を10個ピックアップして紹介していきます。

Amazonのベストセラー商品「OSS ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー」

Amazonのベストセラー商品「OSS  ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー」


Amzonのバイク用ハンドルカバーカテゴリーにおけるベストセラー商品です。

素材にネオプレーンを採用しているので、とても暖かく、多少の雨なら十分凌ぐことが出来る上に、コストパフォーマンスにも優れています。

手の出し入れ口のサイズ調整が可能なので、防寒性を重視するか利便性を重視するか、ライダー自身で選ぶことが出来ます。



防水・防寒・防風「デイトナ バイク用 ハンドルウォーマー」

防水・防寒・防風「デイトナ バイク用 ハンドルウォーマー」


防水・防寒・防風と三拍子揃った、幅広いシーンで使えるバイク用ハンドルカバーです。

手の出し入れ口のサイズ調整が可能で、カバーの裏側には起毛素材を採用しており、保温性に優れています。

ハンドルに引っ掛けて、ヒモを縛るだけの簡単取付なので、原付バイクから大型バイクまで、気軽に取り付けることが出来ます。



コンパククトサイズ「ラフアンドロード コンパクトハンドウォーマーEX」

コンパククトサイズ「ラフアンドロード コンパクトハンドウォーマーEX」


ハンドガードとも併用できる、コンパクトサイズのお手軽ハンドルカバーです。

全7色あるカラーリングで、ハンドルカバーにありがちな野暮ったさを打ち消しています。

また、ハンドルカバーにリフレクターを装備しているので、夜間における相手からの視認性が向上します。



高機能ハンドルカバー「ラフアンドロード HOTハンドウォーマー」

高機能ハンドルカバー「ラフアンドロード HOTハンドウォーマー」


素手や薄手のグローブでも抜群に暖かく、防水性もあり、操作性にも優れたハンドルガードです。

ハンドルガード全体を、ウレタンパッドで覆っているので、転倒などの万が一の際の安全性も確保されています。

小物収納ポケットやリフレクターなど、バイク用品としての小技も満載な高機能ハンドルカバーです。



防水性能が高い「リード工業 コンパクトハンドルカバー 」

防水性能が高い「リード工業 コンパクトハンドルカバー 」


数あるハンドルカバーの中でも、特に防水性能に優れたハンドルカバーです。

カバー全体に防水生地を採用しており、止水テープとの組み合わせで雨を完全にシャットアウトします。

防水性能が高いということは、防風性能にも優れているので、寒風の侵入を防ぎ、高い保温性を保ってくれます。


リード工業(LEAD) コンパクトハンドルカバー オレンジ/ブラック KS-209C

リード工業(LEAD) コンパクトハンドルカバー オレンジ/ブラック KS-209C


カラー選びが楽しい「コミネ ハンドルカバー ネオプレンハンドルウォーマー」

カラー選びが楽しい「コミネ ハンドルカバー ネオプレンハンドルウォーマー」


6色あるカラーリングが鮮やかな、手頃な価格のおしゃれハンドルカバーです。

防風性と防水性に優れた生地を採用しており、カジュアルな見た目ながら優れた防寒性能を誇っています。

原付バイクから大型バイクまで、どんなバイクにも合わせすいハンドルカバーです。



ハイテク素材採用「コミネ ハンドルカバー サーモライト ハンドルウォーマー 」

ハイテク素材採用「コミネ ハンドルカバー サーモライト ハンドルウォーマー 」


保温性に優れたハイテク素材「サーモライト」を採用している、暖かさ抜群のハンドルカバーです。

単体でも十分暖かいのに、カバー内部にはカイロを収納できるポケットまで備えています。

手の出し入れ口を調節できるアジャスト機能や、大型リフレクターの採用など、バイク用品としての小技も光る、機能性に優れたハンドルカバーです。



ネオプレーン採用「山城 山城謹製 バイク用 防寒 極厚ハンドルカバー」

ネオプレーン採用「山城  山城謹製 バイク用 防寒 極厚ハンドルカバー」


ハンドルカバーに最適な素材、ネオプレーンを採用しているハンドルカバーです。

生地は厚さ5mmの肉厚仕様になっており、寒風の侵入を強力にガードしてくれます。

また、カバー内部にはボア素材を採用しており、暖かい空気を外に逃さないようになっています。



高い防水性能「ユニカー 防寒 防水ハンドルカバー ブラック 汎用 BS-006」

高い防水性能「ユニカー 防寒 防水ハンドルカバー ブラック 汎用 BS-006」


高いレベルの防水性と保温性を両立しているハンドルカバーです。

素材にはネオプレーンではなく、ポリエステルを採用していますが、上位モデルに勝ると劣らない性能を確保しています。

また、ハンドルグリップとレバーを同じ穴から通すため、操作性が損なわれず、運転しやすいという特徴もあります。


ユニカー Unicar 防寒 防水ハンドルカバー ブラック 汎用 BS-006

ユニカー Unicar 防寒 防水ハンドルカバー ブラック 汎用 BS-006


高性能ハンドルカバー「ゴールドウイン ハンドルカバー ブラック フリーサイズ」

高性能ハンドルカバー「ゴールドウイン ハンドルカバー ブラック フリーサイズ」


ハンドルカバーとしては高価な部類に入る、ゴールドウインの高性能ハンドルカバーです

型崩れを防止する芯材(ベルポーレン)を採用しており、シャープでスタイリッシュなシルエットを保っています。

防寒性と防風性に優れており、2本のクイックロンアジャスターでワンタッチで取り付けが出来る優れものです。



寒さを凌げるおすすめバイク用ハンドルカバー10選 まとめ

ハンドルカバーは冬に一度使うと確実に手放せなくなります。

興味はあるけど、ちょっと不恰好だし、、、なんて思っているライダーの方がどハマりするので、一度騙されたと思って是非使ってみてください。

きっと、冬ツーリングの機会が増えるはずです!

この記事を書いた人

さすライダー
バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り、さすライダーです。バイク関係の記事を中心に、読者の皆さまに役立つ記事を書くことを心がけています。どうぞよろしくお願いします^ ^
書いた記事の一覧へ